トレンドニュース

CPU市場に久々の大きな話題! AMD「Ryzen 7」の破壊力

このエントリーをはてなブックマークに追加

CPU市場に久々に大きな話題をもたらしたAMD「Ryzen 7」の発売

AMD「Ryzen 7」

AMD「Ryzen 7」

パソコン用のCPUに関する話題が絶えて久しい。パソコン自体の性能面での頭打ち、これにともなう低価格化などの影響によって、パソコンを自作するという層も今やかなりの少数派となり、パソコンの主要パーツであるCPUについても話題になりづらくなった。現状、パソコンを自作するユーザーは、それ自体が趣味となっている層のほかは、主にPCでFPSなどのアクションゲームをメインとするPCゲーマーが主力という状況で、CPUよりもむしろグラフィックボードのほうにユーザーの興味・関心が向いていたというのが、昨今のPCパーツを取り巻く大きな流れと言えるだろう。

そんなCPU市場に、この3月、大きなニュースが飛び込んできた。何と、AMDが4年の歳月をかけて完成させたという新型CPU「Ryzen」シリーズがようやく発売ににこぎ着けたというのだ。「Ryzen」シリーズは、全くの新しいアーキテクチャー「Zen」をベースに製造されたプロセッサーで、従来製品ではやや弱点となっていたシングルスレッドでの処理速度を飛躍的に高めたほか、マルチスレッドでの処理も高効率で行えるというのが特徴。上から順番に、「Ryzen 7」「Ryzen 5」「Ryzen 3」という3シリーズが用意され、ちょうどライバルとなるインテルの「Core i7」「Core i5」「Core i3」と競合する製品になるということだ。そして、上記シリーズの先陣を切って、2017年3月2日に発売されたのが、最上位シリーズとなる「Ryzen 7」ということになる。なお、「Ryzen 7」シリーズのラインアップは、上から「Ryzen 7 1800X」「Ryzen 7 1700X」「Ryzen 7 1700」の3モデル。インテルの競合製品としては、今年1月に発売された「Core i7 7700」くらいの型番がちょうどこれに当たりそうだ。

図1:価格.com「CPU」カテゴリーのアクセス推移(過去6か月)

図1:価格.com「CPU」カテゴリーのアクセス推移(過去6か月)

図1は、過去6か月における「CPU」カテゴリーのアクセス推移を、「価格.comトレンドサーチ」で示したもの。これを見てもわかるように、CPU市場は長期にわたって注目度が低迷して推移してきたが、2017年1月にややアクセスが上昇。これは、今年1月にインテルから「Core i7 7700」が発売されたことが影響している。しかし、それよりも、3月上旬のアクセスのほうがはるかに大きな山を描いている。これが、AMD「Ryzen 7」シリーズの発売にともなうアクセス上昇である。CPU市場にとっては、実に久々の大きな話題となっていることがわかるだろう。

図2:価格.com「CPU」カテゴリーのメーカー別アクセス推移(過去6か月)

図2:価格.com「CPU」カテゴリーのメーカー別アクセス推移(過去6か月)

図1のアクセス推移をメーカー別に見たのが図2だ。と言っても、現在CPU市場は、インテルとAMDの2メーカーしか実質存在しないため、この2社による人気の度合いと見てもらっても差し支えないだろう。見ておわかりのように、ここ数年はインテルが圧倒的な優勢で、AMDはアクセス数では3〜4倍の差を常につけられてきた。しかし、3月2日の「Ryzen 7」シリーズの発売によって、一時はインテルのアクセスに追いつくまでのアクセス数を確保。4月に入った今では若干落ち着いたものの、それでも依然、高いアクセス数を保ったまま推移している。

図3:「CPU」カテゴリーにおける人気5製品のアクセス推移(過去3か月)

図3:「CPU」カテゴリーにおける人気5製品のアクセス推移(過去3か月)

図4:「CPU」カテゴリーにおける人気5製品の売れ筋ランキング推移(過去3か月)

図4:「CPU」カテゴリーにおける人気5製品の売れ筋ランキング推移(過去3か月)

こうした流れにともない、個々の製品ももちろん人気ランキングの上位に食い込んでいる。図3は、「CPU」カテゴリーにおける人気5製品のアクセス推移を示したものだが、3月3日の発売日から「Ryzen 7」3製品のアクセスが急上昇。なかでも、最下位モデルの「Ryzen 7 1700」と最上位モデルの「Ryzen 7 1800X」の人気が高く、それまで首位だったインテルの「Core i7 7700K」のアクセスを上回った。4月5日時点での売れ筋ランキングでは、1位が「Ryzen 7 1700」、4位が「Ryzen 7 1800X」、5位が「Ryzen 7 1700X」となっており、3モデルとも、売れ筋ランキングでもベスト5内に食い込んでいる。

「Ryzen 7」人気の理由は、その卓越した処理性能と安定性

図5:「CPU」カテゴリーにおける人気5製品の満足度推移(過去3か月)

図5:「CPU」カテゴリーにおける人気5製品の満足度推移(過去3か月)

今熱い話題を呼んでいるAMD「Ryzen 7」であるが、その人気の理由はどのあたりにあるのだろうか。まずは、図5の「CPU」カテゴリーにおける人気5製品の満足度推移を見ていただきたい。まだ発売から1か月程度と短いこともあるが、驚いたことに、現在売れ筋1位の「Ryzen 7 1700」、同じく5位の「Ryzen 7 1700X」ともに、ユーザー評価(満足度)は5点満点という高い評価になっている。最上位モデルの「Ryzen 7 1800X」でも4.87という高評価。1月に発売された売れ筋2位のインテル「Core i7 7700K」も4.89という高評価であるが、それらを上回るような高評価を「Ryzen 7」シリーズはつけているということになる。なお、インテル「Core i7 7700」はやや評価を下げており4.48という評価になっている。

図6:「CPU」カテゴリーにおける人気5製品の最安価格推移(過去3か月)

図6:「CPU」カテゴリーにおける人気5製品の最安価格推移(過去3か月)

図6は、上記人気5製品の最安価格推移を示したものだが、ライバルと目されるインテルの「Core i7 7700」シリーズと比べても、AMD「Ryzen 7」シリーズの価格が特に安いというわけではない。この5製品で見ると、一番安いのはインテル「Core i7 7700」で35,000円台、その少し上に、インテル「Core i7 7700K」とAMD「Ryzen 7 1700」が40,000円台でほぼ並んでおり、「Ryzen 7 1700X」はやや高めの48,000円台、最上位モデルの「Ryzen 7 1800X」になると、その価格は60,000円を超える。単に安いから人気というわけではなさそうだ。

図7:AMD「Ryzen 7 1700」のユーザー評価(2017年4月5日時点)

図7:AMD「Ryzen 7 1700」のユーザー評価(2017年4月5日時点)

では、「Ryzen 7」の何がそこまで人気となっているのかといえば、それは本製品のCPUとしてのパフォーマンスに尽きる。図7は、現在売れ筋1位となっている「Ryzen 7 1700」のユーザー評価(2017年4月5日時点)だが、8人が評価して、その満足度は最高の5点満点。特に「処理速度」(4.88)と「省電力性」(4.88)の評価が高い。

ユーザーレビューの内容をかいつまんで見ても、「(Core i7)7700Kより価格は高いですが、マルチスレッド性能を考慮に入れると「爆安」価格?だと思います」「ベンチを見ても(Core i7)6700kとクロック分以上に戦えてます。マルチコアに至っては勝負になっていません。定格でこれです。天才どんだけですか!」といった具合に、ライバルと目されているインテル「Core i7」シリーズとの比較でも、かなりの処理速度の速さが報告されており、AMDのCPUとしては確かにやや価格は高めではあるものの、その高パフォーマンスに対しては、驚きと賞賛の声が多く寄せられている。

また、AMD製CPUの弱点と言われていた「発熱問題(省電力性)」についても、「無理をせず、3.6GHz OC にて使用していますが、とても安定していますし、エンコードしてもCPUファンが静かなままです」「消費電力も8コアにしては低い(通常40度以下)し温度も純正クーラーで負荷あっても56度程です、すんばらしい!」など、無理なオーバークロックをしない限りは、比較的発熱も抑えられており、安定した動作が行えているという報告が上がっている。

このように、AMDが久々に世に出した自信作ともいえる「Ryzen」シリーズであるが、第一弾の最上位シリーズ「Ryzen 7」のスタートはかなりの衝撃をもって、自作パソコンユーザーに迎えられたと言っていい。この後、さらにミドルクラスの「Ryzen 5」、そしてエントリークラスの「Ryzen 3」の発売も控えており、今年は久々にCPU市場で「インテル VS AMD」という熱い戦いが見られそうだ。

鎌田 剛(編集部)

鎌田 剛(編集部)

価格.comの編集統括を務める総編集長。パソコン、家電、業界動向など、全般に詳しい。人呼んで「価格.comのご意見番」。自称「イタリア人」。

製品 価格.com最安価格 備考
Ryzen 7 1700 BOX 39,780 AMDの新型アーキテクチャー採用の8コアCPU(3.0GHz)
Ryzen 7 1700X BOX 46,452 AMDの新型アーキテクチャー採用の8コアCPU(3.4GHz)
Ryzen 7 1800X BOX 59,380 AMDの新型アーキテクチャー採用の8コアCPU(4.0GHz)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トレンドニュース最新記事
トレンドニュース記事一覧
2017.4.28 更新
ページトップへ戻る