特別企画
「ファミリー共有」と「機能制限」がポイント

子どもにiPhoneを持たせるときの注意点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

出会い系や違法なWebサイト、課金トラブル、長時間の使用――。進学が進級に合わせて、子どもにスマートフォンを与えようと考えている親にとって悩みは多い。今回は、iPhoneを子どもに持たせる場合に、これだけは知っておきたい基本情報を紹介したい。

「ファミリー共有」で子ども用の「Apple ID」を作成

子どもにiPhoneを与える場合、最初に問題になるのが「Apple ID」の作成だろう。アプリや音楽、映画、電子書籍、オンラインストレージなど、アップルの各種サービスを利用する上で欠かせないApple IDだが、クレジットカードとひもづくため、子どもが使うことを考えると二の足を踏んでしまう。

そもそも、アップルでは13歳未満では自らApple IDを作成できないことにしている。親のApple IDをそのまま使うという手もあるが、子どもにパスワードが分かってしまえば、アプリや音楽などの有料コンテンツが好きなだけ購入できてしまうので、セキュリティ上よくない。

Apple IDを作成する場合、利用者の生年月日を入力する必要があり、13歳未満だとApple ID(アカウント)を作成できない

Apple IDはクレジットカードとひもづくと書いたが、実はクレジットカードなどの支払い方法を指定しなくても作成はできる。その場合は、コンビニエンスストアや家電量販店で購入できる「App Store & iTunes ギフトカード」を使うことになるので、お小遣いで計画的にアプリなどを購入するように、子ども話し合うのもいいだろう。余談だが、筆者は、クレジットカードを使いたくないという義理の母がiPhoneを利用するために、この方法を使っている。

Apple IDの作成にはクレジット/デビットカードの登録が必須と思っている人もいるかもしれないが、支払い方法を「なし」で作成することができる

もうひとつ、「ファミリー共有」を使うという手もある。ファミリー共有は、13歳未満の子どもでもApple IDを作成でき、親のApple IDとひも付けられるのがポイント。各種支払いは親がすることになるので、子どものiPhoneにクレジットカードをひもづけせずに済む。また、子どもがアプリを購入しようとすると、「承認と購入のリクエスト」という機能が働き、親が承認しないとアプリを購入することはできず、課金トラブルを未然に防ぐこともできる。

さらに、ファミリー共有を使えば、親が購入したアプリや音楽を追加料金なしで、子どもが使うことができて経済的だ。写真の共有などもできるので、家族でiPhoneを使っているなら、使わない手はないだろう。

「設定」画面の一番上に表示される自分(親)のアカウント名をタップすると左側の画面が表示されるので、(1)の「ファミリー共有」をタップ。右の画面が表示されたら、(2)の「ファミリーにーメンバーを追加...」をタップする

続いて、左の画面が表示されるので、(3)の「子供のアカウントを作成」をタップ。右の画面が表示されたら、右上の「次へ」をタップし、子どもの誕生日、子どもApple ID(アカウント)、秘密の質問の答えなどを入力する

「承認と購入のリクエスト」は初期状態で有効になっている(左)。位置情報を共有しておくと、子どものiPhoneの位置を「iPhoneを探す」という機能で見られる(右)。iPhoneを持っている子どもがどこにいるのかがわかるので、防犯や見守りに活用できる

「承認と購入のリクエスト」の例。左が子どものiPhone、右が親のiPhone。親が承認しないと、アプリは購入できない。子どもにとって不適切なアプリのダウンロードを未然に防げる機能だ

「機能制限」と組み合わせて、より安全性を高める

ファミリー共有といっしょに使いたいのが「機能制限」だ。読んで字の如し、iPhoneの機能を制限するもの。たとえば、「Safari」「カメラ」「FaceTime」などのアプリをオフにすると、ホーム画面から消えて、利用できなくなる。アプリのインストール、アプリ内課金、アプリの削除などをできないようにすることが可能だ。

また、「コンテンツの許可」という項目では、年齢に合わせて利用できるアプリや視聴できる映画を指定できる。「Webサイト」という項目からは、「アダルトコンテンツを制限」「指定したWebサイトのみ」が選択できるので、Safariの利用を許可している場合は、こちらも合わせて設定しておきたい。

「設定」→「一般」→「機能制限」で、同機能をオンにする場合は、4桁の「機能制限用パスコード」を最初に入力する。このパスワードがあれば、同機能をオフにすることもできるので、子どもに教えてはいけない(左)。機能制限で、使えないアプリを選択できる(右)

「コンテンツの許可」の例。左は「App」の項目で、年齢制限を指定できる。右は「Webサイト」の項目

「コンテンツの許可」の例。左は「App」の項目で、年齢制限を指定できる。右は「Webサイト」の項目

まとめ

子どもにスマートフォンを持たせるかどうかは、家庭によっていろいろな意見や考え方があると思うが、子どもに利用させる際には、保護者による適切な管理が欠かせない。ただし、どんなに対策しても抜け道は出てくるものなので、子どもが安全にスマートフォンを楽しめるように、上手にサポートしてあげたいものだ。

2018年2月1日に施行された「青少年インターネット環境整備法」では、契約者の年齢確認と契約者/使用者が18歳未満の場合はフィルタリングの有効化が、事業者に義務付けられるなど、子どもがスマートフォンを安全に利用するための対策が進んでいる。

また、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手携帯キャリアは、青少年向けのフィルタリングサービスの名称を、「あんしんフィルター for ○○○(キャリア名)」に統一し、認知度向上と利用促進を目指している。こちらは、「小学生」「中学生」「高校生」「高校生プラス」の4段階でフィルター強度を選べるほか、利用時間を管理することもできる(各社で制限できる機能に違いがある)。キャリアのiPhoneを使う場合は、こちらを活用するといいだろう。

※今回は「iOS 11.2.6」を搭載したiPhone 7 Plus、iPhone 6 Plusを利用しています。OSのバージョンが違う場合は設定方法が違う場合がありますので、ご注意ください。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る