特別企画
低消費電力、設定不要、高セキュリティを実現

ソフトバンクがIoT向けデータ通信サービス「NIDD」の試験サービスを開始

ソフトバンクは、2018年9月28日、IoT向け超低消費電力型LTE接続サービス「NIDD(Non-IP Data Delivery)」の商用環境での接続実験に世界で初めて成功したと発表した。今後、商用環境での試験サービスを開始する。一見地味だが、家電製品を含む広範なIoTの普及に大きな影響を与えそうな技術の詳細を解説しよう。

IoT向けのインターネット接続「NIDD」の商用環境での接続実験に世界で初めて成功したとソフトバンクが発表。IoTの普及のネックとなる課題を解決しうる注目技術だ

メンテや設定が不要。すぐにつながる超低消費電力型IoT向けLTE接続サービス

NTTドコモやKDDIは、「LPWA」や「NB-IoT」と呼ばれる低消費電力型のLTEのデータ通信サービスをすでに発表している。そんな中、ソフトバンクは、2018年4月下旬よりサービスを開始している「NB-IoT」の発展技術として、「NIDD」を使った接続実験に世界で初めて成功したと発表した。
「NIDD」は、IPプロトコルではなく携帯電話の制御メッセージを応用することで、安全で超低消費電力のLTE接続を実現するというもの。通信料金も、1機器あたり1か月10円からと、既存のIoT向け接続サービス(契約によるが、1機器あたりおおむね月額数百円程度)よりも大幅に抑えられている。

「NIDD」の通信料金は、1機器あたり10KBまで月額10円。ランニングコストの安さも魅力だ

「NIDD」の通信料金は、1機器あたり10KBまで月額10円。ランニングコストの安さも魅力だ

近ごろ、海外の展示会などでIoTに対応したさまざまな機器の提案が見られる。これらのIoT機器をAIスピーカーなどと連携させることで、ホームIoTの普及も時間の問題のようにも思える。

だが、ソフトバンクによれば、IoTの現状には、大きく3つの問題があるとしている。まずは機器の電力消費だ。家庭、職場、工場、屋外の隅々に配置されたIoT機器では電源の確保をボタン電池などに頼ることになるだろう。これらの電池交換サイクルを2〜3年と仮定しても、それぞれの機器に対応する電池をストックしておき、いちいち交換するのは想像するだけでも面倒だ。2つ目は、それぞれの機器にインターネット接続の設定が必要な点だ。これも機器の数が増えると設定の手間は増大するし、ユーザーがIoT機器を増設した場合の設定も、行う必要がある。3つ目はセキュリティの問題だ。IoT機器にはIPV4かIPV6のIPアドレスが付与されるため、技術的に特定が可能となる。そのため、ハッキングの対象になりうるし、DDoS攻撃の踏み台に利用されるリスクもある。

流通するパケットの比率で見ると、IoT機器を対象にした攻撃が全体の約55%と、過半数を超えている。IoT機器への攻撃はすでに現実的な問題だ

今回発表された「NIDD」は、データ通信としてIPパケットを使わず、機器にはIPアドレスも割り当てられない。つまりインターネットから隔離されたネットワークを使うのが特徴だ。その代わりの通信手段として、スマートフォンや携帯電話での接続認証やハンドオーバーの処理などに使われる制御メッセージにデータを載せて送る。なお、インターネットとの接続は、通信キャリアのネットワークとインターネットの間に設置された「SCS」や「SCEF」と呼ばれる機器が、IPパケットと制御メッセージとのデータ変換を行うこと行う仕組みだ。

インターネットとの接続は「SCS」や「SCEF」といった機器を介し、IPパケットと制御メッセージとの変換を行うことで実現する

制御メッセージは、IPパケットよりもヘッダ情報が小さい。また、通信キャリアの閉鎖されたネットワークの中でのみ流通しているので、通信の暗号化も不要だ。結果としてデータを70%以上もコンパクトにできる場合もあるという。また、データが小さければ、通信に必要な電力も減るうえに、通信の成功率も上がる。そのため、基地局からより遠くの機器まで接続できるという副次的な効果も期待できる。そのため「NIDD」では、通常のインターネット接続よりも建物の奥深くや山間部に設置した機器との高い接続性が期待できる。

また、インターネットの接続設定が不要なので、電源を入れるだけでネットワークにつながる。ユーザー側で接続に関する設定はほとんど不要なので、箱から出してスイッチを入れれば使える点もIoTにはより適していると言えよう。

なお、IoT機器からのデータは、アマゾンの「AWS」、Google「Google Cloud Platform」、アリババ「Alibaba Cloud」、マイクロソフト「Microsoft Azure」といったクラウドプラットフォームに転送し、さまざまな活用が可能となっている。

NIDDに対応したクアルコムのIoT用モデム「MDM9206」

NIDDに対応したクアルコムのIoT用モデム「MDM9206」

「NIDD」は、ソフトバンクが独自で開発したものではなく、3GPPで標準化された技術である。そのため、ソフトバンク以外の通信キャリアでも導入される可能性もあるし、「NIDD」に対応する機器がいろいろなメーカーから登場する可能性も十分にある。安価で安全なIoTネットワークを実現する技術として、今後の展開に期待したい。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る