新製品レポート
高コスパをさらに追求したラインアップを用意!

UQコミュニケーションズがスマホとWiMAX2+ルーターの新製品を発表

UQモバイルは、2018年10月30日に新製品発表会を開催。スマートフォン2機種、モバイルWi-Fiルーター2機種を発表した。各モデルの特徴をレポートしよう。

気鋭メーカーのUQモバイル独占販売モデルが登場
OPPO「R17 Neo」

UQモバイル独占販売モデルとしてOPPO新モデル「R17 Neo」が投入される。2340×1080表示に対応する約6.4型の有機ELディスプレイを採用し、ボディサイズは、約75.5(幅)×158.3(高さ)×7.4(厚さ)mmで、重量は約156gだ。なかなかの大画面だが、薄く軽く仕上がっており、携帯性は良好だ。なお、このディスプレイには指紋認証センサーが備わっており、ディスプレイに触れるだけでロック解除が行える。

SoCは、クアルコムのミドルレンジ向け「Snapdragon 660」で、4GBのRAM、128GBのストレージ、256GBまで動作確認の取れたmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。動作OSは、Android 8.0をベースにOPPO独自の拡張を加えた「Color OS 5.2」を使用する。詳細はこちらのレポートを参照。端末の実質負担金は1080円×24か月(初回のみ1188円)となっており、かなりの高コスパ機だ。

発売は、11月下旬の予定だ。

画面の切り欠き“ノッチ”は水滴型。「R15」シリーズより小さい

画面の切り欠き“ノッチ”は水滴型。「R15」シリーズより小さい

メインカメラはデュアルカメラ仕様、約1600万画素と約200万画素の組み合わせ

メインカメラはデュアルカメラ仕様、約1600万画素と約200万画素の組み合わせ

ディスプレイに指紋認証センサーが内蔵されており、画面を触れるだけでロックを解除できる

ディスプレイに指紋認証センサーが内蔵されており、画面を触れるだけでロックを解除できる

画面サイズ(解像度):約6.4型(1080×2340、有機ELディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約75.5×158.3×7.4mm
重量:約156g
防水/防塵:−/−
CPU:Snapdragon 660(2.2GHz×4+1.8GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:128GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GBまで対応)
OS:Android 8.1(Color OS 5.2)
SIMカードスロット:nanoSIM×1
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz帯/5GHz帯)/ac
NFC:非搭載
FeliCa:非搭載
フルセグチューナー/ワンセグチューナー:非搭載/非搭載
指紋認証センサー:搭載
メインカメラ:約1600万画素+約200万画素
フロントカメラ:約2500万画素
バッテリー容量:3600mAh
フルセグチューナー/ワンセグチューナー:非搭載/非搭載
USB:microUSB

おサイフケータイ&防水対応のスタンダードモデルがリニューアル
シャープ「AQUOS sense 2」

シャープの新しいスタンダードモデル「AQUOS sense 2」がUQモバイルからも発売される。ベースとなっているのはau版の「SHV43」で、2160×1080表示に対応する約5.5インチのIGZO液晶や、防水・防塵ボディ、FeliCaおよびNFCポートなどハードウェアのスペックは共通している。なお、対応するモバイルネットワークの対応バンド構成もSHV43に準じているが、UQモバイル版ではSIMロックがかかっていない状態で発売される点が異なる。また、カラーバリエーションについても、シルキーホワイト、ピンクゴールド、ニュアンスブラックの3色で、SHV43で設定のあったアイスグリーンは用意されない。

カメラ機能では、AQUOSシリーズのハイエンドモデルに搭載されていたAIを使ったカメラのシーン認識機能が搭載されており、より簡単にキレイに撮影が行えるようになった。発売は11月下旬の予定だ。本機の詳細な情報はこちらの記事を参照。端末の実質負担金は1080円×24か月(初回のみ1188円)で、「R17 Neo」と同額に設定されている。

メインカメラ約1200万画素のシングル構成。AIを使ったシーン認識機能を搭載している

メインカメラ約1200万画素のシングル構成。AIを使ったシーン認識機能を搭載している

シャープ自慢のIGZO液晶は開口率が向上し、前モデルと比較して最大輝度を47%向上させつつ、消費電力は21%削減されている

画面サイズ(解像度):約5.5型(1080×2160、IGZO液晶ディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約71×148×8.4mm
重量:約155g
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon 450(1.8GHz×8)
RAM容量:3GB
ストレージ容量:32GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大512GBまで対応)
OS:Android 8.1
SIMカードスロット:nanoSIM×1
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz帯/5GHz帯)/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
フルセグチューナー/ワンセグチューナー:非搭載/非搭載
指紋認証センサー:搭載
メインカメラ:約1200万画素
フロントカメラ:約800万画素
バッテリー容量:2700mAh
フルセグチューナー/ワンセグチューナー:非搭載/非搭載
USB:USB Type-C

WiMAXハイパワーやLTE通信に対応
NECプラットフォームズ「Speed Wi-Fi NEXT WX05」

モバイルWi-Fiルーターの「Speed Wi-Fi NEXT WX05」は、WiMAX2+とau 4G LTEに対応。下り最大400Mbps、上り最大30Mbps(東名阪地区の一部では75Mbps)の通信が可能だ。送信時の出力を高めた「WiMAXハイパワー」に対応しており、上り方向の通信環境が改善されている。また、搭載される「おまかせ一括設定」を使うことで「大容量ファイルをダウンロードしたい」「外でも家でもバランスよく使いたい」「電池を長持ちさせたい」という3種類の利用モードを簡単に切り替えることができる。

また、別売りのクレードルに、WiMAX2+、5GHz帯Wi-Fi、2.4GHz帯Wi-Fiそれぞれに対応する補助アンテナ「Wウイングアンテナ」を搭載。全方位的に電波キャッチ能力が向上し、Wi-Fi通信では最大30%の通信速度向上が見込めるという。

なお、2020年に3月31日に停波を予定している旧WiMAXユーザーを対象に、WiMAX2+機器への変更を割安に行う「おトクに機種変更」キャンペーンの対象機種となっている。同キャンペーンでは、通信の容量の制限がない「UQ Flatツープラスギガ放題(3年)」プランの場合、通常月額4380円のところ、当初3年間については月額3696円で利用可能となるうえ、旧WiMAX契約解除料、登録料、端末代金のそれぞれが無料となる。

発売は11月8日を予定している。

別売りのクレードルの透明モデル。内蔵される「Wウイングアンテナ」の配置がよくわかる

別売りのクレードルの透明モデル。内蔵される「Wウイングアンテナ」の配置がよくわかる

サイズ(幅×高さ×厚さ):約111×62×13.3mm
重量:約128g
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz帯/5GHz帯)/ac
バッテリー:3200mAh(着脱可能)
最大通信速度:下り最大440Mbps/上り最大30Mbps(ハイスピードプラスエリアモード75Mbps)
最大同時接続数:22台(内訳、Wi-Fi:Bluetooth:3台、USB:1台)

WiMAXハイパワー対応のホームルーター
NECプラットフォームズ「WiMAX HOME 01」

ACコンセントにつなげるだけでインターネット回線を構築できるホームルーターの新製品。WiMAX2+とau 4G LTEの2種類のモバイル回線に対応することで下り最大440Mbps、上り最大30Mbps(東名阪地区の一部では75Mbps)の通信が可能だ。本機も上記「Speed Wi-Fi NEXT WX05」同様に、送信時の出力を高めた「WiMAXハイパワー」に対応しており、電波の届きにくい屋内に設置しても、安定した環境で通信が行える。

本機も、旧WiMAXユーザーを対象に、WiMAX2+機器への変更を割安に行う「おトクに機種変更」キャンペーンの対象機種だ。

発売は、12月上旬の予定。

2基の有線LANポートを配置する

2基の有線LANポートを配置する

サイズ(幅×高さ×厚さ):約70×155×100mm
重量:約338g
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
有線LAN:1000BASE-T/100BASE-TX ×2ポート
最大通信速度:下り最大440Mbps/上り最大30Mbps(ハイスピードプラスエリアモード75Mbps)
最大同時接続数:22台(内訳、有線LANポート:2台、2.4GHz Wi-Fi:10台、5GHz帯 Wi-Fi:10台)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る