特別企画
ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルの学割を解説

2019年版、通信キャリアの「学割」まとめ

進学・進級シーズンが近づき、この春からお子さんにスマートフォンを持たせようと考える方も多いだろうが、そんな場合に必ずチェックしておきたいのが「学割」と呼ばれる若者向けの割引サービスだ。ここでは、NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルの大手5キャリア(サブブランドを含む)が用意する2019年の「学割」についてまとめてみた。

※本記事中の料金は、断り書きのない場合、税別で統一しています。

月額1,500円の割引が1年間。家族にもdポイント特典あり
NTTドコモ「ドコモの学割」

「ドコモの学割」は、LTE回線(Xi)を新規契約で契約した場合、料金プラン「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」、または「シンプルプラン(スマホ)」を、spモード、パケットパック(「らくらくパック」「ケータイパック」以外)の契約を行った25歳以下のユーザーが対象。対象ユーザーは、月額1,500円の割引を1年間受けられる。この学割を適用し、家族と通信容量を共有するシェアパックを組み合わせた場合、当初1年間の月額料金は280円に抑えられる。

なお、アップル「iPhone 6s」など特定の端末を対象にした割引である「docomo with」および、ケータイからスマホへ移行するユーザーを対象にした「ウェルカムスマホ割」と重なった場合、「ドコモの学割」より割引条件が有利な「docomo with」と「ウェルカムスマホ割」が適用される。

また、付随する特典として、「ドコモの学割」が適用されたシェアグループのユーザー(家族など)全員に、2,500ポイント(期間・用途限定)のdポイントが付与される。

割引の対象や期間など
期間:2019年5月31日
対象年齢:25歳まで

月間5GBの学生専用の料金プランも登場
au「auゼロ学割」「フラット学割20/30」「Netflixプラン学割」「auフラットプラン5(学割専用)」

伝統的に多くの学割サービスを用意しているauだが、今年の学割もさまざまなものが用意されている。

新規またはMNPで「auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)」か「auフラットプラン」を契約したユーザーを対象に割り引かれる。基本的には25歳以下のユーザーが対象だが、機種変更を行った家族についても同じ割引が適用される。

段階制料金プランの「auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)」を対象にした「auゼロ学割」は、契約当初3か月間について月額1,980円の割引を行うというもの。この期間中ら、月間通信容量が1GB以下なら無料、月間20GBでも3,500円で利用可能となる。

定額制料金プラン「auフラットプラン」と「auフラットプラン25 Netflixパック」が対象となる「フラット学割20/30」および「Netflixプラン学割」は、契約当初の3か月間について、月額2,020円の割引を行う。この期間中なら「auフラットプラン20」は額1,980円、「auフラットプラン 30」は月額3,980円、「auフラットプラン25 Netflixパック」は3,130円で利用可能となる(月額1,000円の「スマホ応援割」および、「auスマートバリュー」用時の料金)。

上記の学割のほかに、学割専用の料金プラン「auフラットプラン5 (学割専用)」も用意される。これは、月間5GBの通信容量付きで、契約当初3か月間については月額980円で利用可能となるもの、4〜12か月目 は月額3,000円、13か月目以降は月額4,000円で利用可能となる。(「auフラットプラン5(学割専用・シンプル)」「2年契約」「auスマートバリュー」「スマホ応援割」「フラット学割5」適用時の料金)。ただし、こちらのプランは家族には適用されず、25歳以下の申込者本人だけが加入の対象となる。

さらに、2019年5月31日までにオプションサービスの「auスマートパスプレミアム」に新規加入した場合、月額499円の料金が半額となる「auスマートパスプレミアム 2019学割キャンペーン」も用意される。同サービスは、レストランやコンビニエンスストア、映画館などで使える割引クーポンや日替わり特典のほか、対象となる有料アプリの無料ダウンロードや、端末の画面割れや水没時などのサポートも受けることができるものだ。

割引の対象や期間など
期間:2019年5月31日
対象:25歳までの本人、およびその家族(一部対象外)

「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」が当初3か月は無料に
ソフトバンク「学割放題」

ソフトバンクの「学割放題」は、料金プラン「ウルトラギガモンスター+」の月額基本料から4,500円の割引を、「ミニモンスター」の月額基本料から2,980円の割引を、それぞれ契約当初の3か月間行うというもの。

月額50GBの通信容量が付く「ウルトラギガモンスター+」の場合、「通話基本プラン(2年契約)」の1,200円と、ISP料金の300円、データ通信料金「データ定額 50GBプラス」の5,980円を足し上げた月額料金7,480円から、月額4,500円が割り引かれた2,980円で契約当初の3か月は利用できる。なお、これに加えて、「1年おトク割」(月額1,000円の割引)、「みんな家族割+」(月額2,000円の割引)を組み合わせれば、契約当初3か月については無料で使うことも可能になる。

また、段階制料金プラン「ミニモンスター」の場合、「通話基本プラン(2年契約)」の1,200円と、ISP料金の300円、データ通信料金「データ定額 ミニモンスター」の月額2,480円を足し上げた月額料金3,980円から、月額2,980円が割り引かれるため、契約から3か月間は1,000円で利用できる。これに、「1年おトク割」の月額1,000円の割引を組み合わせれば、当初3か月については無料で利用可能だ(データ通信容量が月間1GB以下の場合)。

割引の対象や期間など
期間:2019年5月31日
対象:25歳まで

学割や無料オプションを組み合わせれば、月額1,480円で9GBのデータ通信が可能
ワイモバイル「ワイモバ学割」

ソフトバンク系の「ワイモバイル」の学割「ワイモバ学割」の対象となるのは申し込み時点で使用者の年齢が5〜18歳の若者。

学割の内容だが、契約当月から最大13か月は「スマホプランM」および「スマホプランL」の月額基本使用料から、毎月1,000円の割引を行うというもの。なお、最安の料金プランである「スマホプランS」については学割の対象外だ。

「スマホプランM」の場合、3,980円の月額基本料金に、2年契約の「ワンキュッパ割」の月額1,000円、家族契約の2回線目以降に適用される「家族割引サービス」の月額500円、学割の月額1,000円の割引を組み合わせれば、契約当初の13か月については、月額1,480円で利用できる。「スマホプランL」の場合、同じ条件なら月額3,480円で利用可能だ。

なお、上記の学割は既存のキャンペーンである「データ増量オプション」と併用もできる。これを使えば契約当初2年間については、追加料金なしで「スマホプランM」なら月間9GB、「スマホプランL」なら21GBまでのデータ通信が利用できる。

割引の対象や期間など
期間:2019年5月31日
対象:5〜18歳まで

新中高生なら5か月間は無料で利用可能
UQ モバイル「ファミゼロ学割」

au系のUQモバイルは、18歳以下のユーザーおよびその家族が対象の「ファミゼロ学割」を用意する。新規またはMNPで「おしゃべりプランS/M/L」または「ぴったりプランS/M/L」を契約した場合、月額基本料金が最大3か月無料となる。なお、対象となる18歳以下のユーザーのうち、この春から中学か高校に進学する新中高生については無料となる期間がさらに2か月延長され5か月間となる。

また、各プランのデータ通信容量と無料音声通話の時間を増やすオプションメニューの「増量オプション」(月額500円)についても、18歳以下のユーザーについては(家族は対象外)、次の機種変更のときまで無料になる。「増量オプション」に申し込むと、「プランS」なら月間最大3GBまで、「プランM」なら9GBまで、「プランL」なら21GBまでのデータ通信が行えるようになる。また、音声通話についても、「ぴったりプランS」では月間最大60分、「ぴったりプランM」では月間最大120分、「ぴったりプランL」では月間最大180分の無料音声通話が付属する(「おしゃべりプラン」の音声通話については対象外)。

割引の対象や期間など
期間:2019年5月31日
対象:18歳以下の本人およびその家族

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る