レビュー
セカンドディスプレイがコントローラーに変身

ASUSの2画面PC「ZenBook Duo 14」ならPremiereがはかどるってどういうこと?

ASUS JAPANから2画面ノートパソコンの新モデル「ZenBook Duo 14」が登場した。「ScreenPad+」というサブディスプレイに、アドビのクリエイティブアプリ「Premiere Pro」や「Photoshop」のコントローラーが表示できるようになって実用度がアップ。その使い勝手を詳しくレビューしていきたい。なお、Premiere Proを実際に操作する様子は動画でチェックしてもらいたい。

14型と12.6型の2つのディスプレイを搭載

ZenBook Duo 14は、14型のメインディスプレイと12.6型のサブディスプレイの2つのディスプレイを搭載した2画面ノートパソコン。

ノートパソコンの画面の狭さを解消するために、モバイルディスプレイを使っている人もいるだろう。ノートパソコン+ディスプレイで、2画面で作業しているという人もいるのではないだろうか。画面が増えると、表示できる情報量が増えて作業効率アップにつながる。その複数画面をノートパソコン1台で実現ししたのがZenBook Duo 14だ。

キーボードの上部に12.6型の横長のサブディスプレイを搭載するZenBook Duo 14

キーボードの上部に12.6型の横長のサブディスプレイを搭載するZenBook Duo 14

ボディはマグネシウム・アルミニウム合金製で重量は約1.6kg。モバイルノートとしては重めだが、厚さが17.9mmとスリムでビジネスバックにはスッキリと収まる。

ディスプレイを広げると、キーボードが傾斜するエルゴリフトヒンジを採用。キーボードに傾斜がついてタイピングしやすくなる。また、ディスプレイを広げると、サブディスプレイも少しだけ起き上がる機構も採用している。これにより、従来モデルで一部ユーザーの意見としてあったというサブディスプレイの見えにくさが解消されている。

マグネシウム・アルミニウム合金製のボディは金属ならではの高級感のある仕上がり。カラーは「セレスティアブルー」という落ち着いた紺色。天板にはスピン加工が施されている

マグネシウム・アルミニウム合金製のボディは金属ならではの高級感のある仕上がり。カラーは「セレスティアブルー」という落ち着いた紺色。天板にはスピン加工が施されている

ディスプレイを開くと、チルト機構によりScreenPad+も7°の傾斜がつく。これにより、メインディスプレイとの一体感がアップしている。輝度も400nitsにアップ

ディスプレイを開くと、チルト機構によりScreenPad+も7°の傾斜がつく。これにより、メインディスプレイとの一体感がアップしている。輝度も400nitsにアップ

ScreenPad+のチルト機構は冷却効率の向上にも一役買っている。ディスプレイ側からは排気口が見える

ScreenPad+のチルト機構は冷却効率の向上にも一役買っている。ディスプレイ側からは排気口が見える

メインの14型ディスプレイは1920×1080のフルHD(ノングレアタイプ)。セカンドディスプレイと同じくタッチ操作に対応する。sRGB100%の広色域で、PANTONE認証も取得している

メインの14型ディスプレイは1920×1080のフルHD(ノングレアタイプ)。セカンドディスプレイと同じくタッチ操作に対応する。sRGB100%の広色域で、PANTONE認証も取得している

ベゼルの太さは左右が4mm、上部が7mmの狭額縁ベゼル。画面占有率は93%

ベゼルの太さは左右が4mm、上部が7mmの狭額縁ベゼル。画面占有率は93%

サブディスプレイが「Premiere Pro」のコントローラーに

ScreenPad+は12.6型のサブディスプレイで、14型のメインディスプレイとは独立した画面として利用できる。メインディスプレイと横幅が同じなのがポイントで、サブディスプレイとしてメールやSNSなどを常時表示するもよし、14型+12.6型の縦長の画面として使うもよしで、使い方はいろいろだ。

メインとサブディスプレイを1枚のディスプレイとして利用する「ビューマックス」。縦に長いWebページの一覧性が高いモードだ。タスクバーを左右に置くと、見やすさがアップする

メインとサブディスプレイを1枚のディスプレイとして利用する「ビューマックス」。縦に長いWebページの一覧性が高いモードだ。タスクバーを左右に置くと、見やすさがアップする

ScreenPad+の各種設定を行う「コントロールセンター」の表示位置を右/下/左の3種類から選べるようになったほか、自動非表示が可能となり、使い勝手がアップしている。ワンタッチで複数のアプリやエクスプローラーをあらかじめ決めた位置にワンタッチで展開できる「タスクグループ」も便利。仕事で利用するアプリが決まっている人には重宝する機能だ。

コントロールセンターの位置を左/右/下の3つから選べるようになった。コントロールセンターを呼び出すボタンの自動非表示も可能に

コントロールセンターの位置を左/右/下の3つから選べるようになった。コントロールセンターを呼び出すボタンの自動非表示も可能に

複数のアプリやエクスプローラーを決まった位置に配置して、素早く展開できる「タスクグループ」。メインに最大4つ、サブのScreenPad+の最大3つ展開できる。仕事で決まった作業(メールやグループウェア、SNS、Excelなどなど)をしている人は、これで素早く仕事を始められる

複数のアプリやエクスプローラーを決まった位置に配置して、素早く展開できる「タスクグループ」。メインに最大4つ、サブのScreenPad+の最大3つ展開できる。仕事で決まった作業(メールやグループウェア、SNS、Excelなどなど)をしている人は、これで素早く仕事を始められる

そしてScreenPad+の新機能で、一番の目玉が「コントロールパネル」だ。ScreenPad+上にボタンやダイヤル、スライダー、スクロールといったツールを表示して直感的に操作できるというもので、アドビの「Premiere Pro」「Photoshop」「Lightroom」「After Effects」の4つのソフトで利用できる。動画編集用にコントローラー(物理的な)が売られているが、それをソフトウェアで再現したのがScreenPad+のコントロールパネルだ。

Premiere Proを立ち上げると、ScreenPad+にPremiere Pro用のコントロールパネルが自動で表示される

Premiere Proを立ち上げると、ScreenPad+にPremiere Pro用のコントロールパネルが自動で表示される

動画編集や画像編集はショートカットやバーの移動など、複雑な操作が求められる。ScreenPad+のコントロールパネルを使うと、ショートカットを使わずにワンボタンで操作したり、ダイヤルを回して時間軸を細かく動かしたり、直感的な操作が可能だ。コントロールパネルのツールの移動や配置、追加は、好みにカスタマイズできるのもポイント。このコントロールパネルがどんな風に動くかは、ぜひ上の動画をチェックしてもらいたい。

コントロールパネルの設定画面で、ツールの移動や配置、追加ができる

コントロールパネルの設定画面で、ツールの移動や配置、追加ができる

Photoshopのコントロールパネル。ソフトによってツールは異なる

Photoshopのコントロールパネル。ソフトによってツールは異なる

GeForce MX450搭載の高性能マシン

ZenBook Duo 14のラインアップは、NVIDIAの「GeForce MX450」を搭載する「UX482EG-KA143TS」「UX482EG-KA146T」と、Iris Xeグラフィックス(CPU内蔵)を搭載する「UX482EA-HY114T」の3モデル。主な仕様とASUS Store価格(税込)は以下の通り。

UX482EG-KA143TS:Core i7-1165G7、GeForce MX450、16GB LPDDR4X-4266、1TB SSD、約10.8時間、Microsoft Office Home and Business 2019、239,800円
UX482EG-KA146T:Core i5-1135G7、GeForce MX450、16GB LPDDR4X-4266、512GB SSD、約10.8時間、WPS Office Standard Edition、179,800円
UX482EA-HY114T:Core i5-1135G7、Iris Xeグラフィックス、16GB LPDDR4X-4266、512GB SSD、約11.1時間、WPS Office Standard Edition、159,800円
(モデル名:CPU、グラフィック機能、メモリー、ストレージ容量、バッテリー駆動時間、オフィスアプリ、ASUS Store税込価格)

今回試した最上位機種のUX482EG-KA143TSは、インテルの最新CPUである第11世代のCore i7-1165G7とNVIDIAのGeForce MX450を搭載する。メモリーは16GB、ストレージは1TBのSSDとハイスペックな仕様。ゲーミングPCほどではないが、映像や画像の編集などクリエイティブな作業を快適にこなせるハイパフォーマンスなモデルと言える。

CPUの性能を測定する「CINEBENCH R20」と「同 R23」の結果

CPUの性能を測定する「CINEBENCH R20」と「同 R23」の結果

パソコンの総合性能を測定する定番ベンチマーク「PCMark 10 Professional Edition」の結果。3000を超えれば優秀と言われるが、5340と高いスコアを記録。クリエイティブな作業をどれだけ快適に行えるかを示す「Digital Content Creation」も5000オーバー

パソコンの総合性能を測定する定番ベンチマーク「PCMark 10 Professional Edition」の結果。3000を超えれば優秀と言われるが、5340と高いスコアを記録。クリエイティブな作業をどれだけ快適に行えるかを示す「Digital Content Creation」も5000オーバー

サブディスプレイを搭載する関係で、タッチパッドは右にレイアウトされた独特なスタイル。パームレストもなく、慣れるまで少し時間がかかるかもしれない

サブディスプレイを搭載する関係で、タッチパッドは右にレイアウトされた独特なスタイル。パームレストもなく、慣れるまで少し時間がかかるかもしれない

外部インターフェイスは右側面にUSB 3.2 Type-A(Gen1)、マイク入力/ヘッドホン出力、microSDメモリーカードスロットを搭載。左側面にHDMI出力、Thunderbolt 4×2を備える

外部インターフェイスは右側面にUSB 3.2 Type-A(Gen1)、マイク入力/ヘッドホン出力、microSDメモリーカードスロットを搭載。左側面にHDMI出力、Thunderbolt 4×2を備える

まとめ

ZenBook Duo 14はデュアルディスプレイというほかにはない特徴的な機能を備えたノートパソコンだ。これまでは、セカンドディスプレイとして情報を表示するのがメインの使い方だったが、新モデルはアドビのソフトのコントロールパネルとして使えるようになって、使い方の幅が広がった。使いこなせば、動画編集や画像編集がはかどりそうだ。GeForce MX450を搭載するなど、クリエイターが使うマシンとしてスペックも充実している。

アドビのアプリは使わないけど、ZenBook Duo 14のデュアルディスプレイに興味があるという人は、ASUS Store価格で約16万円とスペックを考えるとコスパが高い、GeForce MX450非搭載のモデルをチェックしてみてほしい。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る