ニュース
家でもオフィスでも使いやすいモバイルパソコン

パナソニックが14型の新レッツノート「FV1」発表。コンセプトは“パワフル大画面コンパクト”

パナソニックは2021年6月3日、モバイルパソコン「Let’s note(レッツノート)」の新モデルとして、14型のディスプレイを備える「レッツノート FV1」を6月18日から順次発売すると発表した。コロナ禍にあって、テレワークが普及する半面、オフィスでも働くハイブリッドワークが増えている。レッツノート FV1は家でもオフィスでも使いやすい大画面モバイルパソコンとしビジネスパーソンや企業に売り込みたい考えだ。市場想定価格は242,000円(税込)から。

家でもオフィスでも使いやすいようにサイズや機能にこだわったレッツノート FV1

家でもオフィスでも使いやすいようにサイズや機能にこだわったレッツノート FV1

コンセプトは“パワフル大画面コンパクト”

レッツノート FV1は14型のディスプレイを搭載するノートパソコン。そのコンセプトは“パワフル大画面コンパクト”。家で快適にテレワークができるように、モバイルパソコンとしては大型の14型ディスプレイを採用するほか、Web会議で人の声が聞き取りやすいボックス型のスピーカーなどを搭載する。

アスペクト比3:2の14型ディスプレイを搭載するレッツノートFV1(写真はカラーがブラックの「CF-FV1GFNQR」)。左右の額縁(ベゼル)は約5.3mmと細く、14型の大画面ディスプレイを搭載しつつ、コンパクトなボディを実現している

アスペクト比3:2の14型ディスプレイを搭載するレッツノートFV1(写真はカラーがブラックの「CF-FV1GFNQR」)。左右の額縁(ベゼル)は約5.3mmと細く、14型の大画面ディスプレイを搭載しつつ、13.3型のノートパソコン並みのコンパクトなボディを実現している

14型のディスプレイはアスペクト比が3:2。従来モデルの16:9の14型と比べて、縦方向が2cm長いのが特徴。Officeアプリではリボンやステータスを表示しても作業スペースが狭くならないというメリットがある。縦長のWebページなども見やすい。解像度も1920×1080のフルHDから2160×1440のQHDへ1.5倍アップしている。

コンパクトさに関しては、レッツノート史上最細の約5.3mm(左右)の狭額縁設計を採用。狭額縁は横からの衝撃に弱いので、構造を見直すことで、側面からの衝撃に対する堅ろう性を高めている。本体サイズは308.6(幅)×235.3(奥行)×18.2(高さ)mm、重量は約0.999kg(Lバッテリー搭載の「CF-FV1GFNQR」は約1.139kg)。13.3型のノートパソコンとほぼ同じサイズ感で、厚さも18.2mmとスリムなので、ビジネスバッグにスッキリと収まりそうだ。重量もSバッテリー搭載モデルなら1kgと軽い。

頑丈、長時間駆動、軽量というレッツノートの特徴はそのままに、狭額縁設計により、コンパクトさと大画面を両立したレッツノート FV1(写真はカラーがブラックの「CF-FV1GFNQR」)

頑丈、長時間駆動、軽量というレッツノートの特徴はそのままに、狭額縁設計により、コンパクトさと大画面を両立したレッツノート FV1(写真はカラーがブラックの「CF-FV1GFNQR」)

Web会議のしやすしさでは、音声帯域の音圧が高いボックス型スピーカーを搭載。Waves|MaxxAudioの音量・音質の向上を図ったプリセットも用意する。また、インテルGNA に対応するAIノイズ除去機能も備えており、家での会議中で気になる救急車の音や子どもの声などを抑えてくれるという。

テレワークで増えているWeb会議で音声を聞き取りやすいように、ボックス型のスピーカーを搭載。AIノイズ除去機能も備える

テレワークで増えているWeb会議で音声を聞き取りやすいように、ボックス型のスピーカーを搭載。AIノイズ除去機能も備える

パフォーマンス面では、インテルの最新CPUである第11世代Coreプロセッサーを搭載。CPUの性能を最大限引き出すための独自設計「Maxperfomer(マックスパフォーマー)」も引き続き備える。具体的には大風量デュアルファンに加え、流体解析により吸排気口や流路を最適化することでCPUのパフォーマンスを最大限に引き出すことができるという。同社によると、第10世代Coreプロセッサーを搭載する「LV9」と比べて、約1.6倍のパフォーマンスアップを実現している。ストレージには高速なPCIe SSDを採用する。

使い勝手の面では、オフィスでの利用を想定して、VGA出力と有線LANコネクターという、レガシーのコネクターを搭載。そのほかUSB 3.1 Type-C(Thunderbolt 4、USB PD対応)×2やUSB 3.0 Type-A×2、ヘッドホン出力/マイク入力、SDメモリーカードスロットなど、豊富な外部インターフェイスを備えているので、変換アダプターなしで外部周辺機器を接続できる。

また、直径64mmの大型のホイールパッドを搭載。バックライトキーボード搭載モデルもラインアップする。キーボードは縦横19mmピッチ、2mmのストロークを実現。セキュリティ面では顔認証対応カメラや指紋認証センサーを備える。法人向けモデルは5G対応モデルもラインアップする。

バックライトキーボードを搭載するCF-FV1GFNQR

バックライトキーボードを搭載するCF-FV1GFNQR

レッツノートらしいシルバーカラーの「CF-FV1FDSQR」

レッツノートらしいシルバーカラーの「CF-FV1FDSQR」

レッツノートFV1(個人向けモデル)のラインアップと主なスペック

CF-FV1GFNQR(LTE対応)
OS:Windows 10 Pro 64ビット
CPU:Core i7-1165G7
メモリー:16GB
ストレージ:512GB SSD
バッテリー駆動時間:約21時間
重量:約1.139kg
Office:Office Home & Business 2019

CF-FV1FDMQR
OS:Windows 10 Pro 64ビット
CPU:Core i5-1135G7
メモリー:16GB
ストレージ:512GB SSD
バッテリー駆動時間:約11時間
重量:約0.999kg
Office:Office Home & Business 2019

CF-FV1FDSQR
OS:Windows 10 Pro 64ビット
CPU:Core i5-1135G7
メモリー:16GB
ストレージ:256GB SSD
バッテリー駆動時間:約11時間
重量:約0.999kg
Office:Office Home & Business 2019

CF-FV1FDWQR
OS:Windows 10 Pro 64ビット
CPU:Core i5-1135G7
メモリー:16GB
ストレージ:256GB SSD
バッテリー駆動時間:約11.5時間
重量:約0.999kg
Office:なし

レッツノートの宣伝キャラクターを務める比嘉愛未さん(写真はパナソニック提供)

レッツノートの宣伝キャラクターを務める比嘉愛未さん(写真はパナソニック提供)

スリムなレッツノート FV1はカバンにスッキリと収まることを体験する比嘉愛未さん(写真はパナソニック提供)

スリムなレッツノート FV1はカバンにスッキリと収まることを体験する比嘉愛未さん(写真はパナソニック提供)

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る