いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ

Windows 10の生態認証機能「Windows Hello」の使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ」は、パソコンやスマートフォンに関する基本ワザや知っておくと便利な機能をていねいに紹介する連載です。“超”が付くほど簡単な使い方や、中上級者でも知っておくと役に立つ情報をお届けしていきます。第16回は、新「Windows 10」の生態認証機能「Windows Hello」の使い方を紹介します。

パソコンが対応しているならぜひとも使いたい「Windows Hello」

Windows 10には、パスワードの代わりに生体認証でログオンできる「Windows Hello」という機能がある。奥行を検出できるカメラを使った顔認証が有名だが、指紋や虹彩でもこの機能は利用できる。もしも、Windows 10にアップデートしたパソコンに指紋センサーがついていたら、それでWindows Helloを利用できる可能性があるので試してみるといいだろう。パスワードをいちいち入力するよりも、指をセンサーに当てるて滑らすだけでサっとログオンできる。

Windows Helloの設定は、「設定」にある「サインインオプション」で行う。PINを設定していない場合は、まずその設定が必要だ。設定したら、Windows 10のロック画面で試してみよう。

なお、2016年8月2日に公開される「Windows 10 Anniversary Update」では、Webブラウザー「Microsoft Edge」がWindows Helloをネイティブにサポートする。これにより、生体認証で対応のWebページにアクセスできるようになるのだ。

Windows 10にアップデートしたパソコンに、こうした指紋センサーがついていたら、Windows Helloを利用できるかどうか確認してみよう

スタートメニューやアクションセンターから「設定」を起動したら、「アカウント」を開く。次にウインドウ左側で「サインインオプション」をクリックする。PINの設定をしていない場合は、PINの「追加」をクリックする

PIN(暗証番号)を設定する。同じPINを2回入力して「OK」をクリックする。生態認証がうまくいかない場合などに必要になるので、入力したPINを忘れないようにしよう

PINを設定したら、「サインインオプション」の画面でWindows Helloの「セットアップ」をクリックする

PINを設定したら、「サインインオプション」の画面でWindows Helloの「セットアップ」をクリックする

「Windows Helloへようこそ」という画面が表示される。「開始する」をクリックする

「Windows Helloへようこそ」という画面が表示される。「開始する」をクリックする

先ほど設定したPINを入力する

先ほど設定したPINを入力する

指紋センサーに指をあてて指紋をスキャンする

指紋センサーに指をあてて指紋をスキャンする

完了すると、この画面が表示される。指紋を複数登録するなら「他の指紋を追加」をクリックする。終わる場合は「閉じる」をクリックする

PINやWindows Helloを設定すると、サインインするときのロック画面でそれらのログオン方法を選べる

PINやWindows Helloを設定すると、サインインするときのロック画面でそれらのログオン方法を選べる

湯浅英夫

湯浅英夫

音楽、プラモ、鉄道、アニメ、腰痛など趣味の多い元ジャズミュージシャンライター。日経BP社、マイナビなど各社でIT・ネット関連を中心に執筆中。愛用の2in1ノートの画面にヒビが入ってタッチパネルが使えなくなってしまったのが最近の出来事。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.11.23 更新
ページトップへ戻る