「Wおどり炊き」のあり・なしでの食べ比べもできる

パナソニックの炊飯器で炊いたごはんが味わえる「至高の一膳 食べ比べ亭」へ行ってきた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックの最高級炊飯器「Wおどり炊き SR-SPX7」シリーズで炊いたごはんを食べることができる「至高の一膳 食べ比べ亭」が、東京・銀座に期間限定でオープン。今回、銀座にオープンした店舗では、北海道「ゆめぴりか」、岩手「金色の風」、秋田「あきたこまち」、新潟「新之助」の各銘柄を試食できるだけでなく、「Wおどり炊き」搭載モデルと非搭載モデルの炊飯器それぞれで炊いたごはんの食べ比べも実施されます。オープン初日に行ってきた様子をご覧ください!

「至高の一膳 食べ比べ亭」は「プレミアムレストラン東京 金のダイニング」(東京都中央区銀座5-10-13 東洋ライスビル1F)にてオープン。実施期間は2017年6月6日〜18日までで、11時〜14時30分(14時ラストオーダー)のランチタイムのみの営業となります

どんな御膳が食べられるの?

「至高の一膳 食べ比べ亭」で提供される御膳は4種類。北海道「ゆめぴりか」、岩手「金色の風」、秋田「あきたこまち」、新潟「新之助」のそれぞれの銘柄にあう、おかず1品と汁物1品がセットになっています。開催期間中、御膳は4種類の中から好きなものを選べますが、お代わりできるごはん(無料)は、6月6日〜8日「新之助」、6月9日〜11日「金色の風」、6月12日〜15日「ゆめぴりか」、6月16日〜18日「あきたこまち」というように期間を区切り、1銘柄のみ。つまり、御膳で運ばれてくる最初のごはんはオーダーした道県の銘柄ですが、2杯目からは期間ごとで決められた銘柄となります。

いずれの御膳も1膳500円(税込)で、ごはんのお代わりは無料です

いずれの御膳も1膳500円(税込)で、ごはんのお代わりは自由です

さっそく、御膳をオーダーしてみましょう。筆者が選んだのは、「新潟・新之助御膳」です。新潟といえば「コシヒカリ」が有名ですが、新之助は2017年に正式デビューした新品種。2008年に開発をスタートし、長き月日をかけて誕生した新之助は、猛暑でも品質が落ちない強い性質で、大きな粒と強い甘み、粘りがありつつもほぐれ感が楽しめるといいます。コシヒカリの遺伝子を25%受け継ぎつつも、味のベクトルは別物なのだそう。

「Wおどり炊き SR-SPX7」シリーズで炊いたごはんが、御膳に並びます

「Wおどり炊き SR-SPX7」シリーズで炊いたごはんが、御膳に並びます

「新潟・新之助御膳」には、極上熟成塩引き鮭と、越後味噌を使った南蛮えび頭のみそ汁がつきます。価格は一膳500円(税込)で、各御膳1日30食限定。ごはんは無料でお代わりできます

「Wおどり炊き SR-SPX7」シリーズは220℃の高温スチームで旨味をコーティングし、ハリやツヤを出すので見た目もツヤツヤ。白くてみずみずしい感じが食欲をそそります

もちもちとしながら、口にいれると米粒がほどけ、非常に粒感もいい! 新之助はコシヒカリと比べてどうだという細かいことは筆者には語れないのですが、粘り、食感、甘みのバランスが絶妙で、ごはんだけ食べていても飽きません

甘みはしっかり感じるものの、強烈に主張してくるわけではないのでおかずとの相性バツグン! なお、SNSで「至高の一膳 食べ比べ亭」の感想を投稿すると、先着100名に「至高のたまご」がもらえます。このごはんで、卵かけごはんにしたら絶対おいしいはず

「至高の一膳 食べ比べ亭」のオープンを記念して、初日には新潟県知事 米山隆一さんもかけつけました。米山知事は魚沼出身で、実家で作る米がおいしいゆえに炊飯器にはまったくこだわりを持っておらず、数千円のものを使っているといいます。そんな米山知事が「Wおどり炊き SR-SPX7」シリーズで炊いた新之助を初体験!

新之助の味はすでに知っている米山知事ですが、今まで食べてきた新之助とは違ったようで、ひと口食べてあまりのおいしさに表情が瞬時に変わりました。いい米を用意するだけでなく、炊飯器もあわせてよいものを揃えたほうがいいと実感したようです

米山知事が「おいしい!」と思った秘密は、「Wおどり炊き SR-SPX7」シリーズに搭載されている“新之助に最適な炊飯コース”にもあるかもしれません。「Wおどり炊き SR-SPX7」シリーズには、さまざまな銘柄にあわせてプログラミングを変えた炊飯コースが用意されており、この「至高の一膳 食べ比べ亭」で提供されるごはんは、それぞれの米にあわせた銘柄炊き分けで炊飯されています。

50銘柄が登録されており、それぞれに最適な火加減、時間が設定されています

50銘柄が登録されており、それぞれに最適な火加減、時間が設定されています

「Wおどり炊き SR-SPX7」シリーズの炊飯は、かまどで炊く工程を再現。この炊飯方法は銘柄が変わっても、同じです

「Wおどり炊き SR-SPX7」シリーズの炊飯プログラムはコシヒカリを元にして作られていますが、より米の特性を生かした炊飯がしたい人には銘柄ごとに火加減を調整した銘柄炊き分けを利用するといいでしょう。新之助は浸水工程が標準よりも長めで、炊き上げ時、沸騰後は加圧しないというプログラミングが設定されています

同じ米とは思えない! “おどる VSおどらせない”の食べ比べ

“おどらせたごはん”と“おどらせないごはん”の食べ比べは、上で紹介した御膳が出てくる前に試せます。テーブルに食べ比べセットが配膳されるので、香りをかぐ、粒を見比べる、そして味わうの3段階で違いをチェックしてみてください。なお、食べ比べででてくるごはんも“お代わり”できるごはんと同じ銘柄です。

大火力と可変圧力で米をおどらせる「Wおどり炊き」搭載の「Wおどり炊き SR-SPX7」シリーズで炊いたごはん(左)と、「Wおどり炊き」非搭載の同社炊飯器で炊いたごはん(右)で食べ比べます

パッと見た感じは違いがわかりませんでしたが、香りを比べてみてビックリ! 「Wおどり炊き」で炊いたごはんは米の香りが強くするのに対し、非搭載で炊いたごはんは「無」というぐらい何もニオイがありませんでした

同じ米を炊いたにもかかわらず、米粒のふくらみにも差が出ていました。「Wおどり炊き」で炊いたごはん(左)は、大きくふくらんでいます。この違いにより、味わいも別物! 粘りと粒感、そして甘み、口の中で広がる香りも「Wおどり炊き」で炊いたほうが圧勝です

取材を終えて店の外に出ると、開店時間前だというのに店頭には列がすでにできていました。実際に食事されている様子を見ていましたが、食べ比べは特に好評だった印象。あるとなしとでは明らかに違う「Wおどり炊き」のチカラ、この機会に体験してみてはいかがでしょうか。

11時オープン時のみ予約することができるので、確実に食べたい人は予約しておきましょう

11時オープン時のみ予約することができるので、確実に食べたい人は予約しておきましょう

お詫びと訂正:「至高の一膳 食べ比べ亭」開催期間中、4種類の御膳は自由に選ぶことが可能だったため、正しい情報に訂正いたしました。お詫び申し上げます。(2017年6月7日)

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌の白物家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
イベントレポート最新記事
イベントレポート記事一覧
2017.7.27 更新
ページトップへ戻る