高級トースターと電子レンジがついに1台になった!!

“チン♪”であたためもできる! レンジ機能を搭載したシャープ「ヘルシオ グリエレンジ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

お惣菜などを過熱水蒸気による加熱で“できたてのようによみがえらせる”シャープ「ヘルシオ グリエ」は、そのおいしさがクチコミで広がり、大ヒット。2016年10月に発売された当初は4万円前後とトースターとしては少し高価格でしたが、購入した人の満足度は高く、人気と実力を兼ね揃えた製品です。そんなヘルシオ グリエに、レンジ機能を搭載した「ヘルシオ グリエレンジ」が登場。出来合いのものを買ってきて家で食べる「中食」を、より充実させてくれるというヘルシオ グリエレンジの実力を内覧会で見てきました。

「ヘルシオ グリエレンジ AX-HR2」の市場想定価格は55,000円前後で、2017年12月中旬発売予定

「ヘルシオ グリエレンジ AX-HR2」の市場想定価格は55,000円前後で、2017年12月中旬発売予定

「ヘルシオ グリエレンジ」の構造とは?

ヘルシオ グリエにレンジ機能がプラスされた「ヘルシオ グリエレンジ」ですが、“最初から最後まで水のチカラだけで調理する”というヘルシオの加熱方法は厳守されており、過熱水蒸気とレンジ機能がそれぞれ独立して作動する構造となっています。これまで同様に過熱水蒸気でパンをふっくら加熱したり、ノンフライ調理したり、惣菜をあたためたり、トーストを焼くことができるうえに、過熱水蒸気では難しかったごはんや牛乳などのあたため、お肉などの解凍がレンジ機能で可能に。トースターと電子レンジが1台になったヘルシオ グリルレンジは、設置スペースがコンパクトに済む点も大きなメリットです。

見た目はヘルシオ グリエにそっくりですが、サイズは470(幅)×280(高さ)×405(奥行)mmと、ヘルシオ グリエの約1.7倍の大きさとなっています

外観サイズがヘルシオ グリエよりも大きくなった分、庫内サイズも約1.7倍にアップ。265(幅)×130(高さ)×240(奥行)mmなので、大皿やどんぶり、1合とっくりも入ります(形状によります)

過熱水蒸気による調理では、水タンクに入っている水が過熱水蒸気エンジンまで流れ、高温の水蒸気になって庫内に噴出する仕組み。なお、この過熱水蒸気エンジンは庫内容量26L、18Lのウォーターオーブン「ヘルシオ」(AX-AW400/AX-AP400/AX-CA400)と同じものとなります

いっぽうレンジ機能で加熱する際には、マグネトロンが振動してマイクロ波を発生させ、天面にある導波管から庫内の食材に放射されます

操作部もヘルシオ グリエ同様にシンプルな仕様となっています。過熱水蒸気の温度とレンジのパワー、時間を設定するボタンやダイヤルがあるのみ

過熱水蒸気には水が必須ということから、水タンクをセットすることで過熱水蒸気調理が選択されるようになっています。過熱水蒸気のボタンを押して、温度を「弱」180℃、「中」200℃、「強」250℃の3段階で変更可能

レンジ機能を使いたい時にはドアを開けるだけ。温度センサーが搭載されているので、「オート」でも的確なあたためができるそう。もちろん、ワット数(500W/600W/解凍200W相当)を指定することもできます

調理中に使用するトレイ(右)はセラミック素材となりました(ヘルシオグリエは金属素材)。セラミックの遠赤外線効果も調理に作用するようです。また、トーストなど裏面に焼き色を付けたいメニューのためにホーロー素材の焼き網(左)も付属

「ヘルシオ グリルレンジ」で調理したメニューを試食!

内覧会では、出来合いの惣菜や冷凍食品のあたため、パンの加熱が実際に行われ、できたてを試食することができました。今回は、いずれも過熱水蒸気による調理となります。

揚げ物を主とする惣菜のあたためは、過熱水蒸気の得意とするところ。さっそく、から揚げをあたため直してみました

過熱水蒸気の「中」(200℃)で6分ほど加熱し、調理完了。表面は焦げていませんが、食べてみると中が揚げたてのようにアツアツでジューシーさも復活していました

過熱水蒸気での加熱は脱油効果も望めるので、余分な油がトレイにたっぷり

過熱水蒸気での加熱は脱油効果も望めるので、余分な油がトレイにたっぷり

ホーロー焼き網に載せて食パンを焼くと(過熱水蒸気「強」で約4分)、裏面に格子模様の焼き目のついたトーストができました。サクサクと軽い食感で、クラスト(パンの耳の部分)がバツグンにおいしい!

焼くのが難しいと言われるクロワッサンも、ヘルシオ グリエは得意中の得意! ヘルシオ グリルレンジでも同様にふっくらでサクッと仕上がりました

冷凍の今川焼きは、電子レンジであたためると皮がベチャッとしてしまい、一般的なトースターでは表面が焦げて中は冷たいままとなりがち。しかし、ヘルシオ グリエレンジであたためると焼きたてのように表面サックリ、中はホクホクになりました

過熱水蒸気で加熱するとおいしさがアップしますよ、と教えてもらったのが、サンドイッチ。そのまま食べるよりもパンが格段にふわっとなり、カフェで出てくるホットサンド以上のおいしさに!

限られたメニューのみですが、ここまで試食した実感ではヘルシオ グリエとウォーターオーブン機能の実力は遜色ない印象。庫内容量が大きい分、庫内の温度を上げるための時間が少しかかり、加熱時間は少々長くなりますが、30秒程度なのでそれほど問題視しなくてもいいでしょう。そして、今回は試していませんが、ヘルシオ グリエにはないレンジ機能を使えば買ってきたお弁当や飲み物のあたためもできるので、これから購入するならヘルシオ グリエレンジのほうが省スペースでお得かも!

日本国内における電子レンジの普及率は2004年にほぼ100%に到達しています(出典:内閣府 消費動向調査)。そんな状況にあわせ、冷凍食品や惣菜の市場も伸長してきているので、レンジ機能はあったほうが便利でしょう

<関連記事>ヘルシオ グリエで調理できるメニューが知りたい人はレビューをチェック!

「ヘルシオ グリエ」の新モデルも登場

発売から1年が過ぎたタイミングで、ヘルシオ グリエも新モデル「AX-H2」が発売されます。機能や性能に変更点はありませんが、付属トレイにシリコンコーティングを施したり、ドアの内側をフラットに改良し、使いやすさを向上させました。

「ヘルシオ グリエ AX-H2」の市場想定価格は40,000円前後で、2017年11月30日発売予定。サイズは前モデルと同じで、412(幅)×218(高さ)×315(奥行)mmです

焼き網とトレイが付属。シリコンコーティングされたトレイは、油汚れも簡単に洗い流せるといいます
※第1世代のヘルシオ グリエでも別売品「YX-H1CT」(メーカー希望小売価格:2,000円/税別)を購入すれば、シリコンコーティングされたトレイが使えます

ドアの内側の部分が前モデルは凹んでいたのですが、新モデルにはガラスが装着されフラットに! パンくずなどが落ちても拭き取りやすくなりました

なお、ヘルシオ グリエ(左)とヘルシオ グリエレンジ(右)を並べたサイズ感はこのようになります。ヘルシオ グリエレンジが大きく見えますが、トースターと電子レンジの2役をかねると考えると十分省スペース!

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌の白物家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.22 更新
ページトップへ戻る