過熱水蒸気で焼けるトースターが欲しい!!

シャープ「ヘルシオ グリエ」を2週間使って感じた4つのイイところ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

トースターを持っていない筆者は、シャープ「ヘルシオ グリエ AX-H1」(以下、ヘルシオ グリエ)の購入を検討中。ヘルシオ グリエは同社のウォーターオーブン「ヘルシオ」同様に過熱水蒸気だけで調理する加熱方法を採用しながら、トースターサイズというところがグッときます。とはいえ、すでに30Lのオーブンレンジを所有しているので、購入したとしても使う機会はあるのだろうかという懸念も。そこで、ヘルシオグリエを2週間じっくり使い、“これはイイ”と思った実用度の高い4つの使い方をお伝えします。

構造をチェック!

イイところを紹介する前に、ヘルシオ グリエの基本構造を見ておきましょう。ヘルシオ グリエの最大の特徴は、“水で焼く”ウォーターヒート技術を採用していること。本格的な調理ができる庫内容量26L、18Lの「ヘルシオ」(AX-AP300/AX-MP300/AX-CA300)に採用されているものと同じ、過熱水蒸気を生成するエンジンを装備しています。つまり、サイズは小さいけれど加熱方法は従来からのヘルシオ同様! 減塩・脱油、栄養素を保持した調理もお得意というわけですね。ただし、オートメニューは搭載されていないため、加熱温度や時間は手動での設定となります。

<関連記事>ヘルシオ グリエのくわしい仕組みの解説は、内覧会の記事でチェック!

サイズは412(幅)×218(高さ)×315(奥行)mm。見える所に置いておきたくなるレトロポップなカラーとデザインもいい!

過熱水蒸気で調理するために毎回欠かせないのが水。天面にある水タンクを取り外し、水を入れて調理のたびにセットしましょう。セットすると電源がオンになる仕様なので、水の入れ忘れは防げそうですね

「弱」180℃、「中」200℃、「強」250℃の3段階から温度を選べます。加熱時間は最大15分まで

「弱」180℃、「中」200℃、「強」250℃の3段階から温度を選べます。加熱時間は最大15分まで

庫内サイズは259(幅)×76(高さ)×230(奥行)mmなので、一般的な食パンも2枚並べられますね。ちなみに、ヒーターが天面と底に搭載されていますが、庫内の温度をキープするために使われます。食材の加熱にはヒーターは利用せず、過熱水蒸気のみで調理

食材を乗せるためのトレイと焼き網が同梱されています

食材を乗せるためのトレイと焼き網が同梱されています

【ここがイイ1】常温も冷凍もいろいろなトーストがうまい!

筆者が一番求めているのは、トースターとしての実力。大きな庫内容量のオーブンレンジにはトーストに10分以上かかる製品もあり、筆者所有のものも同様です。トースターとしての活躍を期待しているので、いろいろなパンを焼いてみることにしました。通常の食パンやバターロール、お惣菜パンを試したほか、冷凍したパンの焼きにもチャレンジ! まずは、食パンの仕上がりをご覧ください。

温度設定や加熱時間の目安は付属のレシピブックで確認できますが、よく使うであろう調理については天面に明記されています。この温度や時間を参考にすれば、いろいろな料理に応用できるでしょう

筆者がホームベーカリーで作った小さめの食パンを加熱時間3分で焼いてみたところ、ちょっと縁が焦げてしまいました。一般的な食パンの1/2程度のサイズだったからかもしれませんが、このぐらい焼けているのが個人的には結構好み

外側はサクッと音がするほど軽いのに、中はふんわりやわらか! 筆者の子どもは、いつもトーストしたパンはまわりが硬いと嫌うのですが、ヘルシオ グリエでトーストしたものは「焼きたてのラスクのようでおいしい」と大好評。耳の部分だけお替りを要求されてしまいました(笑)

普通のトーストが最高の出来栄えだったので、スライスチーズを乗せて焼いてみることにしました。一般的なトースターの場合、チーズに覆われた部分の焼きが不十分ということが多いのですが、ヘルシオ グリエは一発で成功するのでしょうか。

チーズに焼き色はついていませんが、とろりとした溶け具合もバッチリ! チーズの下の部分もアツアツに焼けていました

続いては、一部が焦げてしまったり、加熱不足が起こりやすいバゲットとバターロールに挑戦。筆者はバゲット好きなので、厳しめで採点しますよ!(笑)

買ってから日が経ってしまい、ちょっと硬くなってしまったバゲットは、トーストしたらモチモチ感復活! バゲット好きが嵩じてフランス留学をした経験もある筆者ですが、これならフランス人にもおいしいと言ってもらえそう

写真を見ると焼く前の状態かと思われるかもしれませんが、トースト後です。バターロールは天面だけ真っ黒に焦げてしまうことがありますが、まるで成形したパンを焼きたてという感じの仕上がりになりました。外も中もふわふわ!

具材があったりパン生地にも油がたっぷりで、外は焦げやすいのに中が冷たいままになりがちな惣菜パンも焼いてみます。

具材がたくさん詰まっているやきそばパンは、どうしても中央部分がぬるくなります。しかし、ヘルシオ グリエで焼いたものはほぼ均一な温かさに! また、上部に出ているやきそばの水分が抜けてパサパサにもなっていないのが素晴らしい

常温保存のパンは種類を問わず上手に焼けたので、冷凍した食パンもトーストしてみます。解凍せずに焼けるとレシピブックに記載されていたので、カチカチのままセットしました。

常温の食パンと同じ加熱時間(3分)でトーストしたので焼き色はついていませんが、冷凍したとは思えないほどの食感に復活。レシピブックには冷凍の場合は30秒ほど加熱を長くするように記されていたので、キツネ色にしたい人は様子を見ながら時間を追加しましょう

【ここがイイ2】出来立てレベルに復活するあたため直しが見事!

過熱水蒸気で加熱するヘルシオ グリエは、あたためが得意! しかも、余分な油を落とす脱油効果があるので天ぷらや揚げ物をヘルシーにあたため直すことができます。さらに、過熱水蒸気は温度が低い食材に熱が多く届く特性があるので、温度帯が異なる食材を一緒に並べても上手に仕上げられるそう。これはウォーターオーブン「ヘルシオ」でも同じですが、ヘルシオ グリエには庫内温度を見張る温度センサーしか搭載されていません。それでもうまく焼きあがるのかを、まずは調査しましょう。

常温と冷凍のからあげを一度に加熱します。火加減「中」で約8分で加熱スタート!

常温からあげは熱々になりましたが、冷凍のほうはあたたかいけれど熱々ではない状態。温度帯が違い過ぎるものは、少し仕上がりに差が出るようですね。とはいえ、同じ温度帯のものは均一にあたためできていたので大満足です

いろいろな部位の焼き鳥も一度にあたためてみます。串に刺したままですが、大丈夫でしょうか。ちなみに、油が多く出るものはトレイにアルミホイルを敷くと片付けがラクになるのでおすすめです!

焼きたてのようにお肉がやわらかくほくほくになりました。脱油効果があるとはいっても、油が出過ぎてパサパサにはなっておらず美味。串は焦げることもなく、お肉だけ上手にあたためできています

冷めてしまったハンバーガーとポテトも復活してほしい! と、ヘルシオ グリエにセットしてみました。パンと揚げ物という異なる食材だけに、同時あたためがうまくいくのか少々不安。

加熱時間を延長し過ぎてしまい、少々ハンバーガーの天面が焦げてしまいましたが、ハンバーガーはバンズもお肉も熱々でチーズもトロトロに。ポテトも揚げたてのようにカリカリです

【ここがイイ3】ちょっとした焼きものも作れちゃう!

ヘルシオ グリエは買ってきたお惣菜のあたためだけでなく、焼く調理もできます。過熱水蒸気は水を使わない普通の熱風よりも約8倍の熱量を持っているため、食材の中心まで素早く加熱し、表面はカリッと焼きあげてくれるのでお肉や魚はおいしくできそうですよね。また、ノンフライのからあげや春巻きなども作ることが可能。さっそく、豪快に鶏もも肉1枚を使ったタンドリーチキン作りにトライしてみました。

スパイスに漬けた肉を火加減「中」で12分ほど焼き、仕上げで「強」で5分加熱。余分な油が外に出ているので、ヘルシーにいただけそうなのがうれしい! もちろん、必要な油は保持されているのでジューシーでやわらかなタンドリーチキンを楽しめました

一般的なトースターでも作ることの多い、グラタンにも挑戦してみましょう。具材はマカロニ、鶏肉、ブロッコリー、タマネギです。

ホワイトソースに焼き色がつき、見るからにおいしそう! 鶏肉がとてもやわらかく仕上がっているほか、野菜がシャキシャキで普段は野菜が苦手な子どもも「これなら食べられる」と好評でした

強い火力が求められる焼き物といえば、ギョウザ! 皮のもちもち感は残しつつ、こんがりと焼きあげることができるのでしょうか。

上のほうが焦げてきたので、取り出してみました。餡は熱々になっていたのですが、残念ながら底に理想的な焼き色はつかず。加熱に不足はないので、ヘルシーに仕上げたいならヘルシオ グリエでも十分でしょう

最後は、ノンフライの揚げ物をしてみます。衣の部分に油を少々つけ、ヘルシオ グリエで焼くだけ!

油で揚げたエビフライとまったく同じ味わいとはいえませんが、エビフライです! ほんの少ししか油を使わず、この完成度ならアリですね

【ここがイイ4】同時調理で時短クッキング!

「ここがイイ2」でお伝えしたように、過熱水蒸気は異なる温度帯も同時調理が可能。そこで、一度にワンプレート料理を作ってみることにしました。本当に同タイミングで仕上がるのかな……と半信半疑だったのですが、予想以上に見事にでき、この調理方法はクセになりそうです。最初のお手軽料理、マフィンのサンドウィッチをご覧ください!

マフィンと具材(キャベツをマヨネーズとカレー粉で和えたもの)、そして生卵をセット

マフィンと具材(キャベツをマヨネーズとカレー粉で和えたもの)、そして生卵をセット

卵の黄身が少し半熟な状態でストップし、マフィンに挟めばサンドウィッチが完成です

卵の黄身が少し半熟な状態でストップし、マフィンに挟めばサンドウィッチが完成です

上のサンドウィッチを応用して、丼ものを作ってみます。冷凍のからあげとほうれんそうを用意し、生卵と一緒に加熱しまみましょう。

からあげが冷凍なので、卵に火が通り過ぎてしまうかも……

からあげが冷凍なので、卵に火が通り過ぎてしまうかも……

半熟の黄身にはならなかったものの、からあげ丼が約8分で完成。トロトロの黄身にするには、卵だけ先に取り出すといいのかも!

もう少し手料理感を出してみましょう。といっても、カットした野菜と切り身の鮭を並べただけ!

食材を並べて、醤油と料理酒を適当にかけただけで準備完了

食材を並べて、醤油と料理酒を適当にかけただけで準備完了

お手軽料理なのに、お皿に盛りつければ立派な一品に! 野菜がみずみずしくておいしい

お手軽料理なのに、お皿に盛りつければ立派な一品に! 野菜がみずみずしくておいしい

まとめ

庫内容量の大きいオーブンレンジはいろいろな調理が行えるので魅力的ですが、設置場所の問題や、そこまでの機能は不要という人もいます。でも、栄養素を残した減塩・脱油できる「ヘルシオ」はほしい……と感じているならば、ヘルシオ グリエをチョイスして損はしないでしょう。ヘルシオと同じ過熱水蒸気発生のエンジンを搭載しているヘルシオ グリエは、ヘルシオ同等の仕上がりを期待してもらってOK。オートメニューがないので、火加減や加熱時間を調整する自分の技量が影響することはありますが、そこはトースターと似たようなもの。慣れれば、むしろ手動でできるほうが手軽でいい! 筆者が使う前に期待していたパンの焼きあがりも上々ですし、なによりお惣菜のあたためは表面と中の仕上がり具合のバランスが最高でした。また、子どもでも使える簡単さもありがたい。価格は30,000円強(2016年10月11日時点の価格.com最安値)とトースターとしては少々高めですが、使いやすさと仕上がり具合を総合すると普通のトースターよりもヘルシオ グリエを選びたいですね。きっと、朝も夜も使ってしまうので、間違いなくもとは取れそうです!

神野恵美

神野恵美

雑誌記者・編集者などを経て、2004年に渡仏。2006年に帰国後はさまざまな媒体において、家電をはじめ“ライフスタイル”的切り口で多ジャンルの記事を執筆。

製品 価格.com最安価格 備考
ヘルシオ グリエ AX-H1 32,799 トースターサイズの「ヘルシオ」
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.1.19 更新
ページトップへ戻る