レビュー
おいしく、ゆるく続ける「糖質制限」

糖質を33%カット!「糖質カット炊飯器」で炊いたごはんはおいしいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、大ブームを呼んでいる糖質制限ダイエットでは、糖質の多い「ごはん」は、敬遠される食品のひとつです。しかし日本人たるもの、ごはん断ちは辛いもの。そんな糖質制限ダイエッターの強い味方になってくれそうのが、サンコー「糖質カット炊飯器 LCARBRCK」(以下、糖質カット炊飯器)です。なんでも、いつものお米をそのまま炊くだけで、糖質を3割もカットできるそう。でも、そんなウマイ話があるのでしょうか? そこで、糖質カット炊飯器で炊いたごはんを、実際に食べてみました。

本体サイズは280(幅)×400(奥行き)×330(高さ)mm で、重さは6.9kg(重さ)。6合炊きで、炊飯時の消費電力は860W

炊飯は「低糖質炊飯」のみだが、「蒸し調理」や「あたため」が可能

糖質カット炊飯器に搭載される炊飯モードは「低糖質炊飯」のみで、炊き上がりは「やわらかめ」〜「かため」の5段階で調節ができます。また、最大24時間のタイマー予約炊飯が可能。製品の公式サイトによると玄米も炊けるそうですが、玄米専用モードはありません。その代わりと言ってはなんですが、蒸し調理や、あたため調理の機能が搭載されています。

炊飯器としては非常に巨大で、5合炊き炊飯器(左)と比べると倍ほどの高さ

炊飯器としては非常に巨大で、5合炊き炊飯器(左)と比べると倍ほどの高さ

操作部は「低糖質炊飯」「蒸し肉調理」など、モードごとにボタンが用意されています。ボタンの数は多いものの、操作に迷うことはなさそう

水に溶け出た糖質を排出することで、糖質をカット!

低糖質ごはんを炊いてみる前に、「糖質カット炊飯器」が糖質をカットできる仕組みをチェックしましょう。一般的な炊飯器のように、釜を加熱して水の温度を上げ、米を煮るところまでは同じです。異なるのは、米を煮ることで糖が溶け出した湯を下部の排水タンクに排出すること。水がなくなった釜には新しい水が注がれ、その後は蒸すように炊飯するという仕組みです。肉をゆでる時でも、サッと湯がいてその湯を捨て、余計な脂を落として雑味を取ることはよくありますが、それと同じことを米で行うイメージですね。

糖質カット炊飯器の炊飯イメージ。メーカー公式サイトより引用

糖質カット炊飯器の炊飯イメージ。メーカー公式サイトより引用

釜は、外釜と内釜に分かれています

釜は、外釜と内釜に分かれています

内釜には、糖が溶け出した水を排出できるよう、穴が空いています。ちなみにこの穴、米が抜け落ちてしまうほどのサイズではないので、この内釜で米を研いでも大丈夫です

外釜にある3本の脚のうちの2つに穴が空いていて、そこから糖を含んだゆで汁を排出

外釜にある3本の脚のうちの2つに穴が空いていて、そこから糖を含んだゆで汁を排出

糖を含んだゆで汁は、本体下の排水タンクに溜まる仕組み

糖を含んだゆで汁は、本体下の排水タンクに溜まる仕組み

フタ裏中央にあるのが、注水口。ゆで汁を排出したあと、ここからきれいな水が注がれます

フタ裏中央にあるのが、注水口。ゆで汁を排出したあと、ここからきれいな水が注がれます

低糖質ごはんを炊いてみよう!

それではいよいよ、低糖質ごはんを炊いてみましょう。比較のために、普通の炊飯器でもごはんを炊き、味や見た目を比べてみました。今回使用した銘柄は、山形県産の「はえぬき」。冷めてもおいしいことが特徴で、コンビニのおにぎりや弁当で1番多く使われている品種だそうです。今回は3合を「ふつう」で炊いてみました。水加減にもよるそうですが、「ふつう」の場合、炊飯時間は約35分なので、通常の炊飯よりかなり早いです。

先に外釜をセットして水を入れます。湯を排出して再度注水という構造上、通常の炊飯器よりも多めの水が必要になります

外釜に水を入れる時に困ったのが、内部の目盛り。非常に刻印が薄く、見えにくいです。下のほうに蒸し料理水量線があるのですが、ほぼほぼ見えない……

研いだ米を入れた内釜を、外釜にセットします

研いだ米を入れた内釜を、外釜にセットします

これで準備完了

これで準備完了

「炊飯メニュー」でごはんの炊き上がりを選択し、「低糖質炊飯」ボタンを押せば炊飯がスタート

「炊飯メニュー」でごはんの炊き上がりを選択し、「低糖質炊飯」ボタンを押せば炊飯がスタート

通常、ボタンを押すと「ピー」という音が鳴るなどのリアクションがあるものですが、糖質カット炊飯器は無音。液晶のアイコンが動き出したことではじめて、炊飯が開始されたことがわかります。炊飯の最中はカンカンと金属的な音がしますが、これは外釜の突起部分にある弁をボールでふさいでおり、その部分が上下する音なのだそう。炊飯時にボールが上に上がり、水をタンクに排出します

炊飯が終了すると、ブザーが4回鳴って知らせてくれるので、10〜15分蒸らしてからふたを開けます。最近の炊飯器は、蒸らしも完了したタイミングでブザーを鳴らすことが多いので、間違えないように注意しましょう。炊飯終了後は自動で保温状態に切り替わり、24時間経過後、電源がオフになります

炊き上がり。どこからどう見ても普通のごはん。これで糖質カットなのでしょうか

炊き上がり。どこからどう見ても普通のごはん。これで糖質カットなのでしょうか

こちらは、比較用に一般的な炊飯器で炊いたごはん。見た目だけでは区別がつきません

こちらは、比較用に一般的な炊飯器で炊いたごはん。見た目だけでは区別がつきません

糖質カット炊飯器の排水タンクを見ると、白濁した液体が。これが糖か……。米のとぎ汁のような色合いで、味もそんな感じ。ちなみにこの排水タンクのふたは固く、開けるのに非常に苦労しました

内釜はコーティングされていないので米粒がくっつきやすく、一般的な炊飯器に比べるとお手入れがややめんどうです

炊き上がった時の外釜はこんな状態。思ったより汚れておらず、片付けが楽です

炊き上がった時の外釜はこんな状態。こちら思ったより汚れておらず、汚れも落ちやすいので片付けが楽です

スッキリしているものの、非常においしい低糖質ごはんの味わい

糖質が3割もカットされているので、ポソポソになるのではないかとあまり期待していなかった低糖質ごはんですが、実際に食べてみると普通においしい。甘みもしっかりありつつスッキリとした味で、一般的な炊飯器で炊いたごはんよりも上品な味わいになった気さえします。これで糖質カットなら言うことなし! ただ、「ふつう」モードで炊いたわりには、少しやわらかめに感じました。

一般的な炊飯器で炊いたごはんは、低糖質ごはんと比べると、気のせいか重く感じました。個人的には、低糖質ごはんのスッキリした甘みが新鮮なせいか、低糖質ごはんのほうがおいしく感じてしまったくらい。実際、ゆで汁を一度捨てるという方式は、通常の煮込み料理でも素材の味をシャープにする効果があるわけで、高級感を出すためにもよい方法なのではないでしょうか。

右が低糖質ごはん。左が普通のごはん。糖質カット炊飯器の方がやわらかめに炊き上がっているのですが、それは炊き上がりの基準がメーカーで違うだけのような気がします

低糖質ごはんは、時間が経ってもおいしく食べられる?

ごはんはいつも炊きたての状態で食べるわけではありません。低糖質ごはんを冷蔵、冷凍などで保存し、おいしく食べることができるのか検証してみました。

タッパーで半日冷蔵庫保存

タッパーに入れて冷蔵庫で半日保存し、いわゆる「冷や飯」状態で食べてみました。炊いたごはんなどに含まれる糖質(でんぷん)は、冷やすことで「レジスタントスターチ」という食物繊維と同じようなはたらきをする物質に変化することが知られており、普通のごはんよりも血糖値の上昇がおだやかになります。それをこの低糖質ごはんで実現できるなら、3割以上の糖質カットが可能ということに!

実際に食べてみたところ、もともと冷やしてもおいしい「はえぬき」米を使ったせいもあるかもしれませんし、半日程度しか経っていないということもあるのでしょうが、これも普通においしい。

左が通常炊飯器、右が低糖質ごはん。しっかり米の甘みを感じられたのは、むしろ低糖質ごはんのほうでした

左が通常炊飯器、右が低糖質ごはん。しっかり米の甘みを感じられたのは、むしろ低糖質ごはんのほうでした

おにぎりにして半日保存

お弁当としておにぎりを持っていった時も味には問題なし。半日保存後もしっかりと形を保ったままで、ポロポロ崩れることもなく、おいしく食べられました。

左が通常炊飯器で炊いたごはん、右が低糖質ごはん

左が通常炊飯器で炊いたごはん、右が低糖質ごはん

冷凍保存→解凍

冷凍して、解凍したごはんは味が落ちる。それは通常炊飯でも低糖質ごはんでも同じですが、取り立てて糖質カットだから味が落ちるというわけではありません。十分おいしいです。

左が通常炊飯器で炊いたごはん、右が低糖質ごはん

左が通常炊飯器で炊いたごはん、右が低糖質ごはん

チャーハン

冷凍保存していた糖質カットごはんを解凍して、チャーハンを作ってみました。通常、解凍した冷凍ごはんを使用したチャーハンはダマになりやすいのですが、糖質カットごはんの場合は、米の一粒ひと粒がほぐれたチャーハンに仕上げることができました。粘りのもととなる糖(デンプン質)が落とされているからでしょうか。

もちろん、味は通常のごはんを使用したものとほとんど変わりません

もちろん、味は通常のごはんを使用したものとほとんど変わりません

次のページでは、玄米の炊飯や蒸し調理に挑戦してみました!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る