夏のレジャーや飲み会に、あったら便利

【動画あり】最速6分! 405「新型高速製氷機」が氷を作る様子が楽しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者には、昨年から気になる製品がある。405「新型高速製氷機 imcn01」だ。なんでもこれは、なんと最速6分で氷を作ってしまう製氷機らしい。1人暮らしで、家に人が集まる機会や、自宅でカキ氷を作ることはほぼなく、近くにコンビニや深夜営業のスーパーがある生活をしている筆者は、「困った! 大量の氷が今すぐ必要だ」というシチュエーションになることはまずないのだが、6分で氷ができる様子を、どうしても見てみたいのだ。

小さくて薄いけど、本当に6分で氷ができた!

実際に氷を作りながら、製品をチェックしていこう。「新型高速製氷機」の使い方は実に簡単で、本体のタンクに水を注いでボタンを押すだけだ。ただし、製氷に使用できるのは水道水のみ、塩素消毒されていないミネラルウォーターや井戸水、ジュース類などは投入できないので注意したい。

本体サイズは242(幅)×358(奥行)×328(高さ)mmで、パッと見は炊飯器風。重量は約9kgとそこそこ重い

本体サイズは242(幅)×358(奥行)×328(高さ)mmで、パッと見は炊飯器風。重量は約9kgとそこそこ重い

フタを開けるとできた氷を溜めておくバスケットが現れ、それを外した下がタンクになっている。ボトルタイプではなく、直接水を注ぐだけなので手軽だ

容量は約2.2Lだが、実際に水を入れるのはその7割程度までと推奨されている

容量は約2.2Lだが、実際に水を入れるのはその7割程度までと推奨されている

水を注いだら、アイスバスケットを元の位置に戻してフタを閉める。窓があるので、氷のできる様子やバスケット内の氷の量を確認することができる。製氷中もフタを開けることはできるが、庫内の温度が上がるので、なるべく避けたい

氷の大きさは直径約2cmのSサイズと、直径約2.5cmのLサイズの2種類から選べる。説明書によると、最初は庫内や投入した水の温度が高いため、Sサイズを指定すると薄い氷しかできないらしい。が、どうしても6分で氷ができるところを見てみたい。ということで、まずはSサイズを指定してみることにした。

電源を入れ、セレクトボタンでサイズを指定すれば製氷がスタート。氷のサイズは途中で切り替えることもできる

電源を入れ、セレクトボタンでサイズを指定すれば製氷がスタート。氷のサイズは途中で切り替えることもできる

ここで、本機ですばやく氷ができる仕組みについて簡単に解説しておこう。ポイントとなるのは、本体上部についている冷却棒だ。電源を入れると、この冷却棒が約1分で−10℃まで冷却される。これを水につけることで、冷却棒のまわりの水だけを冷やして固めるという仕組みだ。そのため、氷は中央に空洞があるものになる。

冷却棒は9本あるので、1ターンでできる氷は9個

冷却棒は9本あるので、1ターンでできる氷は9個

運転を開始すると、冷却棒の下に水が流れ込む。ここから目立った動きはないが、約6分後、最初の氷ができた! 冷却棒の下の水がいったん引き、氷が落とされる。落ちた氷がアイスバスケットに押し出される仕組みになっている。

冷却棒が冷却され、冷却棒に触れている水が凍っていく。冷却棒にも霜のようなものが付つ

冷却棒が冷却され、冷却棒に触れている水が凍っていく。冷却棒にも霜のようなものが付つ

約6分後、下の水が一度タンクに戻されるとできあがった氷が姿を現し、下に落とされる

約6分後、下の水が一度タンクに戻されるとできあがった氷が姿を現し、下に落とされる

落ちた氷がバスケットに押し出される

落ちた氷がバスケットに押し出される

最初にできる氷は透明度が高く、厚みが薄い

最初にできる氷は透明度が高く、厚みが薄い

説明書に書いてあったとおり、最初にできた氷は小さく薄く、すぐに解けてしまいそうだ。だが、2回、3回と運転を続けるごとに氷は徐々に大きくなり、4回目でほぼ規定のSサイズにできあがった。

回数を重ね、4回目でほぼ規定のサイズにできあがった

回数を重ね、4回目でほぼ規定のサイズにできあがった

4ターン目終了(約24分経過)時点でのバスケットの中身をコップに出してみた。グラス4杯分程度の量はあるだろう

4ターン目終了(約24分経過)時点でのバスケットの中身をコップに出してみた。グラス4杯分程度の量はあるだろう

ここで、氷ができる様子を動画でご確認いただこう。なお、動画は本体に目立った動きの見られない時間(35秒〜1分5秒辺り)を20倍速処理してある。氷が冷却棒から外れ、ぽろぽろと落ちてくる様子が見ていて楽しい。運転音は静かな部屋では多少気になるかもしれないが、テレビの視聴や会話の妨げになるほどではない。

サイズを切り替えて、Lサイズも作ってみた。全体の厚みが増した分、サイズも大きくなっている。

Lサイズを指定した場合、1ターンに約12分ほどかかる

Lサイズを指定した場合、1ターンに約12分ほどかかる

約2時間で、氷はバスケットいっぱいに

そのまま2時間運転させてみたところ、コップにたっぷり4杯分ほどの氷ができた。ちなみに1日に製氷できる氷の量は約12kgだという。コンビニなどで買える1kgの氷の袋が12個分できるということになるので、家庭用としては十分すぎる。キャンプや釣りに持っていくクーラーボックスを埋めるのにも不自由しないはずだ。

2時間運転後の結果。ちなみに、製品に保冷機能はない。できた氷や冷えた水がその役割をするので、継続して運転させる場合は、できた氷をバスケット内に残しながら使用したほうがよいという

2時間の駆動で、コップに約4杯分の氷ができた。飲み物が入ったグラスなら、10杯ほど対応できるだろう。氷は中が空洞になっているため、ドリンクに入れた時に液体と接する面積が広く、早く冷えるという

「新型高速製氷機」でたくさん氷を作って、好きなだけカキ氷を楽しみたい! という人もいるのではないだろうか。しかし、「新型高速製氷機」で作った氷は、冷蔵庫の製氷器で作ったものよりもやや水っぽくやわらかそうな印象だ。この氷でちゃんとカキ氷が作れるのだろうか? 試してみると、多少水分が多めながら、こんもりと山を作ることができた。

冷蔵庫の製氷機で作った氷のように表面が粉っぽくなく、ややメルティ

冷蔵庫の製氷機で作った氷のように表面が粉っぽくなく、ややメルティーだが……

カキ氷はふわふわではなく、春の雪のような水を含んだ仕上がり。食感はじゃりじゃりとしているが、家庭で涼をとるために食べるには十分だ

まとめ

期待したとおり、「新型高速製氷機」が氷を作る様子を見ているのは楽しい。その様子を興味深く見ているうちに、大量の氷ができている! というエンターテインメント性の高い製品だ。早く氷が欲しいという時はもちろん、1日に約12kgの氷を作ることができるので、地域の幼稚園や小学校の模擬店などで飲み物を冷やしたり、レジャーの際にクーラーボックスに入れるなど、大量の氷が必要な時に役立ちそうだと感じた。

「新型高速製氷機」の価格は、\19,796円(2016年8月1日時点の価格.com最安価格)と決して安くはない。コンビニで氷が1kg200円程度とすると、100回分近くになる計算だ。氷の金額で元を取りたいと考えると少々厳しい気がするが、「こういったマシンの動きを見ているのが大好き」というガジェット好きの人にとっては、「新型高速製氷機」をかたわらに置いて、製氷の様子を見ながら酒を飲むというのもオツな気がする。

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

製品 価格.com最安価格 備考
imcn01-red [レッド] 18,216 最速6分で氷を作る製氷機
imcn01-whi [ホワイト] 18,216 最速6分で氷を作る製氷機
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.4.27 更新
ページトップへ戻る