電卓なのにボクシングや占いが楽しめる?

1980年代に人気を博したゲーム電卓も! カシオが「電卓の日」を記念した特別展示

このエントリーをはてなブックマークに追加

カシオ計算機は2017年3月21日から5月10日まで、樫尾俊雄発明記念館(東京都世田谷区)にて、歴代の関数電卓やゲーム電卓、電子辞書、英会話学習機の特別展示を開催する。入場は無料だが、事前にWebサイトからの予約が必要となる。報道関係者向けに先行公開が行われたので、その様子をレポートしたい。

社団法人日本事務機械工業会(現・ビジネス機械・情報システム産業協会)によって選定された「電卓の日」(3月20日)を記念して、カシオは樫尾俊雄発明記念館にて「学びと遊びの電卓・電子辞書展」を開催。期間は3月21日から5月10日(写真は通常展示の様子)

1981年発売のゲーム電卓「BG-15」(当時の価格は6,200円)。電卓でありながら、アニメーション表示でリアルさを追求したボクシングゲームが楽しめる

目玉は触れて遊べるゲーム電卓!?

「学びと遊びの電卓・電子辞書展」と名付けられた本イベントは、3月20日の「電卓の日」とカシオ計算機創立60周年を記念したもの。関数電卓や電子辞書だけでなく、1980年代に人気を博したゲーム電卓も展示される。電卓技術で「遊び」を表現したゲーム電卓は、月産30万台のヒット商品となり、ご存知の方も多いのではないだろうか。1980年に発売した最初のゲーム電卓「MG-880」は、右から攻めてくる数字を、数字で表した砲台で撃ち落とすシンプルなシューティングゲームだった。翌年には、アニメーション表示のボクシングゲーム電卓「BG-15」を発売。パンチキー(.キー)、アップダウンキー(=キー)、スウェイキー(+キー)の3つを使って、フライ級からヘビー級まで10階級、100人との対戦ができた。その後も、占いができる「FT-7」、囲碁ゲームの「TG-2」、パチンコゲームの「PG-200」、ベースボールの「BB-9」など、さまざまな製品を投入した。

このゲーム電卓、中身は普通の電卓と同じチップを使用しており、表示するものが違うだけ。そのため、当時の開発陣は、数字をキャラクターに見立てたり、液晶表示と印刷を上手に使い分けるなど、厳しい制約の中で知恵を絞ったのだという。その後、1982年に電卓機能を省いた携帯ゲーム機を発売し、月産30万台の規模まで成長したものの、競争の激化に伴い開発は中止に。80年代後半にはゲーム電卓の生産も終了し、電卓は原点である「計算」を追求していくことになる。

1981年発売の占いを楽しめるFT-7(当時の価格は6,500円)。統計理論から導き出されたバイオリズム理論に基づいた運勢占いと相性占いができる。結果は別紙で確認する仕様だったという

1984年に発売された囲碁ゲーム電卓のTG-2(当時の価格は9,800円)

1984年発売の囲碁ゲーム電卓のTG-2(当時の価格は9,800円)

1983年に発売されたパチンコゲーム電卓のPG-200(当時の価格は5,900円)

1983年に発売されたパチンコゲーム電卓のPG-200(当時の価格は5,900円)

1981年発売の「MG-777」(当時の価格は6,200円)。ルービックキューブのような数合わせるものなど3種類のゲームが楽しめる

カシオの携帯ゲーム機「シャトルボンバー」。ヘッドホンが付属し、ラジオも楽しめた

カシオの携帯ゲーム機「シャトルボンバー」。ヘッドホンが付属し、ラジオも楽しめた

同社が得意とする関数電卓も歴代のモデルが多数展示される。国内で関数電卓を利用しているのは理数系の大学生やエンジンニア、研究者などに限られるが、海外に目を向けると少し状況が違う。試験に関数電卓を持ちこむのが許可されている国が多く、入学時期には日本のランドセルのように関数電卓が店頭にずらりと並ぶのだという。カシオでは世界の16の地域で、数学授業対応の専用機52モデルを展開している(カラーバリエーション含む)。なお
国内では、次期学習指導要領でプログラミング教育が必修化されるのを受けて、関数電卓の需要が高まると見込んでいるという。

1974年発売の関数電卓「fx‐10」

1974年発売の関数電卓「fx‐10」

1974年に発売した手帳サイズの「FX-502P」

1974年に発売した手帳サイズの「FX-502P」

1996年に発売した電子辞書「EX-word」の1号機「XC-500」

1996年に発売した電子辞書「EX-word」の1号機「XC-500」

懐かしのゲーム電卓で遊ぶもよし、関数電卓の歴史に触れるもよし。興味のある方はぜひ足を運んでみてほしい。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
イベントレポート最新記事
イベントレポート記事一覧
2017.3.23 更新
ページトップへ戻る