いいモノ調査隊
100円で買える格安サイクルライト&ホルダーははたして使えるのか?

スポーツ自転車乗り御用達! 100円で買えるサイクルライト

ナックル末吉です。筆者はクロスバイクという自転車に乗っているのですが、この手のスポーツ自転車は標準でライトが装着されていないため、公道を走行するためには、別途ライトの装着が必要になります。

もちろん、自転車用の後付けライトは各自転車アクセサリーメーカーから多数ラインアップされているのですが、そこそこのお値段がします。1日で100kmも走行しちゃうようなガチのチャリンカーならいざ知らず、筆者のように近所をウロチョロするだけのくせにスポーツチャリに乗っている弱虫な人は、そこまで高価なライトは不要です。

実は筆者も以前は2,000円くらいする自転車用のライトを装着していたのですが、不届き者に盗まれてしまいました。それも2回も! なんとも世知辛い世の中ですよねぇ。そんな災難にも負けずに性懲りもなく3台目のライトを装着しているのですが、もし再度盗まれたときのことを考えると、戦慄(せんりつ)の日々を送っています。

実際には、自転車用のライトは取り外しが可能なため、自転車を離れる際は取り外して持ち歩けば盗まれずに済むのですが、「ちょっと買い物するだけだから大丈夫だろう」とたかをくくったときに事件は起きるものでして、2度も憂き目にあっています。

盗難にあうと、実質的な損害もそうなんですが、もし夜間に盗まれた場合には、無灯火走行になってしまうので、自転車を押して歩くハメになりやっかいです。

そこで今回ご紹介するのが、予備にも最適な格安のライトホルダーです。このライトホルダーは100円ショップなどに売っている懐中電灯を挟める構造になっており、合計200円強で自転車にライトが搭載できることになります。

パッケージに内包されているものはコレだけ。まさに本体のみ!

パッケージに内包されているものはコレだけ。まさに本体のみ!

自転車のハンドルに装着するためのクランプと懐中電灯を挟むためのホルダーです

自転車のハンドルに装着するためのクランプと懐中電灯を挟むためのホルダーです

懐中電灯は100円ショップで売っている108円の製品を使います

懐中電灯は100円ショップで売っている108円の製品を使います

懐中電灯を挟むとこんな状態

懐中電灯を挟むとこんな状態

ライトを点灯してみました。む? ぐっと雰囲気がでましたね

ライトを点灯してみました。む? ぐっと雰囲気がでましたね

さて、私の愛車を実験台に装着してみましょう。実は3台目となる自転車用のライトが装着済みだったり

さて、私の愛車を実験台に装着してみましょう。実は3台目となる自転車用のライトが装着済みだったり

クランプのネジは、手で回せるようになっています。工具いらず!

クランプのネジは、手で回せるようになっています。工具いらず!

さて、ネジを外してこの状態にします。また、ライトのホルダーは首が回転するので、ハンドルに合わせてこの向きにセットします

さて、ネジを外してこの状態にします。また、ライトのホルダーは首が回転するので、ハンドルに合わせてこの向きにセットします

クランプをハンドルに挟んだら、ネジを回して締めていきます

クランプをハンドルに挟んだら、ネジを回して締めていきます

ホルダーを装着したら、懐中電灯を挟んでみます

ホルダーを装着したら、懐中電灯を挟んでみます

前方からの画像。懐中電灯が赤メタリックというのもカッコよさを上げる秘訣です!

前方からの画像。懐中電灯が赤メタリックというのもカッコよさを上げる秘訣です!

ライトを点灯してみました! うーむ。カッコイイ!

ライトを点灯してみました! うーむ。カッコイイ!

このライトホルダーと懐中電灯の組み合わせのポイントは、両方合わせても200円強で買えるという点と、工具なしで装着できる点がすばらしいです。普段から常用してもいいのですが、万が一の盗難や故障の際の予備としても、サッと取り付けができるため、便利です。また、ホルダーだけ取り付けておいて懐中電灯は最寄りの100円ショップで購入するという手段も有効ですし、100円と安価なので数本ほどストックしておいて、トラブルに備えるというのもアリですね!

なお、夜間の公道を走行する場合、取り付けるライトの明るさは、各都道府県で定められている要件を満たしている必要があります。今回ご紹介したような前照灯の明るさについては、前方5mまたは10mの距離にある障害物を確認できること、という決まりがあります(距離の定めは各都道府県による)。お住まいの地域の要件を満たす明るさのライトかどうかをご確認のうえご使用ください。

ナックル末吉

ナックル末吉

スマホ、パソコン、家電などのガジェット系記事を執筆するモノ系ライター。それ以外にもハイレゾオーディオや文房具、バイク、食レポなどについても執筆するため「節操がないのが持ち味」と豪語する。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
自転車のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る