新製品レポート
初のDolby Atmosイネーブルドスピーカーやフォノイコ内蔵2chアンプも!

ソニーからエントリーAVアンプなどコンポーネントオーディオの新製品が一挙登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月3日、ソニーからコンポーネントオーディオの新製品が一挙発表された。今回発表されたのは、AVアンプ2機種、2chアンプ1機種、Dolby Atmosイネーブルドスピーカー1機種。いずれも、昨今のオーディオシーンを反映したモデルに仕上がっている。

ネットワーク機能を省いてコスパを高めたエントリー向けAVアンプ「STR-DH790」「STR-DH590」

AVアンプの新製品として発表されたのは、「STR-DH790」「STR-DH590」の2機種。発売日は「STR-DH790」が6月16日、「STR-DH590」が4月21日で、価格は「STR-DH790」が44,500円、「STR-DH590」が33,500円(いずれも税別)となっている。

もともとこの価格帯には7.1ch対応の「STR-DH770」がラインアップされていたが、「STR-DH770」の後継モデルとして「STR-DH790」をラインアップしたほか、新たに下のクラスに5.1ch対応の「STR-DH590」を投入しラインアップを拡充させることで、リビングルームのテレビサイドで使うエントリーユーザー層にもアプローチしていくという。なお、7.1chの「STR-DH770」は、「Dolby Atmos」「DTS:X」といった昨今のAVアンプのトレンドであるオブジェクトベースのサラウンドフォーマットをサポートしており、7.1ch構成や5.1.2ch構成の本格的なサラウンド環境を構築できるが、「STR-DH590」は非対応となっている。

7.1ch対応AVアンプ「STR-DH790」

7.1ch対応AVアンプ「STR-DH790」

「STR-DH790」の背面

「STR-DH790」の背面

5.1ch対応AVアンプ「STR-DH590」

5.1ch対応AVアンプ「STR-DH590」。フロント部分のデザインは型番以外「STR-DH790」と共通だ

「STR-DH590」の背面

「STR-DH590」の背面

自動音場補正機能は、「STR-DH590」が「D.C.A.C(デジタル・シネマ・オート・キャリブレーション)」、「STR-DH770」が「D.C.A.C」の基本機能に31バンドのグラフィックイコライザー補正機能を追加した「アドバンストD.C.A.C.」となっている。独自のデジタル音場処理技術で、フロントスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現する「S-Force PROフロントサラウンド」は両モデルとも搭載する。

自動音場補正機能で使用する付属マイク

自動音場補正機能で使用する付属マイク

専用リモコン

専用リモコン

ネットワーク機能は、Google「Chromecast」やAmazon「FireTV Stick」といった小型のメディアプレーヤーが普及してきたこともあり、コストパフォーマンスを高めるために省略。いっぽうで、こういった小型のメディアプレーヤーを接続するときに問題となるUSB給電の配線の課題を解決するため、背面に電源供給専用のUSBパワーサプライポート(5V/1A)を新たに搭載している。また、両モデルともNFCとBluetooth機能を搭載し、NFC対応スマートフォンやウォークマンに保存されている音楽をワイヤレスで手軽に楽しめるようになっていることもあり、USB接続によるウォークマンのダイレクト再生は非サポートとなっている。

電源供給専用のUSBパワーサプライポートを搭載

電源供給専用のUSBパワーサプライポートを搭載

本体外観は共通で、本体サイズは約430(幅)×133(高さ)×297(奥行)mm。Xエンボスデザイン採用の新FBシャーシを採用し、高い剛性を維持しつつ、さらなる小型化を実現。高さを133mmに抑えたことで、ラックの高さがあまりないようなローボードにも収納できるようになっている。HDMIは入力4系統、出力1系統。HDMI入力は、4Kパススルー、18Gbps、4K/60p 4:4:4(8bit)までの映像信号に対応。HDRは、HDR10、HLG、Dolby Visionに対応する。

レコードプレーヤーとの組み合わせに最適! フォノイコ内蔵2chアンプ「STR-DH190」

「STR-DH190」は、MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵しており、レコードプレーヤーと組み合わせて簡単にレコードを楽しめる2Chアンプ。ソニーとして久々の2chアンプで、昨今のアナログレコードと組み合わせて手軽に使える製品を目指して開発したという製品ということもあり、価格はなかなか手ごろな24,500円(税別)となっている。

2chアンプ「STR-DH190」

2chアンプ「STR-DH190」

1系統のフォノ入力や4系統のアナログRCA入力に加え、Bluetooth機能も備えており、スマートフォンやウォークマン内蔵の音源なども手軽に楽しめるようになっている。レコードを聴くのに便利な、レコードプレーヤーの音量を0〜+6dbの範囲で調整できる「フォノボリュームオフセット」も備えている。

本体サイズ約430(幅)×133(高さ)×284(奥行)mm。スピーカー出力端子は2系統で、AorB、A+Bの切り替えにも対応する。発売日は4月21日だ。

「STR-DH190」の背面

「STR-DH190」の背面

CSシリーズとの組み合わせに最適なDolby Atmosイネーブルドスピーカー「SS-CSE」

「SS-CSE」は、同社初となるDolby Atmosイネーブルドスピーカーだ。パッケージは2本ペア。発売日は4月21日で、価格は24,500円となる。

型番からも分かるとおり、CSシリーズとデザインや音響思想などを統一したモデルで、スピーカーユニットは、CSシリーズでおなじみの独自の「MRC(発泡マイカ)」素材を振動板に採用した100mmのフルレンジ1発構成となっている。

Dolby Atmosイネーブルドスピーカー「SS-CSE」

Dolby Atmosイネーブルドスピーカー「SS-CSE」

なお、Dolby Atmosイネーブルドスピーカーと銘打っているが、一般的なフルレンジスピーカーとして壁掛け配置などにも対応するという。付属品として、CSシリーズのトールボーイスピーカー「SS-CS3」の上や壁掛けなどに対応する専用の取り付けユニットを同梱する。

本体重量がそこそこあるので、壁側にある程度の強度が求められるが、専用取り付けユニットを使うことで、壁掛け設置にも対応する

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る