今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2020年3月9日〜15日)

【今週発売の注目製品】4Kチューナーを内蔵した全自動ディーガ「DMR-4X1000」が登場

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、パナソニックの全自動ディーガ「DMR-4X1000」や、シャープのSIMフリースマートフォン「AQUOS zero2 SH-M13」、サムスンの完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+」を紹介する。

パナソニック「DMR-4X1000」「DMR-4X600」

2020年3月13日(金)発売

パナソニックから、4Kチューナーを内蔵したブルーレイレコーダー「全自動ディーガ」として、11チューナー/10TBモデル「DMR-4X1000」と7チューナー/2TBモデル「DMR-4X600」が登場する。

国内市販の全自動モデルのブルーレイレコーダーとして初となる、4Kチューナーを内蔵したのが特徴。新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載し、新4K衛星放送の2番組同時録画に対応する。

また、独自のエンコーダー技術を搭載し、新4K衛星放送の長時間録画が可能な「4K長時間録画モード」や、映像に応じて録画の倍率を8倍から12倍までの間で自動的に調整する「おまかせ長時間録画」に対応する。

さらに、指定したチャンネルを録り続け、古い番組を順に削除していく「チャンネル録画」では、新4K衛星放送にも対応する。

このほか、Ultra HD ブルーレイの再生に対応。録画番組・写真・音楽をスマートフォンで楽しめる「おうちクラウド機能」を搭載する。

■11チューナー/10TBモデル「DMR-4X1000」

「DMR-4X1000」は、BS4K・110度CS4K・地上・BS・110度CSチューナー×2、地上・BS・110度CSチューナー×4、地上専用チューナー×5の11チューナーを搭載したモデル。最大11番組の同時録画が可能だ。

「チャンネル録画」では、ハイビジョン放送を最大8ch×28日分、新4K衛星放送を1ch×13日分を自動で録画できる。

加えて、同社製ブルーレイプレーヤー「UB9000」の高画質技術を導入しており、高精度HDRトーンマップ技術やシステムガンマ調整を搭載している。

■7チューナー/2TBモデル「DMR-4X600」

「DMR-4X600」は、BS4K・110度CS4K・地上・BS・110度CSチューナー×2、地上・BS・110度CSチューナー×4、地上専用チューナー×1の11チューナーを搭載したモデル。最大7番組の同時録画が可能だ。

「チャンネル録画」では、ハイビジョン放送を最大4ch×28日分、新4K衛星放送を1ch×7日分を自動で録画できる。

シャープ「AQUOS zero2 SH-M13」

2020年3月13日(金)発売

シャープから、6.4型スマートフォン「AQUOS zero2」のSIMフリーモデル「SH-M13」が登場する。

ディスプレイに、約6.4型フルHD+有機EL(2340×1080ドット)を装備したモデル。描画回数を、同社従来機比2倍(2018年度モデル「AQUOS zero SH-M10」との比較)の毎秒120回に向上させたほか、残像低減のため各フレーム間に黒画面を挿入し、従来機比4倍となる毎秒240回の高速表示を実現。「動きの速いゲームも快適に楽しめる」という点が特徴だ。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 855 mobile platform」、メモリーが8GB、ストレージが256GB。カメラ機能は、アウトカメラが有効約1220万画素標準カメラ+有効約2010万画素広角カメラのデュアル構成。インカメラは有効約800万画素だ。2枚のSIMカードを使用できるDSDVにも対応する。OSは「Android 10」をプリインストールした。

バッテリー容量は3130mAh。無線通信はBluetooth 5.0、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格をサポート。IPX5/IPX8相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能も備える。セキュリティ機能は、顔認証、指紋認証(画面内)に対応した。おサイフケータイの利用も可能だ。

本体サイズは74(幅)×158(高さ)×8.8(奥行)mm、重量は約141g。ボディカラーは、アストロブラック。

サムスン「Galaxy Buds+」

2020年3月12日(木)発売

サムスン電子ジャパンから、完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+」が発売される。

イヤホン単体で最大11時間の連続音楽再生を実現したのが特徴。付属の充電ケースを併用するとさらに11時間の再生が可能で、最大22時間というロングバッテリーを実現している。

また、急速充電機能では、3分間の充電で約60分の音楽再生が可能となっており、使い勝手を向上させている。

音質面では、高音域のツイーターと低音域のウーハーを搭載した2wayダイナミックスピーカーを採用。名門音響機器メーカー「AKG」のサウンドシグネチャーを適用し、より一層パワフルな低音と明瞭な高音が響き渡るという。

機能面では、イヤホンを外さずに外部の音を取り込む「アンビエントサウンド機能」や、オーディオの遅延を最小限に抑える「ゲームモード機能」を搭載する。

さらに、コンパニオンアプリ「Galaxy Wearable」では、イヤホン単体のバッテリー残量が確認できるほか、新たに充電ケースの残量の確認にも対応。充電ケースはQi規格のワイヤレス充電も可能だ。

Bluetoothのバージョンは5.0で、対応コーデックがAAC、SBC、Scalable Codec(サムスン独自)。

このほか、Android搭載のスマートフォンやタブレットに加え、iPhone 7以降のモデル(iOS 10以上)にも対応。

イヤホンの本体サイズは17.5(幅)×19.2(高さ)×22.5(奥行)mm。重量は約6.3g。

充電ケースの本体サイズは70.0(幅)×26.5(高さ)×38.8(奥行)mm。重量は約39.6g。

ボディカラーは、ホワイト、ブルー、ブラックの3色を用意する。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る