レビュー
ミニマムでサラウンド環境を構築したい人は黙って買うべき!

パナソニックのゲーミングネックスピーカーはネックバンドで本当のサラウンドを再現するスゴイ奴(ただしPC専用)

パナソニックが「ファイナルファンタジーXIV」サウンドチームと共同開発したゲーミングネックスピーカー「SC-GN01」が10月22日に発売された。価格はオープンプライスで、発売直後の価格.com最安価格は21,780円前後。ただ、あまりに注目度が高く発売直後から品薄のアナウンスが行われている。さっそく、この注目製品の実機レビューをお届けしよう。

10月22日に発売されたパナソニック初のゲーミングネックスピーカー「SC-GN01」

10月22日に発売されたパナソニック初のゲーミングネックスピーカー「SC-GN01」

まず初めに伝えておきたい。パナソニック「SC-GN01」はPCゲーマー向けの製品で、PCゲームと組み合わせてこそ真価を発揮する。そして、今回僕が注目した訳は、PC環境の“ゲーミングデバイス”として、技術面から正しく作り込まれた製品だったからだ。

USB接続特化。正しくサラウンドのスピーカーとして作られたネックスピーカー

パナソニック「SC-GN01」のハードウェア構成から紹介していくと、3cm径のスピーカーを前後に2基ずつ計4基を備えたリアル4chの構成で、4基のスピーカーユニットは首元を囲う形でレイアウトされている。重要なのは、ただ単に4基のユニットを搭載しているのではなく、“他のデバイスから4chスピーカーとして見えるデバイスである”こと。ただし、これが可能なのはPC接続時のみだ。

ネックスピーカー本体には、合計4chのスピーカーを搭載

ネックスピーカー本体には、合計4chのスピーカーを搭載

左にアナログ音声用の入力とマイクミュートボタン、サウンドモードの切り替えボタンを用意

左にアナログ音声用の入力とマイクミュートボタン、サウンドモードの切り替えボタンを用意

右にはボリューム調整ボタンとミュートボタンを搭載

右にはボリューム調整ボタンとミュートボタンを搭載

装着感も予想以上にいい。人体データ解析結果に基いて設計したとのことだが、重量は約244gの割に軽く感じて装着時のストレスがない。シリコンゴム製のパッドでズレずに止まるし、重さが分散していて、適度に楽な位置に収まってくれる。

首の上に乗る形だが、重量は約244gと意外と軽く付けていても楽だ

首の上に乗る形だが、重量は約244gと意外と軽く付けていても楽だ

そして、接続はUSBの有線接続を想定しているところも潔い……ではなく、正しい。PC環境で低遅延かつサラウンドの音声信号を正しく伝送する手段は、USB接続がスタンダード。光デジタルやHDMIで接続するホームシアター系の機器は、長い期間をかけてもPCゲーマーにはなじまなかったことを受けての仕様だろう。Bluetoothで接続できたところで、正しくサラウンドになる事はない(一応、ニンテンドースイッチなどの接続用にステレオの3.5mm端子もあるが)。テレビ接続も考えてあってUSBケーブル長が3mあるので、大画面テレビなどの環境でも届く配慮はうれしいところだ。

USB端子による有線接続が基本。USBケーブルは3mもあるのでかなり長い

USB端子による有線接続が基本。USBケーブルは3mもあるのでかなり長い

前置きはこれくらいにしておいて、僕がゲームをプレイしている環境にパナソニック「SC-GN01」を導入してみた。僕はAVライターということもあって、まずはパナソニック「SC-GN01」をテレビ環境+PS5で体験。ただ、後日、パナソニックの開発の方とお話した際に直接質問をして、自分が検証環境としてミスをしていたことが発覚した。

PS5の接続時にはUSBヘッドセット(ステレオ)として認識

PS5の接続時にはUSBヘッドセット(ステレオ)として認識

まず、PS5と接続する際には、USB端子に接続するとUSBヘッドセット(ステレオ)として認識する。これで一見問題なく使えるのだが……実は問題があった。アクセスしやすいPS5本体前面のUSB端子に接続すると、この端子はUSB 2.0仕様のため給電する電力が小さいのだ。結果として、パナソニック「SC-GN01」の最大音量が小さく、ゲーミング用には迫力不足になっていた。

PS5と接続して検証したが……PS5前面端子への接続は非推奨

PS5と接続して検証したが……PS5前面端子への接続は非推奨

PS5と接続する際には、正しくはUSB 3.0の電力供給が可能なPS5本体背面のUSB Type-A端子に接続するべき。これで音量と迫力の問題はクリアできるはず。もっとも、パナソニック「SC-GN01」を正しくPS5本体背面のUSB Type-A端子でUSB接続しても、2chステレオとしてしか認識しないため、想定環境はやっぱりPC。そんな訳で、PS5の話はこれくらいにしておこう。

PC接続ではリアル4chのスピーカーとして認識

普段からゲームをプレイしているPCにパナソニック「SC-GN01」を接続。ドライバーなどは必要なく、サウンドデイバイスとして認識するが、きちんと4chと認識しているかサウンド関連の設定を確認しておこう。Windows10環境では複数のデバイスとして認識するが、スピーカーのアイコンのものが正しくサラウンドで動作するデバイスだ。

PCとUSBの有線で接続してゲームをプレイ

PCとUSBの有線で接続してゲームをプレイ

「ヘッドセットイヤフォン」と「スピーカー」の2種類のデバイスが現れるが、正しくは「スピーカー」の方を選ぶこと

「ヘッドセットイヤフォン」と「スピーカー」の2種類のデバイスが現れるが、正しくは「スピーカー」の方を選ぶこと

Windows側の正しい認識は、4chのサラウンドスピーカー。2chステレオで入力してバーチャルサラウンド化するのではなく、サラウンド対応機器としてゲームからサラウンドとして出力を受けて、Windowsの処理で4chの信号として変換、リアルサラウンドで再現する方式なのだ。信号としてはリニアPCM化した状態で入力されることになる。

スピーカーのプロパティからまずは5.1chとして認識

スピーカーのプロパティからまずは5.1chとして認識

センターのない構成なので4chと指定しておく

センターのない構成なので4chと指定しておく

さっそくパナソニック「SC-GN01」をPCと組み合わせて試してみたが、「SC-GN01」はPS5と組み合わせた際の2ch接続と、PCと組み合わせた4ch接続の状態ではまったく再現力の次元が違った。

パナソニック「SC-GN01」は「ファイナルファンタジーXIV」サウンドチームと共同開発したサウンドなんだよな……と思いつつも、僕が最近プレイしているPC版のアクションRPG『原神』(ちなみに、8月末公開のVer.2.1でPC版クライアントもサラウンド対応になっている)をプレイしてみたが、「SC-GN01」のサウンドチューニング……これは、ゲーミングネックスピーカーとして最高だ。

アクションRPG『原神』のPC版クライアントでプレイ

アクションRPG『原神』のPC版クライアントでプレイ

音の聴こえる位置はネックスピーカーのユニット位置ではなく、耳のまわり30cmくらいから自然と音が流れるイメージ。音は響かせて包みこまれるようないい加減な効果ではなく、ゲーム作品の意図した、正確さをともなったサラウンドな音空間を展開。低音も適度な振動とともに迫力が伝わってくる。

『原神』の稲妻国の和の楽器を使ったBGMは、首元から横、耳の上の方へ自然に広がるし、太鼓の音の深みや三味線の繊細さも出しつつ、きちんと個々の楽器の音を確認できるほど高音質だし、川のせせらぎなど環境音も自然に重なってくれる。バトルでは、「命を捨てに来たか!」「刀の錆となれえぇえええ」と襲いかかっている雑魚敵の声までリアル。エコーなどもなく位置感もハッキリとわかるので、ゲームプレイとして有効だ。

単純にスピーカーから出ている音だけ聴いても、派手さや聴き取りやすさを狙ったものではなく、上質で高音質。それに音の広がり、定位の再現と、すべての完成度が高い。最初からゲーム用として独立4chのサラウンド構成にしたことが相当に効いている。これまで体験したネックスピーカーのサラウンドとはまったく別次元だ。

音漏れについては、「非常に漏れる」と言うか、そもそもネックスピーカーに遮音性はまったくない。PCスピーカーで音を鳴らすのと一緒だ。耳から近い位置の音なので音量はやや小さめでよいので、マンションや家族が別の部屋にいても、その分だけマシという程度の差しかない。

『Apex Legends』でも確認してみても、音の位置感、距離感のクリアがもう桁違い。特に足音の斜め方向の位置、距離感がクリアで、そしてバーチャルにはない特徴として方向による音の途切れ感もない。ゲームサウンドとボイスチャット音声を両立する「エコーキャンセルマイク」の効果は上手く確かめられなかったが、マイク音声のみを聴いてみると、声の拾い方のクリアさ、そして情報量の深みも優秀だ。

『Apex Legends』でも聴こえ方をテストしたみた

『Apex Legends』でも聴こえ方をテストしたみた

パナソニック「SC-GN01」には6種類のサウンドモードがプリセットされており、本体のボタン操作で切り替え可能だ。6つのモードの効果は、「RPG」がリファレンスと呼ぶべきモードで、BGMも効果音もボイスも、全方向・帯域にバランス志向。「FPS」は足音の帯域が持ち上がり判別しやすくなり、遠方の小さな音も立つ。「ボイス」も若干声が持ち上がるようで、「シネマ」は若干音の空間に響きがつくくらい。ただ「ステレオ」を除くと、モード間の効果の違いは大きくないので、ニュアンス違いと思って切り替えつつ試してみてほしい。

真正面から真剣に“ゲーミング”に取り組んだネックスピーカー

これまで、“ゲーミング”の呼び方はいい加減に用いられてきた歴史がある。「ネックスピーカーでもゲームプレイすると音に包まれる」と宣伝しつつBluetooth接続だったり(それはスマホゲーム用であって、PCゲームと一緒に語られると違和感しかない)、PCゲーマー向けのサラウンドデバイスなのに、サラウンド制作されているゲーム音声を2chステレオで入力して、そこからバーチャルサラウンドをかけるものだったりだったり……。

PCゲーム界隈ではサラウンド情報の扱いはあまり問題視されておらず、僕はこのカテゴリーの製品を不信の目で見ていたのだが……パナソニック「SC-GN01」は、やっていることのすべてが技術的に正しい。それだけでなく、「ファイナルファンタジーXIV」サウンドチームと共同開発したサウンド、サラウンド効果が、聴感上の聴こえ方としてもすばらしく、音の広がり、位置、そして個々の音のクリアさもしっかりと再現してくれていた。

PCゲームに特化してワイヤレスを切り捨てたお陰か、パナソニック「SC-GN01」は発売直後の価格.com最安価格では21,780円前後となかなかお手頃。サラウンドの効果に対して、コスパは最強だ。ホームシアターのような大がかりなものでなく、PCゲームをプレイするためにミニマムで正しいサラウンド環境を構築したい人は、黙ってパナソニック「SC-GN01」を買っとけばOKだ。

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る