ニュース
高音質化と低価格化を両立した注目度の高いモデル

オンキヨーから人気AVアンプの後継機「TX-RZ810」が登場! オブジェクトオーディオを本格かつ手軽に楽しめる!

オンキヨー&パイオニア マーケティングジャパンは、オンキヨーブランドの7.2ch対応AVアンプ「TX-RZ810」を発表した。発売は4月下旬。希望小売価格は128,000円(税別)。価格を抑えた中級機ながら多機能さで人気を集めた従来モデル「TX-RZ800」の基本機能を引き継ぎつつ、ネットワーク機能を強化したほか、新たにオブジェクトオーディオを手軽に楽しめる自動音場調整機能も搭載した。機能強化を図りながらも、TX-RZ800発表当時より約30,000円も低い価格にされているコストパフォーマンスモデルだ。

オンキヨー「TX-RZ810」

オンキヨー「TX-RZ810」

イネーブルドスピーカーの位相ズレ補正機能を新たに搭載

TX-RZ810は、2015年発売のTX-RZ800の基本性能をベースに、頭上の音も再現する立体的な音場を作るオブジェクトオーディオに対応したAVアンプだ。Dolby Atomsに標準対応し、8月頃に提供されるファームウェアによりDTS:Xの利用も可能。対応しているオブジェクトオーディオのスピーカー構成は2.2.2ch、3.2.2ch、5.2.2chとなる。

本体デザインは従来モデルからほとんど変わっていない。機能や音質も大きくは変わってないがブラッシュアップされている。そうした中で注目と言えるのが、新たに追加されたイネーブルドスピーカーの音響効果を自動調整する音場設定機能「AccuReflex(アキュリフレックス)」だ。同社独自の音場設定機能「AccuEQ」の中から入切できる形で実装された。

天井に設置して使うトップスピーカーと同等の音響効果が得られるイネーブルドスピーカーは、天井に向けて音を出しその反射音で立体的な音場を作り出す。既存のフロントスピーカーなどの上に置いて使える手軽さが最大の魅力であるため、トップスピーカーを天井に設置するのに比べて工事が不要で気軽にオブジェクトオーディオを楽しめるのがメリットだ。

手軽にオブジェクトオーディオ楽しめるイネーブルドスピーカー

手軽にオブジェクトオーディオ楽しめるイネーブルドスピーカー

そのいっぽうで問題になるのがリスナーに音が届くまでのわずかな時間差。イネーブルドスピーカーから出る音は、天井に向けて出している指向性のある音のほかに、逆に指向性の弱い低音も出ている。この指向性の弱い音はリスナーに直接届くため、反射音とわずかな時間差が生じる。これが結果的に音質低下を招く位相ズレにつながるというのだ。

AccuReflexはこの位相ズレによって起こった聴感上の違和感をなくす補正技術で、ほぼ自動で行われる。あとから変えられるパラメーターは天井までの高さとのことで、複雑な操作は必要ないようだ。従来モデルより手軽にイネーブルドスピーカーのポテンシャルを引き出し、トップスピーカーと同等のクオリティを実現したのがTZ-RX810の大きな特徴だ。位相ズレを補正する機能といえばパイオニアのAVアンプが有名だが、オンキヨーのAVアンプでも同じようなアプローチで、さらなる高音質化を実現したというわけだ。

イネーブルドスピーカーを最適に鳴らすAccuReflex。この機能自体は、これまでの音場設定機能「AccuEQ」の中に新しく設けたメニューとのこと

大型スピーカーをドライブできる高品質コンポーネント。VLSCは全チャンネルに採用

オンキヨーは、音声信号をロスなく伝えるとともに、スピーカーを正確にドライブすることで音源に込められた制作者の想いまでも鳴らしきるという、オンキヨーのアンプ哲学「ダイナミックオーディオアンプ」に基づいて設計を行っている。これはパイオニアのホームエレクトロニクス事業と統合したいまでもしっかりと守られているポリシーだ。

TX-RZ810では、そんなダイナミックオーディオアンプを支える、大型スピーカーも鳴らしきれる「ハイカレントアンプ設計」をさらに強化。カスタムメイドの大型トランスをはじめ、15000マイクロファラッドの大容量コンデンサーのほか、耐熱効果を高めた大型ヒートシンクを採用。どれもTX-RZ810専用に設計されたものだ。こうした構成により大型スピーカーでも瞬時に鳴らしきれるという。実際に、パイオニアのトールボーイスピーカー「S-1EX」で視聴したが、しっかりドライブされている感じがした。

また、ダイナミックオーディオアンプを支えるテクノロジーのひとつとして、デジタルノイズを低減するフィルター回路「VLSC」も実装されている。従来モデルではフロント2チャンネルのみの搭載となっていたが、TZ-RX810では全チャンネルに搭載している。このほか、多チャンネル化で問題になりがちな位相ズレを防ぐ「ノンフェーズシフト」もれまで同様採用している。

大容量コンデンサーと大型トランス

大容量コンデンサーと大型トランス

大型ヒートシンク

大型ヒートシンク

デュアルバンドWi-Fiを採用。BluetoothはAACをサポート。Google Castにも対応予定

ネットワーク機能が拡張されているのも見逃せない。従来モデルと同様に有線LANとWi-Fiを搭載するが、Wi-Fiはデュアルバンドに対応。5GHzも新たにサポートした(ハイレゾ音源のネットワーク再生は有線のみ)。また、BluetoothはこれまでのSBCに加えて、AACコーデックも追加。高音質な伝送が可能で、本格的なAVシステムを生かした再生もできる。地味な進化かもしれないが、こうした実用性を上げる機能の搭載はうれしい。

またネットワークサービスとして、AirPlayに対応するほか、7月下旬に提供予定のファームウェアアップデートでGoogle Cast(音声のみ)をサポートするのは非常に便利。AVアンプでもストリーミング配信が楽しめそうだ。このほかにradiko.jpやtuneinといったインターネットラジオに対応している。

Wi-Fiは5GHz帯にも対応したデュアルバンドに。BluetootはAACをサポート。ファームアップでGoogle Castに対応予定とネットワーク周りも進化している

DAC部は旭化成エレクトロニクス(AKM)の384kHz/32bitの新世代プレミアムDACを採用。FLAC、WAV、Apple Losslessの192kHz/24bitまで対応する(ネットワーク再生は96kHz/24bit)。なお、DSD再生性能は従来5.6MHzまでだったが、新モデルでは11.2MHzまで可能だ。シーラスロジックのクアッドコアDSPを介さずダイレクトな再生となっている。そのほか映像面では1080P→4Kアップスケーリングや超解像度技術「SUPERレゾリューション」が搭載されている。

ちなみに、日常的に使うリモコンも見直されており、頻繁に使うボタン(機能)をセレクトして配列したシンプルなものへと変更されている。地味なところだが、見た目もわかりやすい。

TX-RZ810の主な進化点

TX-RZ810の主な進化点

付属のリモコン

付属のリモコン

なお、TX-RZ810の下位モデルとなるTX-NR656も発表。こちらは2015年に発売された「TX-NRN646」の後継モデルという位置付けだ。アップデートされたトピックはほぼTX-RZ810と同様だが、VLSCはフロント2chのみとなっている。価格は90,000円(税別)。

オンキヨー「TX-NRN656」

オンキヨー「TX-NRN656」

オンキヨー「TX-NRN656」背面

オンキヨー「TX-NRN656」背面

TX-NR656の主な進化点

TX-NR656の主な進化点

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る