特別企画
iPhone 7でも愛用のイヤホンで良音質な音楽を楽しめる

スマホの音質を手軽にグレードアップできる「ミニDACアンプ」が今、アツい!

iPhoneのヘッドホン出力端子廃止に呼応して、この頃はBluetoothイヤホン&ヘッドホンが盛り上がりをみせているが、加えてもうひとつ、手軽に対処できるプランが用意されている。それは、Lightning端子やmicroUSB端子に直接接続して使う、DAC内蔵タイプの小型ヘッドホンアンプだ。

こちら、これといった通称がまだないため、DACアンプやインライン型ヘッドホンアンプなど、さまざまな肩書きで呼ばれているが、ここでは単純にDAC内蔵ヘッドホンアンプ、さらに略して“ミニDACアンプ”と呼ばせていただこうと思う。もちろん、取り上げる製品に関しては、Lightning端子またはmicroUSB端子と直接接続できることが前提だ。ただし、アップル純正Lightning- USBカメラアダプターケーブルやOTGケーブル(スマートフォンとミニポタアンなどとの接続に使うケーブル)は利用OKとする。

さて、話を戻そう。Bluetoothヘッドホンに対して、ミニDACアンプのメリットといえば、第1に音質、第2に愛用のイヤホンが使えること、そして充電不要なことだ。

まず第1の音質については、Bluetoothも近年は音質的底上げが進んできているし、LDACやaptX HDなどの高音質コーデックも登場してきたので、以前よりは大分近づいてきたとは思う。しかしながら、高音質コーデックの普及はまだまだこれから。音質よりもワイヤレスならではの利便性によって選ばれることが多いのは事実だ。対してミニDACアンプは、音質を重視したDAC&ヘッドホンアンプを搭載している製品が多く、そもそも基礎体力が高いために音質的な優位性が保たれている。

第2のポイントについては、言わずもがな。愛用のイヤホンが引き続き活用できるのは、コスト面だけでなく音楽を楽しむうえで優位なポイントだ。第3のポイントについては、製品によってはさまざまなタイプがある(バッテリーを内蔵しているものもある)ものの、大半がスマートフォン本体から電源供給されて動作するバスパワー駆動を採用するため、いざ使おうと思ったらバッテリー切れだった、という心配はない。代わりに、スマートフォンのバッテリー持続時間が短くなったりもするが、それほど大食いではないため、あまり気にならないはずだ。

そういったメリットもあってか、iPhone7にはこのタイプのミニDACアンプがイヤホンとともに付属しているのだが、残念ながらこちらが音質的に芳しくなかったりする。iPhone 6s内蔵のヘッドホン出力+付属イヤホンにも劣る音質だったりするのだ。せっかく良音質を追求できるシステムなのだから、是非ともいい音で音楽を楽しんで欲しいもの。ということで、今回は良音質を手軽に楽しめる、オススメのミニDACアンプを紹介させていただこうと思う。

なお、今回の取材では筆者がiPhone7を所有していないこともあり、手元のiPhone5sを使用させてもらった。また、AndroidデバイスはASUS「ZenPad 8.0」を利用。イヤホンはJH Audio「Michele」、ヘッドホンはフォステックス「T50RP MK3n」を使って試聴している。

Deff Sound「DDA-LA20RC」「DDA-A20RC」

Deff Sound「DDA-LA20RC」

Deff Sound「DDA-LA20RC」

クオリティとデザインの両面から「こだわりのモノづくり」を追求しているDeff Sound(ディーフ・サウンド)製のミニポタアン。約45.6(幅)×45.6(奥行)×13.3(高さ)mmという、かなり小柄な、かつ質感のいい円盤型デザインを採用するアルミ製ボディは、このカテゴリーの製品としては珍しく、そのあたりに同社ならではのこだわりを感じる。ハイレゾ音源は、96kHz/24bitまで対応。Android対応モデル「DDA-A20RC」のほか、AndroidとiOSに両対応するモデル「DDA-LA20RC」も用意されている(ただしiOS9以降は「Lightning - USBカメラアダプタ(MD821AM/A)」が必要)。

iPhone 7発売のはるか以前、2014年に登場した製品だけあって、基本コンセプトがしっかりしている。とても小型でありながら、安っぽくなく、音質も十分なクオリティを持ち合わせている。ハイレゾ音源への対応がリニアPCMの96kHz/24bitまでとなっているが、現在リリースされている音源の大半が96kHz/24bit、または48kHz/24bitなので、それほど不足に感じることはないだろう。

音質については、ひとことでいうと丁寧な表現のサウンド、といったイメージ。十分なメリハリを確保しつつも、階調表現のきめ細やかさに重きを置いているため、音楽がとてもナチュラルに感じられる。バイオリンなどは、そのままの音色を再現しているとまでは言い過ぎだが、人が演奏している温もりのようなものまでしっかりと伝わってくる。

コンパクトさ、コストパフォーマンス、そしてサウンドという3ファクターのバランスに秀でた、使い勝手のいい製品だ。

ロジテック「LHP-AHR192」

ロジテック「LHP-AHR192GD」

ロジテック「LHP-AHR192GD」

約45(幅)×36(奥行)×11.4(高さ)mmという、コンパクトなスクエアボディに直出しのLightningケーブルが付属したミニDACアンプ。アルミ製のケースに収められる回路は、4層基板と全面グランドを採用することで、デジタルノイズを徹底的に低減。高いSN比を追求。また、電源系の低インピーダンス化により、ヘッドホンアンプの高出力化と高いヘッドホンドライブ能力も実現しているという。ハイレゾ音源にも対応しており、192kHz/24bitまでのリニアPCMをネイティブ再生することができる。

コンパクトなサイズも魅力だが、加えてボディいっぱいを使ってレイアウトされた操作ボタンも特徴的。ブラインドタッチでの操作がしやすく、実際に使っていてかなり重宝する。

そのサウンドは、ひとことでいうと素直な再生音といったイメージ。トータルコストをなるべく抑えつつ、必要なところには資材を投下し、効率よく音質を向上させていった印象がうかがえる。結果として、素直で丁寧な表現のサウンドを実現。ミドルクラスのイヤホンと組み合わせれば、しっかりと実力を引き出してくれる。特に、女性ボーカルはハキハキとした、おおらかな明るい歌声を聴かせてくれる点が好ましい。

音質面では確かに高級モデルには及ばないものの、凝った筐体やLightningケーブル直出し(しかも192kHz/24bitのハイレゾ対応)などその内容を考えるとかなりのお買い得モデルといえる。

M-AUDIO「Micro DAC 24/192」

M-AUDIO「Micro DAC 24/192」

M-AUDIO「Micro DAC 24/192」

オーディオインターフェイスやMIDIコントローラー、モニタースピーカー&ヘッドホンなど、ミュージシャン/音楽制作ユーザー向け製品を幅広くリリースしているM-AUDIOがリリースした、USBメモリー型ミニDACアンプ。こちら、外出時にノートPC等で活用することを想定して作られた製品だが、lightning - USBカメラアダプタやOTGケーブルを使うことで、スマートフォン用のミニDACアンプとして利用することができる。

ボディサイズは約73(幅)×27(奥行)×14(高さ)mm、重量は約27gと、ちょっと大きめのUSBメモリーといった小柄さ。とはいえ、アルミ製のボディ素材を採用していることもあってか、チープさは全くない。出力は、2系統のヘッドホンが用意され、そのうちひとつは光デジタルとのコンボ端子となっているため、DDC(デジタルtoデジタル・コンバーター)として活用することも可能だ。ハイレゾ音源は、192kHz/24bitまで対応している。

アンプ部の駆動力が高いのだろう、パワフルで厚みのある音。キレのよさとも相まって、躍動的で活き活きとしたサウンドを聴かせてくれる。ボーカルは普段よりも力強く歌ってくれるし、ビートも躍動的に感じられるため、聴いていて楽しい。ちなみにヘッドホンアンプ部の特徴としては、パワーは十分なものの、音質面やバランスのよさからヘッドホンよりもイヤホンに向いている印象を持った。

COZOY「TAKT」

COZOY「TAKT」

COZOY「TAKT」

コンパクトからは想像できないパワフルで勢いのあるサウンドが特徴的だったCOZOY(コゾイ)のミニDACアンプ「ASTRAPI(アストラピ)」。そのコンセプトを受け継ぎつつ、直出しのiOS専用Lightning接続ケーブルを用意。よりコンパクトなスタイルにリファインされたのがこの「TAKT(タクト)」だ。

最大の特徴は、直出しLightningケーブルを装備しており、lightning-USBカメラアダプタケーブル等を利用する必要がないことだ。結果として、かなりスマートなシステムにまとまっている。また、本体部分は他社製品ばかりでなくコンパクトさがウリだった「ASTRAPI」よりもさらに細くなっており、ほとんどインラインリモコンと見間違うほどのサイズとなっている。また、「ASTRAPI」にはなかった操作ボタンも用意。また、マイク付きイヤホンにも対応していて、接続したままの通話も可能。結果として、今回紹介する製品のなかでもダントツといえる使い勝手のよさを誇っている。

いっぽうで、残念な部分もある。それは、ハイレゾ音源が44.1kHz(または48kHz)/16bitにダウンコンバートされてしまうことだ。実はこれ、往々にしてある話。iOSデバイスと接続した際に、音声が48kHz/16bitに限定されてしまう製品が時々あるのだ。ちゃんとハイレゾが伝送できる製品も多々あるので、技術的な問題ではなくライセンス的な問題のようだが、せっかくだから次の製品ではこういった問題をうまくクリアして欲しいところだ。ちなみに、lightning-USBカメラアダプタケーブルを利用すれば(消費電力の問題でエラーが生じなければ)大半の製品は大丈夫だったりするが、「TAKT」は直出しLightningケーブルのためそれが利用できない。このあたりは、今後の課題にして欲しいと思う。

とはいえ、音質についてはなかなかのもの。とてもパワフルでキレのよい、躍動感に満ちたサウンドを楽しむことができる。特に聴感上のSNがなかなかに優秀で、とてもピュアな質感の高いサウンドを聴かせてくれるのだ。おかげで、アコースティック楽器は活き活きとした、それでいて心地のよい響きをもつ音色を楽しむことができる。とてもコンパクトなボディサイズといい、音も使い勝手もなかなかに魅力的な製品だ。

AudioQuest「DragonFly Black」「DragonFly Red」

AudioQuest「DragonFly Black」「DragonFly Red」

AudioQuest「DragonFly Black」「DragonFly Red」

USBメモリー型オーディオデバイスの本家ともいうべきAudioQuest(オーディオクエスト)「DragonFly」。その第3世代に当たる製品が「DragonFly Black」と「DragonFly Red」だ。

ボディサイズはさらにシュリンクされ、約62(幅)×19(奥行)×12(高さ)mmとかなりのコンパクトさを誇るようになった。また、今回より消費電力が低下し、これによってiOSデバイスやAndroidスマートフォンへの接続が可能となった(Lightning-USBカメラアダプタケーブルやOTGケーブルを利用)。対応するハイレゾ音源は、96kHz/24bitまで。ボディ上面のDragonFly(トンボ)マークは入力された音声信号のスペックによって色が変わるようになっていて、44.1kHzは緑、48kHzは青、88.2kHzは茶、96kHzは紫に変化する。

また、BlackとRedは単なる色違いではなく、別グレードの展開となっていて、搭載しているDAC等が異なっている。まず「DragonFly Black」は、DACにESS社製「ES9010」を搭載。ボリュームコントロールはアナログ方式で、ヘッドホン出力は1.2Vとなっている。いっぽう「DragonFly Red」は、DACに同じESS社製ながら「ES9016」をチョイス。ボリュームコントロールはデジタル方式に変更され、ヘッドホン出力も1.8Vへとハイパワー化されている(ヘッドホン出力に関しては1.2Vもあれば充分以上だが)。価格も踏まえ、スタンダードモデルの「DragonFly Black」、上級モデルの「DragonFly Red」と捉えるのが妥当だろう。

音質面でも、両者の違いは顕著に表れる。聴き比べてみると、「DragonFly Red」のほうが明らかに解像感が高く、メリハリ表現も幅が広がり、よりスケールアップしたように感じる。音色も落ち着きがあり、クラシックなどとは相性がよかった。いっぽう、「DragonFly Black」のほうも悪くはない。確かに解像度感は劣るものの、十分なクオリティは確保しているし、何よりもノリのよさではこちらの方が一枚上手。軽快でリズミカルに感じるサウンドだ。スリーピースのロックバンドや小編成のアコースティック演奏などは、こちらの方が好みと感じる人もいるだろう。

この2つのどちらかにしようと思った場合、値段よりも音の好みでチョイスすることをオススメしたい。

【番外編】もう少し大きくても本格派のサウンドが欲しい人はOPPO「HA-2SE」

OPPO「 HA-2SE」

OPPO「 HA-2SE」

最後に、番外編としてもうひとつ。今回紹介したミニDACアンプよりももう少し大きくてもいい、それよりも音質を重視したいという人に向けに、OPPO「HA-2SE」を紹介したい。

こちら、本格派のDAC内蔵ポタアンとしては希少な薄型モデルで、さらにスマートフォンへの電源供給機能も持ち合わせているため、普段の利用時にとても便利だったりする。もちろん、音質的にもかなりのクオリティを持ち合わせており、手持ちのiPhoneやスマートフォンを、専用DAPに遜色のない音質までグレードアップしてくれるから嬉しい。

スマホの音質を手軽にグレードアップできるミニDACアンプという選択肢はもちろんアリだが、思い切ってこういった製品に手を伸ばしてみるのもいいだろう。

野村ケンジ

野村ケンジ

ヘッドホンなどをはじめ幅広いジャンルで活躍するAVライター。ハイレゾ音源についても造詣が深く、アニソンレーベルのスーパーバイザーを務めるほか、TBSテレビ開運音楽堂「KAIUNハイレゾ」コーナーではアドバイザーとしてレギュラー出演している。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る