レビュー
気になる画質や操作性をチェック

話題沸騰のフルサイズミラーレス! ニコン「Z 7」速攻実写レビュー

クリアで自然な見え方のEVFに感心。ニコンらしい操作性も好印象

Z 7の操作性でもっとも感心したのは電子ビューファインダー(EVF)だ。倍率約0.8倍の大きなファインダー像なうえ、ファインダーの隅々まで明るく、歪みの少ない自然な見え方を実現している。見やすさの点では、フルサイズミラーレスとして間違いなくナンバーワン。APS-Cでは富士フイルムの「X-H1」、マイクロフォーサーズではオリンパスの「OM-D E-M1 Mark II」などEVFの見え方にこだわったモデルがあるが、それらと比べても、レスポンスは別として、Z 7のほうが隅々までクリアなファインダーに仕上がっていると感じた。ニコンは一眼レフでも光学ファインダーの見えにこだわってきたが、フルサイズミラーレスの初号機でもそのこだわりを継承しているのはうれしい点だ。

約369万ドットで倍率約0.8倍のEVFを搭載。大きくて自然な見え方のファインダーに仕上がっている

約369万ドットで倍率約0.8倍のEVFを搭載。大きくて自然な見え方のファインダーに仕上がっている

グリップがしっかりとした形状になっているのもZ 7の操作性の特徴。コンパクトなミラーレスとしてはかなり握りやすいグリップとなっている。Fマウントの超望遠レンズAF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRを装着してみても、ホールドしにくいという感じはなかった。さらに、シャッター音が小さく、軽快なフィーリングで撮れるのも見逃せない。シャッターを切っていてとても心地よいカメラだ。

コンパクトなミラーレスとしては大きくてホールドしやすいグリップを採用

コンパクトなミラーレスとしては大きくてホールドしやすいグリップを採用

ボタンやダイヤル類のレイアウトは、ミラーレスのコンパクトボディにアジャストした仕様になっている。ニコン一眼レフの中上級機では背面左側に縦に並ぶボタンが特徴的だったが、Z 7ではサイズの問題もあってそのレイアウトは廃止になり、ファインダーを覗きながら右手で操作しやすいように、ボディ右側に多くのボタンが集中する仕様となった。NIKKOR Zレンズにコントロールリングが追加されたのもトピックで、基本的には、ニコンの一眼レフとは異なる操作性となっている。

ただ、再生ボタンと削除ボタンはニコン一眼レフの中上級機と同様に背面左上に配置し、シャッターボタン周りのレイアウトも一眼レフと同様になっているなど、一眼レフを継承している部分もある。そのため、一眼レフの操作性を完全に引き継いでいるわけではないのだが、新しい操作性に使いにくさは感じずに、すぐに慣れることができた。電源をオンにしてから撮影できるようになるまでの時間や、スリープからの復帰の時間などのレスポンスも、ニコンのハイエンド一眼レフほどではないものの十分に速く、使いにくさは感じなかった。

背面右側にボタンが集中したレイアウトを採用。液晶モニターはチルト式の3.2型タッチパネル液晶(約210万ドット)

ニコン一眼レフの中上級機と同様、背面左上に再生ボタンと削除ボタンを配置

ニコン一眼レフの中上級機と同様、背面左上に再生ボタンと削除ボタンを配置

ボディ右肩に各種撮影情報を確認できる表示パネルを搭載。周囲の明るさにあわせてパネルの輝度が変わる仕様になっている

設定メニューなどはこれまでのニコン一眼レフと同じデザインを採用する

設定メニューなどはこれまでのニコン一眼レフと同じデザインを採用する

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る