いいモノ調査隊
大阪、東京、横浜から5店を厳選

No.1「肉まん」決定戦! 551、五十番…有名5種を食べ比べて美味しい順にランキング

寒くなってくると、ついコンビニで買いたくなるものといえば…おでん、もいいですが、筆者的には肉まんです! 肉まんって、コンビニにとどまらず、全国各地にもいろいろな有名店がありますよね。どこもおいしいですが、お店ごとにどう違うのかって実はちゃんと知りません…肉まん好きなのに。こうなっては、食べ比べないわけにはいきません! 今回は、スーパーやデパ地下をはじめ、通販でも買える人気の5種類をセレクト。すべて蒸し器で蒸して食べ比べ、ランキング付けしてみました。

1:大阪土産の定番! 「551」蓬莱の豚まん

肉まんの有名店といえば、まず思い浮かぶのが大阪出張土産の定番、「551蓬莱」の肉まんではないでしょうか? 正確には「豚まん」ですね。なんともいえない食欲をそそる香りがするアレです。関西以外の地域では催事などでしか買えませんでしたが、最近は公式サイトのネット通販でチルド品が購入できるんです(冷凍は販売していません)。

ご存じ、「551蓬莱」の豚まんです。今回は4個入りを購入しました

ご存じ、「551蓬莱」の豚まんです。今回は4個入りを購入しました

551蓬莱 豚まん 4個入り 680円(送料別)

原材料:小麦粉、豚肉、玉ねぎ、砂糖、でん粉、しょうゆ、食塩、イースト、香辛料、調味料(アミノ酸)、膨張剤、〈原材料の一部に大豆を含む〉

大阪を中心に61店を展開する、手作りの店頭販売にこだわった豚まん店です。販売は直営店のみというところにこだわりを感じます。ちなみに「551」という数字は「ここがいちばん」という語呂合わせからきているそう。

蒸し器で蒸した後の1個の重さは144gでした

蒸し器で蒸した後の1個の重さは144gでした

この独特の形がたまりません

この独特の形がたまりません

カットしてみました。皮は結構厚いんですよね

カットしてみました。皮は結構厚いんですよね

皮の厚さは約2cm。全高は約5cm。手作りなので、割と個体差があります

全高は約5cm。こちらも同梱(どうこん)のほかの肉まんとはばらつきがありました

かぶりつくと肉汁がじゅわ〜っと出てきて、豚肉のうまみが口いっぱいに広がります。やはり人気なだけあってうまい! 具材は豚肉と玉ねぎだけというシンプルさですが、その分素材の味を存分に堪能できます。本当にジューシー。皮は厚く見えますが、具材の主張をしっかりと受け止めてくれてバランスがいいですよ。やや甘みがあり、モチモチとした食感が具材に合います。脂を吸った部分がまたたまりません! 電子レンジでチンより蒸し器で蒸したほうが絶対うまいですよ。半分くらいはそのまま食べて、残りは付属の辛子を付けて食べるのが好きです。これ1つで結構おなかいっぱいになりますね。

公式の通信販売はこちらから
http://www.551horai.co.jp/551shopping.html

2:「551蓬莱」とどう違う? 「蓬莱本館」の豚まん

続いても大阪なんばより「蓬莱本館」の肉まん、あらため「豚まん」です。あれ?「蓬莱」ってつくから「551蓬莱」と同じだと思っていた! という方もいらっしゃるのではないでしょうか。筆者もぼんやりそう思っておりましたが、れっきとした違うお店なんですね。元々は、昭和20年創業の「蓬莱」という1つの会社を3人で経営していたのですが、それぞれ独立し、「蓬莱本館」「蓬莱別館」「551蓬莱」の3つに分かれたんだそう。

チルドの豚まん3個入り。こちらも「肉まん」ではなく「豚まん」です

チルドの豚まん3個入り。こちらも「肉まん」ではなく「豚まん」です

蓬莱本館 豚まん 3個入り 410円(税込)

原材料:皮(小麦粉、砂糖、ラード、イースト、植物油脂、食塩)、具(玉ねぎ、豚肉、豚脂、しょうゆ〈大豆、小麦含む〉、砂糖、しいたけ、食塩、ごま油、コショウ)、増粘剤(加工でん粉・増粘多糖類)、ベーキングパウダー、調味料(アミノ酸など)、pH調整剤、グリシン、乳化剤

「551蓬莱」との違いは、味・製法はもちろん、その販売体系にもあります。通販にも力を入れていて、楽天などのネット通販でチルド品や冷凍品を買うことができるほか、千葉に工場があるので、関東のスーパーでも販売しており、比較的入手しやすい商品です。

蒸した後の1個の重さは136gでした

蒸した後の1個の重さは136gでした

頂上は絞り頭ではなく、ツルっとした形。お団子みたいですよね

頂上は絞り頭ではなく、ツルっとした形。お団子みたいですよね

断面です。意外と皮は厚めですね

断面です。意外と皮は厚めですね

全高は5.5cm前後ですね

皮の厚さは1.5cmほど。全高は5.5cm前後ですね

さっぱりとした味わいで生地自体もほんのりと甘く感じます。具材は、お肉と玉ねぎだけの「551蓬莱」に比べて、しいたけやごま油の風味も感じます。お肉はもちろんジューシーですが、これまたあっさりめ。特徴的ではないのですが、無難なおいしさでいくらでも食べられちゃう感じです! これは好みによると思いますが、「551蓬莱」とはまったくの別物という感じがしますね。

3:東京代表! 「神楽坂五十番」の肉まん

筆者は20代前半の頃、仕事場が神楽坂にあり、この「五十番」の肉まんには本当にお世話になりました。その見た目! そして圧倒的なボリューム! 神楽坂本店以外でも、東京大丸店や池袋の東武池袋店でも購入することができますので、東京の方はぜひ一度食べていただきたい肉まんです。

おしゃれな紙袋も印象的な「神楽坂五十番」の肉まんです

おしゃれな紙袋も印象的な「神楽坂五十番」の肉まんです

神楽坂五十番 肉まん 1個 393円(税込)

原材料:小麦粉、豚肉、キャベツ、砂糖、ラード、イースト菌、ベーキングパウダー、しょうゆ、塩、コショウ、調味料(アミノ酸など)

昭和32年に神楽坂で創業した「五十番 神楽坂本店」。すべて手作りの大きな肉まんが人気で、お店の前を通ると独特のいい香りがしてくるのがたまらないんですよね。肉まん以外にも五目まん、あんまん、エビチリまんが人気です。

圧倒的な重さ! なんと243g!

圧倒的な重さ! なんと243g!

そしてスライムをイメージさせる独特の形

そしてスライムをイメージさせる独特の形

見てくださいこの肉汁と肉の厚さ!

見てくださいこの肉汁と肉の厚さ!

全高は6cm超え! 1人1個食べるとおなかいっぱいですよ

皮は、分厚いところでは約3cmもあります。でもこの皮もまたうまい。全高は6cm超え! 1人1個食べるとおなかいっぱいですよ

とにかくジューシーな肉汁がめちゃくちゃうまいです。具材は、玉ねぎではなくキャベツを使っているのが特徴的で、食感がいいですね。そして厚さのある皮もモチモチとして食べ応え満点! 1個食べると至福の満腹感が味わえます。女性だと1人1個は多いかもしれませんね。でも店頭に行くとミニサイズも販売していますよ。肉まんガッツリ食べたい! という方にはとてもおすすめです!

4:横浜中華街の名店「聘珍樓」の肉まん

肉まん激戦区といえば、やはり横浜中華街。名だたる名店が自慢の肉まんを販売していますが、今回チョイスしたのは有名店「聘珍樓」。こちらもデパ地下や公式サイトの通販で購入できます。今回はデパ地下で単品を購入しました。今までの肉まんとはちょっと違う中身と味にご注目ください。

レンジでチンもできる肉まんです。今回は蒸し器で蒸しました

レンジでチンもできる肉まんです。今回は蒸し器で蒸しました

聘珍樓 肉まん 1個 432円(税込)

原材料:皮(小麦粉、砂糖、牛乳、イースト、大豆粉、でん粉、押麦、植物油脂)、野菜(玉ねぎ、水くわい、たけのこ、長ねぎ)、豚肉、魚肉(えび、イタヤ貝柱、かに)、しいたけ、豚脂、でん粉、しょうゆ、砂糖、植物油脂、オイスターソース、老酒、香味油(ラード、玉ねぎ、長ねぎ、にんにく)、みりん風味調味料(蛋白加水分解物、還元水飴、みりん、酵母エキス、ゼラチン)、食塩、コショウ、ホタテ貝柱パウダー、膨張剤、炭酸塩(K、Na)

創業は明治17年という、中華街を代表する老舗の中華料理店です。点心はもちろん、中華料理がこれまたおいしいんですよね。個人的にはお店で最後に食べる桃まんが大好きです。

蒸した後の重さは156gでした

蒸した後の重さは156gでした

こちらはシンプルなお団子スタイル

こちらはシンプルなお団子スタイル

お肉以外に野菜もたっぷり入っているのが特徴

お肉以外に野菜もたっぷり入っているのが特徴

全高は約5cmでした

皮の厚さは約1.5cm、全高は約5cmでした

「聘珍樓」の肉まんは野菜もたっぷり。海鮮のうまみも入っていて、肉以外の食感が楽しめる少し変わった肉まんとなっています。そしてこの野菜も味がしみこんでいてとてもおいしいです。クワイのサクサクとした食感やしいたけの甘みなどが、飽きのこない味わいを作り出しています。化学調味料や合成保存料・合成着色料はいっさい使わず、天然素材のみで作られているんですよ。

5:横浜中華街より「重慶茶樓」の肉まん

同じく横浜中華街にある名店「重慶飯店」の姉妹店である「重慶茶樓」の肉まん3個入りです。こちらはスーパーなどで購入できますよ。特徴としては柔らかい生地とキャベツの入った餡です。これがとても食べやすくおいしいんですよ。個人的には「五十番」に次いで大好きな肉まんです。

3個入りのお得なパックです

3個入りのお得なパックです

重慶茶樓 肉まん 3個入り 598円(税込)

原材料:小麦粉、豚肉(国産)、キャベツ(国産)、砂糖、でん粉、ラード、豚脂、たけのこ水煮、干ししいたけ、食用調合油(菜種油、ごま油)、イースト、オイスターソース、しょうゆ、根生姜、干しえび、食塩、味噌、長ねぎ、膨張剤、調味料(アミノ酸など)、pH調整剤、増粘剤(加工でん粉)、カラメル色素、酸化防止剤(V.E)、(原材料の一部に小麦、えび、ごま、大豆、豚肉を含む)

創業は昭和58年と比較的最近です。横浜中華街を中心に名古屋や岡山にも出店している四川料理店。今回紹介した「重慶茶樓」は点心のお店で、中華街では食べ放題が人気です。

蒸し器で蒸した1個の重さは124gでした

蒸し器で蒸した1個の重さは124gでした

横に平べったい肉まんです

横に平べったい肉まんです

バランスのとれた断面図でしょう?

バランスのとれた断面図でしょう?

全高は約5cm。しっかりと高さもありました

皮の厚さは約1.5cm。この皮が柔らかくてうまいです。全高は約5cm。しっかりと高さもありました

とにかく皮の柔らかさが特徴的。パンみたいなふわふわな食感が楽しめます。そしてキャベツ入りの餡は意外とさっぱり。なんでしょう、シュウマイとか餃子の餡みたいなイメージですね。これもいくらでも食べられちゃいそうなうまい肉まんです。点心の肉まんっていう感じがします。現在価格.comではシューマイとにらまんじゅうしか取り扱いがありませんでしたが、大きめのスーパーなどで見つかりやすいですよ。

筆者のおすすめは「神楽坂五十番」

ということで、有名5店の肉まんを食べてみました。ひとくちに肉まんといっても、どれも特徴があって、コンビニの肉まんとはちょっと違う贅沢(ぜいたく)感を味わうことができました。

■ボリュームランキング

肉まん1個あたりの重量でランキングを付けたのがこちら。やはり「神楽坂五十番」が圧倒的に大きいことがわかりますね!

1位:神楽坂五十番 243g
2位:聘珍樓 156g
3位:551蓬莱 144g
4位:蓬莱本館 136g
5位:重慶茶樓 124g

■コスパランキング

肉まん1個あたりの値段でランキングを付けたのがこちら。送料は抜きにしています。大阪勢がトップを飾りました。やはり大阪の街では安さが勝負になってくるのでしょうか?

1位:蓬莱本館 136円
2位:551蓬莱 170円
3位:重慶茶樓 199円
4位:神楽坂五十番 393円
5位:聘珍樓 432円

■個人的おいしさランキング

そして最後に、個人的なおいしさランキングを発表したいと思います。

1位:神楽坂五十番
2位:重慶茶樓
3位:551蓬莱
4位:蓬莱本館
5位:聘珍樓

個人的なNo.1は「神楽坂五十番」の肉まんです。思い入れもありますが、やはりボリューム満点さがたまりません。お店ではキャベツなしの肉のみ! という特製肉まんも販売されており、これがまた濃厚な味わいでたまらないですよ。

今回の学びとして、「551蓬莱」と「蓬莱本館」は名前が似ているものの中身は全然違うということもわかりました。食べやすさなら蓬莱本館。満腹感と独特のジューシーさを味わいたいなら551蓬莱という感じでした。

スーパーではおなじみの肉まんもおいしくて好きですよ

スーパーではおなじみの肉まんもおいしくて好きですよ

とはいえ、筆者はスーパーでも購入できる紀文や中村屋の肉まんも大好きです。みなさんも今年の秋冬は肉まん三昧というのはいかがでしょうか? いろいろと食べ比べてみると、意外な違いや自分の好みの品を見つけることができますよ♪

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る