いいモノ調査隊
日本酒好きにおすすめの珍味が瓶詰で売っている

北海道の珍味「たこまんま」が通販で買えるって知ってましたか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道の珍味、”タコの卵巣”って?

死ぬまでにできるだけ世の中にある変わった食べ物を食べてみたいというのが信条で、旅先はもちろん、デパ地下でも近所のスーパーでも“珍味”探しに余念がない筆者ですが、友人から少し前に聞き付け、どうしても食べてみたいものがありました。

それは北海道で「たこまんま」と呼ばれている、タコの卵巣です。つまりタコの卵ということなのですが、ゆでると“炊いた米粒”のようになるため、このように呼ばれているそうです。

薄い皮に卵がたくさん入ったヤナギダコの卵巣

薄い皮に卵がたくさん入ったヤナギダコの卵巣

タコといえば、兵庫県明石市も有名。明石でもそういえば“海藤花(かいとうげ)”と呼ばれる珍味がありますが、そちらはマダコで、北海道の場合はヤナギダコのようです。マダコに比べると、ヤナギダコの卵は細長い形をしているようです。

そんなたこまんまが気になって仕方がなかった筆者ですが、基本的には現地で消費されてしまうため、ほかの地域にはあまり出回らないようです。東京でも季節によっては一部出回るようですが、いつでもおいそれと手に入る代物ではないようです。

そこでネット通販で探してみたところ、生のものは冷凍したものなら入手できるようですが、やはりシーズンがあるようで、年中手に入るわけではなさそうです。ゆでたものの冷凍であれば比較的手に入りやすいようですが、筆者としてはゆでる前の半透明の状態のものを食べてみたくて仕方がありませんでした。

瓶詰の商品が通販で買える

しかし、もう少し調べてみると、三杯酢や塩漬けにした瓶詰のものを発見。たこまんまは生の状態でも三杯酢や塩漬け、しょうゆ漬けにして食べるとおいしいようなので、まずは瓶詰のもので試してみることに。

北海道白糠産のヤナギダコを塩辛と三杯酢にした瓶詰2種

北海道白糠産のヤナギダコを塩辛と三杯酢にした瓶詰2種

そこでさっそく注文して届いたものを開封。塩辛と三杯酢の2種類ありますが、どちらも見た目は相当グロテスク! ゲテモノはそれほど苦手ではない筆者ですが、ビジュアル的に一瞬ちょっと引きましたが、臆せずにそのまま口の中へ…。

白糠で取れたヤナギダコの卵を素材のうまみを損なわないよう、シンプルに塩のみで漬け込んだ塩辛。ビジュアル的には結構グロテスクですが、プチプチとした食感が魚卵好きにはたまりません!

酢醤油(じょうゆ)で味付けされた三杯酢のほうが色は少し黄みがかっています。塩辛よりも味も臭みも抑えられているため、クセがあまりなくて食べやすく、万人ウケするのはこちらの気がします

食感は、白子のようでありイクラっぽくもある

食べてみた感想は、白子のようでもありますが、プチっとはじける感じがイクラっぽくもあります。イクラよりも少しネットリとしています。味そのものはあまり感じず、どちらかというと食感を楽しむタイプの珍味。個人的には塩辛よりも三杯酢のほうがマイルドで好みです。

タコイカ系の生臭さが少しありますが、臭みは三杯酢のほうが緩和されている気がします。お酒のお供にするために、薬味を足してみました。「塩辛」は粗ぎりのわさびと小ネギ・きざみのり、「三杯酢」はもみじおろしとブロッコリーの芽(カイワレがなかったもので)を添えましたが、薬味をプラスしたほうが断然おいしくいただけます。どちらも、単体の味よりも何かをプラスしたほうがおいしくなる傾向にあると思いました。

「塩辛」にわさびと小ネギ、刻み海苔を乗せて

「塩辛」にわさびと小ネギ、きざみのりをのせて

「三杯酢」には、もみじおろしとブロッコリーの芽

「三杯酢」には、もみじおろしとブロッコリーの芽

このように薬味を加えると日本酒のお供に最適ですが、軍艦巻きにしてもおいしくいただけることを発見! のりの磯の香りとの相性がよくとてもおいしかったです。

軍艦巻きにしても美味

軍艦巻きにしても美味

商品は100g入りで、賞味期限は90日。あまり世に出回らないため希少価値の高い北海道の珍味 “たこまんま”。気になってやまない人が、まずは気軽に試してみるのにうってつけの商品です。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る