松田さんのコラボカップ麺チェック
“二郎インスパイア系”のまぜそばを食べ比べる・第2弾

「二郎系食いてぇ!」と思ったら、千里眼のえげつない「ニンニクザンマイ」カップ麺


有名ラーメン店監修のコラボカップ麺と、お店の味。どこまでカップ麺が再現しているかって、ついつい気になりますよね? そこで今回は、前回好評だった「用心棒」に続いて、同じく“二郎インスパイア系”として人気の「千里眼 (せんりがん)」に注目。唯一無二、えげつないほどのニンニクメニュー「ニンニクザンマイ」と、同店が監修したコラボカップ麺を食べ比べて、その再現度を徹底チェックします。二郎愛が止まらない!

東大生がこう言ったよ。「悪魔的なうまさ」

ニンニクザンマイ? その正体は、“二郎インスパイア系”の行列店「千里眼」が提供する「まぜそば」のことであります。同店の公式Twitterアカウントによるツイートによれば、「5月末ごろまで準レギュラー販売する」とのこと。上の写真を見てアドレナリンが出てしまった、ニンニク好きのジロリアンの方。ぜひ、5月までにチェックしてみてください。

千里眼の最寄り駅は、京王井の頭線・駒場東大前駅。そう、あの東京大学 駒場キャンパスの近所です。若き東大生の胃袋を満たしてくれる、二郎系ラーメン。何だか、夢があるじゃないですか。ラーメンが、いや二郎系ラーメンが、日本の将来を担う時代が来たのです(?)。

冷やし中華……いや、ニンニクザンマイ、始めました!

冷やし中華……いや、ニンニクザンマイ、始めました!

レガシーな券売機を見ると、「ニンニクザンマイ」とだけ書かれています

レガシーな券売機を見ると、「ニンニクザンマイ」とだけ書かれています

二郎系ラーメンでおなじみの、いわゆる“呪文(コール)”。姉妹店ということもあり、前回の用心棒とたいへん似ています。今回は、ニンニクザンマイを注文し、「全部入り(ニンニク、ショウガ、アブラ)」、「辛揚げ(揚げ玉に数種の唐辛子をまぶしたもの)」、「ガリマヨ(ガーリックマヨネーズ)」をお願いしました

お水とレンゲはセルフサービス。コップにお水を入れ、その上にレンゲを乗せ、黙々と待機するのが、この店のお作法

1回のターンで、4杯ができあがる流れ。時間にすると、1回のターンが完了するのは、おおよそ10分弱といったところ

やってきましたよ、ニンニクザンマイ(780円)! 写真の「普通」は麺250g、豚肉1枚の組み合わせです

やってきましたよ、ニンニクザンマイ(780円)! 写真の「普通」は麺250g、豚肉1枚の組み合わせです

生ニンニクや生ショウガ。さらに、茶色いニンニクダレがその上にかかります。なるほど、ニンニクザンマイは、このタレが由来のようです

食べていて大きなポイントになったのは、この辛揚げ。揚げ玉に、数種の唐辛子をまぶしたものです。かなり辛くて、スパイシー!

かき混ぜても、かき混ぜても、どこまで続くの、もやしの山。もやしの大量発生!

かき混ぜても、かき混ぜても、どこまで続くの、もやしの山。もやしの大量発生!

極太麺の歯ごたえは、強烈。用心棒と比べると、千里眼のほうが縮れが少なく、丸めな印象です。豚肉はやわらかいうえ、味がしっかり染みて、激ウマウマ

「悪魔的なうまさ」。カウンターの隣にいた東大生と思わしき若者が、ニンニクザンマイを食べて、思わず、こうつぶやきます。さすが東大生、シンプルかつ的を射た感想。ということで、そのフレーズをここでも拝借しちゃいました。

確かに、トッピングマシマシした生ニンニクや生ショウガ、ガリマヨ、さらに、やや甘めのニンニクだれが幾層にも重なって、複雑で、えげつないハーモニーを楽しめる。もちろん、いい意味で。これに、ソリッドな辛みでヒリヒリする辛揚げが加わるものだから、中毒性がかなり高い。いつまでも食べ続けられる、底なしブラックホールの一杯といったところ。

先日訪れた用心棒と比べると、千里眼の方が、タレや豚肉の味付けが濃いめな印象。辛揚げも、用心棒の辛玉より辛く感じました。じわっと汗をかきます。また、極太麺の弾力は用心棒と同様ですが、千里眼のほうがやや丸めに仕上がっている印象。どちらも甲乙付けがたく、歯ごたえを十分に楽しめます。

食べ終わるころには、怒濤のニンニク攻めに麻痺してしまい、“ニンニク風味”ぐらいにしか感じられなくなってしまうのが、おそろしい。お口の中は、ニンニクの余韻でいっぱい。その余韻を、持って帰れるほど。家に帰るまでが、ニンニクザンマイなのです!

千里眼(せんりがん)。小田急線小田原線「東北沢」駅(東口)より徒歩8分、京王井の頭線「駒場東大前」駅または「池ノ上」駅より徒歩10分。営業時間は11:00〜14:30(L.O.)、17:00〜21:45(L.O.)。日曜営業。定休日は「しばらくの間水曜日」。2019年3月9日時点「食べログ」より

「どんだけー!」なニンニクの香り。3m離れてもわかる

お店のニンニクザンマイを堪能した後は、明星食品が発売するカップ麺「明星 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛」(税別225円)を食べて、その再現度をこまかくチェックしています。

特に目を引くのが、そのパッケージデザイン。「ガーリックマシマシ」「ガーリックソース」「フライドガーリック」「ガーリックマヨ」と、「どんだけー!」と言いたくなるほど、ガーリック(ニンニク)を猛アピールしています。さらに、「にんにく練り込み極太麺」も気になるところ。はたして、お店の一杯をどこまで再現しているのでしょうか。

明星が発売した「明星 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛」。千里眼とのコラボ製品は、これが第4弾になるとのこと

「ガーリックマシマシ」「背脂入りガーリックソース」「フライドガーリック入り」「ガーリックマヨ」と、ものすごいアピール。熱湯は、用心棒カップ麺と同様に770mlが必要です

1食あたりのカロリーは769kcalなのだ!(ちなみに、用心棒カップ麺は810kcal、明星 一平ちゃん夜店の焼そばは607kcal)

カップの中には、液体ソース、後乗せかやく、特製マヨの3袋が入っています。すべて後乗せタイプというのも、おもしろい

麺の中には、キャベツのかやくがあらかじめ入っています。熱湯を入れて5分。湯切りしてから、液体ソースをかけます。見た目は、ソース焼きそばに少し似ているかも

後乗せかやく、特製マヨをかけて完成! 特製マヨは、一平ちゃん直伝のマヨビームタイプで、麺の上に線を引きやすいです

かやくの主役はやはり、千里眼名物の辛揚げ!

かやくの主役はやはり、千里眼名物の辛揚げ!

麺は極太タイプ。用心棒カップ麺と、ほぼ同じような歯ごたえや味かも

麺は極太タイプ。用心棒カップ麺と、ほぼ同じような歯ごたえや味かも

とにかく、ニンニクの香りが全方位に飛び交う! 周辺にいた人に聞いてみると、だいたい3m離れた場所でも、「ニンニクの香りがしっかりと伝わる」とのこと。一番強烈なのは、液体ソース。袋から開けて麺にかけるだけで、ニンニクの世界に突入します。

肝心の味はと言うと、これはもう、パーフェクトな再現度。お店のニンニクだれ風味を再現していて、「あ、これまったく同じ味だ!」と思わせるほど。さらに、辛揚げの見た目や味は、「お店から持ってきたの?」と疑いたくなるほど、そのまんま。辛さもしっかりとしていて、お店でじわっと汗をかいた感覚を呼び覚まします。食後の余韻まで同じです。

いっぽう、具材がキャベツだけということで、タレのクオリティとトレードオフした感が否めません。また、極太麺はにんにく練り込みがウリでしたが、ほんのりとニンニク風味が伝わるだけ。さらに、液体ソースや辛揚げの刺激とまぜてしまうと、麺の香りが弱まってしまいます。加えて、ガリマヨの存在感は、前回の用心棒カップ麺より弱いかもしれません。

とは言え、自前でゆでもやしなど“ちょい足し”すれば、お店の一杯にグンッと近づくこと、間違いなし。夜中、自宅で急に、二郎系ラーメンを摂取したくなったジロリアンには、ピッタリな一杯です。

今回の再現度は?

<いいところ>ニンニクだれや辛揚げは、お店そのまま。食べた後の余韻まで同じ
<気になるところ>具材は、タレのクオリティとトレードオフした印象。ちょい足ししたい

スープ(タレ)の再現度:★★★★★
麺の再現度:★★★★☆
具材の再現度:★☆☆☆
食べごたえの再現度:★★★★★
コスパ:★★★☆☆

好評につき“二郎インスパイア系”の第2弾をお送りしましたが、いかがでしたでしょうか。姉妹店とは言え、お店の一杯とコラボカップ麺、いずれも個性が違うのには驚きました。前回紹介した用心棒、今回紹介した千里眼、どちらのまぜそばも魅力的で、中毒性も高し。自分の好みに合った一杯を見つけてください!

松田真理(編集部)

松田真理(編集部)

デジタル製品全般からホビーやカップ麺・スナック菓子まで、オールジャンルをカバーする編集部員。大のプロレス好き。読み方は、まつだ・しんり。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
カップ麺・インスタント食品のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る