松田さんのコラボカップ麺チェック
“ラーメン大好き松田”さんのコラボカップ麺チェック! なんつッ亭編

“黒マー油”がこってりすぎた。とんこつラーメン「なんつッ亭」カップ麺の苦悩とジレンマ

今や、日本を代表するとんこつラーメン店としても有名な「なんつッ亭」。一番の特徴は、“秘伝の黒マー油”ですが、インスタントのコラボカップ麺では、この香ばしさをどこまで再現できるのでしょうか?

今回は、とんこつラーメンを代表する人気店「なんつッ亭」をチェック!

今回は、とんこつラーメンを代表する人気店「なんつッ亭」をチェック!

“九州ラーメンに対する、関東からの返答”

神奈川県秦野市に本店を構える、人気のとんこつラーメン店「なんつッ亭」。香ばしい“秘伝の黒マー油”が人気を呼び、「ラーメン・オブ・ザ・イヤー」(講談社主催)で3年連続グランプリを獲得するなど、その実力も折り紙つき。「なんつッ亭」というユニークな屋号に加えて、“大将”である古谷一郎氏の積極的なメディア露出などで、その存在を知る方も多いことでしょう。

なんつッ亭は、古谷一郎氏が熊本で修行した後、1997年に開業。その後、神奈川県秦野市の本店を軸として、東京・神奈川を中心にチェーン展開し、今やとんこつラーメンの“最重要店”のひとつとしてあげられるまでに。とんこつラーメンと言えば九州が本場ですが、なんつッ亭はまさに、“九州ラーメンに対する、関東からの返答”と言えるのではないでしょうか。

そんな、なんつッ亭のコラボカップ麺が発売されたので、これをチェックしない手はありません。今回は、東京都心にいながら、なんつッ亭の味を手軽に楽しめる品川店を訪れ、コラボカップ麺との味の違いをチェックしてみました。

なんつッ亭 品川店は、東京・品川のラーメンフードテーマパーク「麺達七人衆 品達」の中にあります。このほか品達には、蒙古タンメン中本、せたが屋、きび、麺屋翔、TETSU、けいすけなど、有名ラーメン店が軒を連ねています

ラーメン好きであれば、思わず目がいってしまうのが、麺の入っている木箱。今回訪れたなんつッ亭には、「なんつッ亭製麺」と書かれた木箱が置いてありました。その名の通り、自家製麺のようです

今回は、具材たっぷりの「なんつッ亭スペシャル」(1,050円)を注文。かなりボリュームがありましたが、お腹が空いていたので、すぐにペロリ

麺は、中太麺。ボリュームがあり、どんぶりの底から引き上げて麺リフトすると、ものすごい勢いで蒸気が上がってきました

なんつッ亭の一番の特徴と言えば、香ばしい“秘伝の黒マー油”。時間が経つごとに、スープ全体が茶色になじんできます。苦味のある“オトナの味わい”です

ラーメンの真ん中には、ゆでた細もやし。時間が経ってもシャキシャキで、とてもいいアクセントになります

ラーメンの真ん中には、ゆでた細もやし。時間が経ってもシャキシャキで、とてもいいアクセントになります

一見すると脂っこそうなスープですが、見た目と異なり、あっさりしています。よく分析してみると、ベースとなるとんこつスープは臭みがなく、とても飲みやすい。 “秘伝の黒マー油”は、ビターな“オトナの味わい”で、油っぽくないようです。さらに、2、3分経過すると、黒マー油がスープ全体になじみ、茶色に変化していきます。コクがさらに深まるので、こうなると、スープをガバガバ飲み始めて、もうヤミツキ状態です。

麺は、「なんつッ亭製麺」による自家製麺。本場の九州とんこつラーメンと比べると、やや太めの中太なストレートタイプです。特に九州とんこつラーメンの中でも麺の細い、博多のラーメンと比べると、かなり太い印象です。

個人的には、九州とんこつラーメンというよりも関西系のラーメン、たとえば、京都ラーメンの代表格である「第一旭 たかばし」「新福菜館」のような、中太ストレート麺に近い印象でした。麺のボリュームに加えて、小麦の味もしっかりと感じられたため、満足度はかなり高いです。

ダシの再現度はバッチリ。マー油の再現度は……

次に、日清食品が発売する「なんつッ亭」カップ麺を食べて、お店の味と比較してみます。

フタと開けると、粉末スープや液体スープ、かやくねぎ、チャーシューが入っていました。どうやら、この液体スープの袋に、黒マー油が入っているようです。チャーシューはかなり分厚く、レトルト食品に近い印象。しかし、黒マー油とともになんつッ亭のラーメンを支える、もやしが入っていないのは、減点かもしれません。

なんつッ亭のお店の味を確かめた後は、コラボカップ麺を食べてみたいと思います

なんつッ亭のお店の味を確かめた後は、コラボカップ麺を食べてみたいと思います

フタと開けると、粉末スープや液体スープ、かやくねぎ、チャーシューの姿が。粉末スープとかやくねぎ、チャーシューをカップに入れて、お湯を注ぎ、4分待つと完成します

お湯を入れた後、フタの上で液体スープ(黒マー油)を温めておくのがポイント

お湯を入れた後、フタの上で液体スープ(黒マー油)を温めておくのがポイント

黒マー油を入れる前の状態。薄口ではあるものの、コクがあって、かなり美味しい!

黒マー油を入れる前の状態。薄口ではあるものの、コクがあって、かなり美味しい!

続いて、マー油を投入。しばらく、どんぶりをかき混ぜます

続いて、マー油を投入。しばらく、どんぶりをかき混ぜます

なんつッ亭のコラボカップ麺が完成しました!

なんつッ亭のコラボカップ麺が完成しました!

麺リフトすると、麺と一緒にスープも引き上げられます。まるで、天下一品の“こってり味”のようです。見た目は、お店よりもこってりな印象です

お店と同様に、2、3分経過すると、黒マー油がなじんで、スープ全体が茶色に変化してきました

お店と同様に、2、3分経過すると、黒マー油がなじんで、スープ全体が茶色に変化してきました

チャーシューのクオリティには脱帽。味や分厚さは、インスタントカップ麺として、かなり高いレベルなのでは?

粉末スープにお湯を注いで4分。黒マー油を入れる前に、ベースとなるスープを飲んでみましたが、これだけでもかなりウマい! とんこつラーメンとしては薄口ではあるものの、ダシがしっかりと効いているため、なかなか楽しめます。

しかし、液体スープの袋を開けて、黒マー油をスープ全体になじませ、意気揚々でスープを飲んでみたところ……何かが違う。こってりすぎる? 塩っ気が強い? 数時間前に食べたばかりの“秘伝のマー油”と比べてしまうと、どうしても違いを感じてしまいます。

お店の黒マー油はそれほど、こってりではなかったのですが、こちらのカップ麺は、天下一品の“こってり味”ぐらい、こってりしています。なおさら、具材にもやしが入っていないのが悔やまれるところ。もやしがあれば、このこってりスープを中和してくれるはずです。

いっぽう、麺は中太麺で、お店の雰囲気に近い印象。さらにチャーシューは、分厚く仕上がっており、しっかりとした肉の味や歯ごたえを楽しめます。このように、「黒マー油の再現度がもう少し高ければ、お店の味にグンッと近づいたのに……」というのが個人的な感想です。

(まとめ)“秘伝のマー油”は、やはり“秘伝”のままなのか?

なんつッ亭の“秘伝のマー油”は、奥深い。改めてそう感じた、“ラーメン大好き松田”さんなのでした

なんつッ亭の“秘伝のマー油”は、奥深い。改めてそう感じた、“ラーメン大好き松田”さんなのでした

総評すると、なんつッ亭の“命”とも言える“秘伝のマー油”を、インスタントで完全に再現することは、かなり難しいのではないかと感じました。ベースとなるスープがとても美味しく、「お湯で溶いただけ」とは思えないクオリティであっただけに、マー油の再現度が惜しかったのは残念なところ。門外不出の味を再現するのは、とても難しいかもしれませんが、次回作にぜひ期待したいです!

松田真理(編集部)

松田真理(編集部)

デジタル製品全般からホビーやカップ麺・スナック菓子まで、オールジャンルをカバーする編集部員。大のプロレス好き。読み方は、まつだ・しんり。

関連記事
カップ麺・インスタント食品のその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る