いいモノ調査隊
電源不要! 押すだけで簡単にエスプレッソが作れるマシン、その名も「押すプレッソ」を試してみた。

新発明!“押すだけ”でエスプレッソが作れるアナログマシン

筆者はコーヒー、なかでもエスプレッソが好きなのですが、家で気軽に淹れられないのが難点。エスプレッソマシンは高価ですし、場所もとるし手間もかかります。そんな悩めるエスプレッソ好きの人必見のアイテムを見つけたのでご紹介です。その名も「PUSH PRESSO(押すプレッソ)」。コーヒーメーカーのKEY COFFEEが発売する手動式のエスプレッソマシンです。その名の通り「押す」エスプレッソなのですが、いったいどんなアイテムなのかさっそく紹介していきましょう。

今回はスターターキットを購入しました

今回はスターターキットを購入しました

専用ホルダーと3種類のコーヒー付きです

専用ホルダーと3種類のコーヒー付きです

今回購入したのは専用ホルダーと3種類のコーヒーが入ったスターターキットです。ホルダーとコーヒーPODはそれぞれ別売りもされておりますよ。作り方はとっても簡単。専用PODを入れたホルダーに熱湯を注ぎ、柔らかい素材のふたをかぶせて、指でプッシュするだけです。これでまろやかでコクのあるエスプレッソが簡単にできちゃうということなのですが…本当でしょうか。とにかくまずは試してみることにしましょう。

専用ホルダーです。ご覧のとおり、電源は必要ありません。上の丸いところを押すようになっています

専用ホルダーです。ご覧のとおり、電源は必要ありません。上の丸いところを押すようになっています

専用のコーヒーPODは中を開けるとこんな感じに

専用のコーヒーPODは中を開けるとこんな感じに

まずは熱湯を沸かしておきます。次に専用ホルダーの下にカップやコップを置いてスタンバイ。専用ホルダーの下部分を開けて専用PODを入れます。このホルダーの下部分を開閉するのにちょっとコツがいりました。レバーを押して開けると書いてあるのですが、押してもなかなか開かない。ツメの引っかかりがうまくいかないんですかね。注意書きにも「レバーを手前に引かないように」と書いてあるのですが、これうっかり引いて折れてしまいそうなので注意です。とにかくツメを外して下部分を開閉します。ここに専用PODのコーヒーを入れます。専用PODは平べったい袋になっていますが、平面になっている網目模様のほうを上にしてセットします。あとはホルダーの下部を戻して準備OK。

専用ホルダー下部に専用PODを入れ、カチッと音がするまで閉めます

専用ホルダー下部に専用PODを入れ、カチッと音がするまで閉めます

ホルダーには目盛りがついていて、お湯を入れる量をショート(30ml)、ミディアム(65ml)、トール(85ml)の3段階から選べます

ホルダーには目盛りがついていて、お湯を入れる量をショート(30ml)、ミディアム(65ml)、トール(85ml)の3段階から選べます

熱湯を注いだらコーヒーのドリップ開始です。ホルダー下部には穴が開いており、ここからドリップするのですが、熱湯を入れた瞬間からドリップが始まってしまいます。なので急いでゴムのフタをとりつけて、ここからプッシュ開始です。お湯がなくなるまでプッシュし続けます。フタの真ん中部分には穴があいており、ここを指でふさぎながらプッシュするとのこと。およそ30秒くらいですかね。プッシュし終わると、エスプレッソの完成というわけです。うーん、これでいったい何が変わるんだろう?

急いでフタをとりつけてプッシュ開始です

急いでフタをとりつけてプッシュ開始です

動画でもプッシュの模様をお届けいたします

さてエスプレッソが完成しました。プッシュすることで専用ホルダー内部に圧力をかけて、ポンピング抽出する仕組みなのですが、このプッシュする操作に意外と力が必要です。また、お湯を入れたら急いでフタをしないといけないというのもあり、なんだか慌てて作業している! みたいな感じになりましたよ。コーヒーの色具合を確かめるためにガラスのコップで試してみたのですが、エスプレッソ独特の泡(クレマ)がたつような感じではなく、普通にドリップしたような黒いコーヒーができあがりました。

真っ黒なエスプレッソの完成です

真っ黒なエスプレッソの完成です

エスプレッソカップに入れると雰囲気が出ます。そして香りがいいです

エスプレッソカップに入れると雰囲気が出ます。そして香りがいいです

一応試しに、「押す」操作をしないでただドリップしただけのコーヒーと飲み比べてみました。これは個人の味覚によるかもしれないのですが、確かにプッシュしたエスプレッソは香りもよく、何もしないコーヒーに比べて、ほんのり甘みがあるように感じました。本格的なエスプレッソって苦いじゃないですか? それがもうちょっとマイルドになったような感じで、濃いコーヒーが苦手な人にも楽しめるほどよい甘みになっているように思えましたよ。エスプレッソのようなコクがありつつ、ドリップコーヒーのようななめらかさも兼ね備えた、いわば両者の中間のような味わいでした。よく調べてみると、エスプレッソと呼べるのは決まった気圧や抽出時間に従って作られたものだそうで、このマシンで作れるのはあくまでエスプレッソ風のコーヒーだそう。個人的にはすごく気に入りました。

フォームミルクを足してカプチーノを作ってみたり

フォームミルクを足してカプチーノを作ってみたり

手動でポンピング抽出する仕組みのエスプレッソマシンはほかにもありますが、これだけ簡易でしかも本当に押すだけというものはこの押すプレッソくらいですよね。一見、こんなに簡単で本当にエスプレッソが楽しめるの? と思ってしまいますが、思った以上に本格的なおいしいエスプレッソ風のコーヒーを味わえたので驚きです。専用のPODは、柑橘系の「スイートルージュ」、香ばしアロマの「プレッソブレンド」、酸味が楽しめる「プレッソダーク」の3種類があり、どれも香りがよく、なめらかな味わいが楽しめるコーヒーでした。押す操作は慌ただしくもありますが、なかなか楽しいですし、完全手動なので野外でも使えます! 手軽においしいエスプレッソを楽しむにはもってこいのアイテムですよ。

スイーツと一緒に楽しめる手軽なエスプレッソマシンです

スイーツと一緒に楽しめる手軽なエスプレッソマシンです

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
お茶・コーヒーのその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る