ニュース
ソニーがホビー業界に参入! 2つのリングで2つのブロックを動かして遊ぶ

ソニーのおもちゃ「toio」は、子供に与えたくなる創作系科学トイ

ソニーは2017年6月1日、ロボットを操作できる子供向け「トイ・プラットフォーム toio(トイオ) TA-T010」(以下、toio)を発表した。発売は2017年12月1日を予定しており、市場想定価格は21,600円(税込)。

ソニーの子供向け玩具「toio」のセット。モノクロ液晶ディスプレイを搭載している横長の筐体がコンソールで、リング状のものがコントローラーの「toioリング」、2つの直方体がコントローラーの操作で走り回る「toioコア キューブ」だ

2つの小型ブロックを動かして遊ぶ

「toio」は、モーターで走行する小型ブロック「toioコア キューブ」を、コントローラー「toioリング」で操作して遊ぶデジタルトイ。同社が開発した新技術「絶対位置センサー」や加速度センサーを採用することで、「toioコア キューブ」が専用マットの上でプログラミングに応じたアクションを繰り広げる。さらに、ソフトウェアの別売「カートリッジ」を入れ替えると、「toioコア キューブ」の動きや遊び方が変わるのもおもしろい。

モーターとタイヤを搭載する「toioコア キューブ」。コンソールとBluetoothで接続し、コントローラー操作やコンソールからの指示でさまざまな動きをする。上面には突起があり、レゴ ブロックがはめられる仕様となっている

コントローラー「toioリング」には、色が付いたジョグや操作ボタン、3軸加速度センサーを搭載

コントローラー「toioリング」には、色が付いたジョグや操作ボタン、3軸加速度センサーを搭載

コンソール中央のスロットにソフトウェアのカートリッジを挿すことで、「toioコア キューブ」の動きが変わる仕組み。コンソールにはモノラルスピーカーが搭載され、BGMや効果音も流れる。左右のくぼみがクレードルになっており、「toioコア キューブ」が充電可能。フル充電で約1.5〜2時間遊べる

ロンチタイトルは2タイトル

「toio」のコンセプトがわかる基本ゲーム集
「トイオ・コレクション」(TA-C0S001)

オフィシャルタイトルのひとつ「トイオ・コレクション」は、2017年12月1日にコンソールと同時発売。市場想定価格は5,400円(税込)

「トイオ・コレクション」は、工作やレゴ ブロックなどを組み合わせて遊ぶスタンダードゲーム集。1対1のバトルゲームや「コマンドカード」を使ったパズルゲームなど、5タイプのゲームを収録予定だ。

開発チームのスタッフがバトルゲームで遊んでいるシーン。互いの「toioコア キューブ」をぶつけ合って遊ぶ

開発チームのスタッフがバトルゲームで遊んでいるシーン。互いの「toioコア キューブ」をぶつけ合って遊ぶ

「toioコア キューブ」の上には、レゴ ブロックをのせられる。そのカスタマイズ性の高さが、「toio」の魅力のひとつだ

「toioコア キューブ」の裏面には読み取りセンサーを搭載。写真右のように、「toioコア キューブ」を「コマンドカード」にかざして“動き方”を読み取らせ、ゲームルールに合わせて動かして遊ぶ

「トイオ・コレクション」の公式動画はこちら。

動きのプログラムと工作で人工生物を作るブック付きタイトル
「工作生物ゲズンロイド」(TA-C0EU01)

「工作生物ゲズンロイド」は、作り方BOOKと工作シート(全15生物+α)、カートリッジ(動きプログラム)がセットになっているタイトル。2017年12月1日発売で、市場想定価格は4,320円(税込)

「工作生物ゲズンロイド」は、ピタゴラスイッチなどを手がけた企業、ユーフラテスが企画協力しているカートリッジセット。紙工作と「動きのプログラム」を組み合わせて、あらゆる“新生物”が作れる。

「工作生物ゲズンロイド」の公式動画はこちら。

“新生物”は、「絶対位置センサー」を使ったロボット制御技術がベースとなっており、2台の「toioコア キューブ」に多彩な「動きのプログラム」を注入することで、2台が協調連動して生き物のような動きを表現する。作れる“新生物”は、しゃくとり虫のような「シャクトリー」や、足のような動きをする「足の人」、クワガタやザリガニのようにモノをつかめる「デュアルツカムシ」、いっぽうの「toioコア キューブ」をずっと“目”で追いかける「めだま生物」など全15種類。なかには、加速度センサーにより周囲の衝撃に反応する“新生物”もある。

しゃくとり虫のように動く「シャクトリー」。1枚の細長い紙で2台の「toioコア キューブ」をつなげただけで、生物のような動きを見せる

いっぽうの「toioコア キューブ」を“目”で追いかけ続ける「めだま生物」。「めだま生物」のほうは自動プログラムで、もういっぽうの「toioコア キューブ」はコントローラーで操作する。「めだま生物」は、もういっぽうのキューブが専用マットからいなくなると、それを探し回るような動きをするのだが、その動作からまさに生き物のような生々しさを感じるのがすごい

まとめ

以上からわかるように、「toio」は手軽なカスタマイズ性と短時間で結果がわかるゲーム性が大きな魅力。コンソールとカートリッジ1本で25,000円前後と初期費用としては決して安くはないものの、「ニンテンドー3DS」やスマホのゲームアプリと異なり、工作という自由度の高い遊びがからんでいるので、子供たちの向上心や創作意欲を大いに刺激できるように感じた。子供の親とすれば、テレビゲームより安心して買い与えられるだろう。また、版権モノも含めて、子供たちがもともと持っている好きなキャラクターのフィギュアや人形を好きなように「toioコア キューブ」の上に乗せて遊べるのも強い武器となるはずだ。

「toio」は、ソニー初の子供向けトイとなるが、普及するかどうかは今後のソフトウェアの充実度次第であろう。オフィシャルタイトルだけではなく、サードパーティーからのカートリッジ提供にも期待がかかる。6月1日から始まる「東京おもちゃショー2017」では、大手企業とタッグを組んだ肝いりの第3弾タイトルが発表されるので注目したい。

なお、「toio」はソニーのクラウドファンディング&ECサイト「First Flight」で2017年6月1日より先行予約販売をスタート。コンソールが特別価格で販売されるうえに、ロンチ2タイトルとレゴ ブロック製品が同梱される「初回限定セット」などが用意される。

「toio」の対象年齢は、小学校低学年以上を想定

「toio」の対象年齢は、小学校低学年以上を想定

注:写真に写っている製品はすべて試作機のため、仕様が変更になる可能性があります。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る