オリジナルデザインの電動ショットガン「SGR-12」も新登場

次世代電動ガン「DELTA HK416」の姿も! 「東京マルイフェスティバル」で展示される新製品を一足先に見てきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアガンメーカーの東京マルイは、2016年11月26日(土)と27日(日)の2日間、東京・秋葉原にあるベルサール秋葉原で「東京マルイフェスティバルinベルサール秋葉原 3rd」を開催する。イベントでは、同社のエアガン製品を一堂に展示するほか、最新製品の展示やシューティングレンジでの射撃体験、ステージイベントなども企画されており、サバイバルゲームファンやミリタリーファンにはたまらない内容となっている。開催前日となる11月25日、開催に先駆けてメディア・業者向けの発表会が行われ、イベントで一般ユーザーに初披露される新製品が発表された。ここでは、発表会で明らかになった新製品の情報をレポートする。

次世代電動ガンの最新モデルはタンカラーが特徴的な「HK416 DELTA CUSTOM」

発表会でまず発表されたのは、「シュート&リコイルエンジン」によるリアルなリコイル(反動)が特徴的な次世代電動ガンの新モデル「HK416 DELTA CUSTOM」。こちらは製品名のDELTAが示すとおり、デルタフォース(アメリカ陸軍・第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊:1st SFOD-D)が使用するHK416カスタムを再現したモデルだ。デルタフォースの情報は非常に入手困難だそうだが、同社は独自のルートで情報を入手。入手した情報を分析し、その内容をしっかりとフィードバックすることで再現性を高めたという。ちなみに発表会では、「CQB(近接戦闘)仕様」「ミドルレンジ(中距離)仕様」「スナイパー(長距離)仕様」という3つのコンセプトに合わせたカスタマイズモデルも披露された。

HK416 DELTA CUSTOM。デルタフォースの使用するHK416カスタムを再現した次世代電動ガンの最新モデルだ

HK416 DELTA CUSTOM。デルタフォースの使用するHK416カスタムを再現した次世代電動ガンの最新モデルだ

発表会に登壇した同社広報課の島村氏。手に持っているのは、CQB用カスタマイズを施したHK416 DELTA CUSTOM

発表会に登壇した同社広報課の島村氏。手に持っているのは、CQB用カスタマイズを施したHK416 DELTA CUSTOM

ミドルレンジ仕様のHK416 DELTA CUSTOMを持って登場したグラビアアイドルの望月茉莉さんは、HK416 DELTA CUSTOMのPVにも出演

HK416 DELTA CUSTOMのPVに出演している同社の杉本氏は、スナイパー仕様にカスタマイズしたHK416 DELTA CUSTOMを持って登場

本体は次世代電動ガンの既存モデル「HK416D」をベースに、色調の異なる5色のタンカラーベースのカラーリングを採用。ストック部分のタンカラーはデルタ専用のタンカラーになっているという。また、実パーツから採寸したというアルミ切削のガイズリータイプレイルが標準装備となっているのもポイントで、細身でホールドしやすくなっている。ちなみに、10.5インチタイプのガイズリータイプレイルの採用は同社初とのこと。別装着のレイルもロング1枚、ショート2枚をあらかじめ付属しており、カスタマイズの自由度が高いのも大きなポイントとなっている。

14mm逆ネジ仕様のアウターバレルもデルタ専用の新規のものになっており、銃口のフラッシュハイダーも新規のシュアファイヤータイプが採用されている。グリップは、スリムなフォルムで握りやすいTangoDown(TD)タイプだ。ストックはクレーンタイプで、バッテリーはストック内に収納する8.4V SOPMODバッテリー(別売り)となる。付属するマガジンは、82連ノーマルマガジン。このほか、バトルフォアグリップも別途販売予定となっており、ブラックとタンカラーの2色をラインアップするという。発売は2017年1〜2月頃を予定。価格は現時点では未定となっている。

HK416 DELTA CUSTOM 5色のタンカラーを採用 グリップ部分 ストックはクレーンタイプ バトルフォアグリップもオプションで用意される

東京マルイオリジナルデザインの電動ショットガン「SGR-12」

続いて発表されたのは、電動ショットガンの新モデル「SGR-12」だ。同社は今年1月に世界初の電動ショットガン「AA-12」を発売している。AA-12では、ショットガンの3発同時発射がついにフルオートでもできるようになったということで大きな話題を呼んだが、その特徴的なメカボックス部分はそのままに、まったく新しいオリジナルデザインで仕上げたのがSGR-12となる。

SGR-12は、東京マルイオリジナルデザインの電動ショットガンだ

SGR-12は、東京マルイオリジナルデザインの電動ショットガンだ

なかでも大きく目立つのがマガジン部分。ショットシェルがむき出しになったようなデザインを取り入れるなど、かなり挑戦的なデザインに仕上がっている。ちなみに、マガジンはAA-12と互換性が確保されており、AA-12の標準マガジンやドラムマガジンも装着可能となっている。

付属のハーフスケルトンマガジン。ショットシェルがむき出しになったようなデザインが特徴的だ

付属のハーフスケルトンマガジン。ショットシェルがむき出しになったようなデザインが特徴的だ

このほか、フロントレイルのアクセサリー用アタッチメントについては、同社初となるM-LOK規格を採用。3、5、7スロット各1の計3枚のレイルが標準で付属するほか、レイルのみの別売りも予定しているという。TangoDown(TD)タイプのグリップは、スタンダードタイプM4系と互換性があり、モーターが入ってないので交換も可能とのこと。なお、発売時期についてはしばらく先になる見通しで、詳細は来年の「静岡ホビーショー」での公開を目指しているという。

AA-12 ボディのほとんどがアルミ切削加工 電動ショットガン用のドラムマガジンも利用可能 ドラムマガジンを装着したところ

ガスブローバックハンドガンの新製品やオプション製品も多数登場!

次世代電動ガンと電動ショットガン以外にも、ハンドガンの新製品も多数発表された。ガスブローバックタイプの新製品としては、すでに発表されている「H&K USP」に加え、新たに「GLOCK19 3rd Generation」「COLT M45A1 CQB PISTOL」「V10 ULTRA Compact」の3モデルが投入されることが明らかになった。イベント会場ではモックアップのみの展示で、細部の造形やカラーリングまでは確認できなかったが、いずれも2017年発売とアナウンスされていた。いずれも注目度の高い製品なので、さらなる情報公開が待たれるところだ。

2017年発売予定のガスブローバックハンドガン

2017年発売予定のガスブローバックハンドガン

また、2017年新春に発売を予定している製品として、ガスブローバックの「SIG P226E2」と「DETONICS.45」のシルバーカラーモデルがアナウンスされたほか、オプション製品として、「ガスブローバックHK45用のロングマガジン」(装弾数40発)や、「ガスブローバックSIG P226用ロングマガジン」(装弾数37発)、スコープ装着などに使うハイマウントタイプの「マウントリングH」、スタンダードM4系やハイサイクルM4系にしか対応していないツインドラムマガジンをほかの電動ガンでも使えるようにする「ツインドラムマガジン専用・別売りアダプター」などもお披露目された。

SIG P226E2シルバーカラーモデル DETONICS.45シルバーカラーモデル ガスブローバックHK45用のロングマガジン ガスブローバックSIG P226用ロングマガジン マウントリングH ツインドラムマガジン専用・別売りアダプター ツインドラムマガジン専用・別売りアダプター

会場にはこのほかにも、11月25日に発売したばかりのガスブローバック「M4 CQBR BLOCK1」をはじめ、11月30日発売を予定している「SAMURAI EDGE SPECIAL COLOR VARIATION バイオハザード20周年アニバーサリー限定モデル」、近日発売予定のガスブローバック「H&K HK45 Tactical」、年内発売予定のコッキングエアガン最新モデル「M40A5」といった最新モデルも展示されていた。

M4 CQBR BLOCK1 SAMURAI EDGE SPECIAL COLOR VARIATION バイオハザード20周年アニバーサリー限定モデル 歴代のバイオハザードコラボモデルも展示されていた H&K HK45 Tactical M40A5 会場中央には、アメリカ軍の軍用車両「ハンヴィー(HMMWV)」も展示されていた 次世代電動ガンもズラリと並ぶ ハイサイクルカスタムも全機種勢ぞろい ガスブローバックモデルやエアーボルトアクションも展示
遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.5.26 更新
ページトップへ戻る