いいモノ調査隊
スピン、ドリフト、フリップなど迫力ある動きを楽しめます!

あのボール型ハイテクロボットトイに爆走兄弟が登場!

以前ご紹介したことのある、スマートフォンで操作するボール型のロボットトイの“Sphero”。スマートフォンと接続し、操作をしたり、それ自体が入力デバイスとなったり、アプリ次第で多様な遊び方ができる次世代型の玩具としてご紹介しました。そんなSpheroに兄弟分とも言える商品が日本でも発売されました。

 Ollie

Spheroと同じポリカーボネイト製の丈夫な本体の両端にタイヤのようなカバーを取り付けて走らせます。もちろんカバーなしでも使用は可能で、摩擦が加わって違った操作性が楽しめます

“Ollie(オリー)”と呼ばれるこの商品は、Sphero同様、スマートフォンで操作するロボットトイという点は同じ。しかし、Spheroと大きく違うのは、樽型の形状で、基本的にはスマホで動かして遊ぶラジコン的なロボットであるということ。ただし、スピードが秒速最大6.3メートルと、かなりのスピードで走行できます。また、アプリを使って、スピードはもちろんグリップなどを自由に調整でき、スケートボードの動作のようにダイナミックに動かして遊ぶことができます。

スマホのアプリ画面。画面を横にすると“トリックモード”になり、右側のパッド上で、スワイプやホールドといった操作をすると、スピンやブレーキング、フリップなどのトリックのある動きで動かせます

スマホのアプリ画面。画面を横にすると“トリックモード”になり、右側のパッド上で、スワイプやホールドといった操作をすると、スピンやブレーキング、フリップなどのトリックのある動きで動かせます

走行中。けっこうスピードが出ます!

アプリによって多様な遊び方ができるSpheroとは違い、現状提供されているアプリは1種類ですが、今後もアプリやアクセサリーは増えていくとのこと。ただし、Spheroのようにアプリのバリエーションというよりも、操作する側のドライビングテクニックのバリエーションで楽しんでいくといった方向性のガジェットです。そのため、Spheroに比べると、ルール的なものに縛られずより直感的に遊べる印象。スピン、ドリフト、フリップなどドライビングテクニックを上げるには練習が必要ですが、Spheroに比べると最初の取っ掛かりが容易で、低年齢の子どもから大人まで遊ぶことができます。

遊び方はラジコンに似ていますが、より高いパフォーマンスを楽しめる商品。ちょっとハイテクでクールなこちらの商品は、ストリート系シーンで目立つこと必至です。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ラジコン・ロボットのその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る