いいモノ調査隊
今年は 『遊☆戯☆王』20周年! 「もう一人のボク」こと闇遊戯がフィギュアになって召喚されました。

【祝20周年】 フィギュア化された闇遊戯がイケメンすぎる!

コレクションという趣味って、男子特有だと思うんですよね。ただの物欲とはちょっと違う…“蒐集(しゅうしゅう)”して、それを並べて自分だけの世界観を作るという。トレーディングカードゲーム(TCG)のファンのほとんどが男子というのもうなずけます。そんなTCG人気の火付け役となったアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から、あの主人公がフィギュア化されたということでさっそく購入してまいりました。30代前半の方なら、一度は学校でデュエルをした覚えがあるのではないでしょうか? 今一度「遊☆戯☆王カード」を集めたくなってしまうようなハイクオリティーな造形をご覧ください。

「figma 闇遊戯」です

「figma 闇遊戯」です

付属品にはもちろん「デュエルディスク」も!

付属品にはもちろん「デュエルディスク」も!

登場人物を変えて現在もテレビアニメで放映中の『遊☆戯☆王』シリーズですが、やっぱり遊戯といえばこの人!『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の主人公、武藤遊戯のもう1つの人格「闇遊戯」です。いわゆる「もうひとりのボク」ですね。今回のフィギュアは「決闘者(デュエリスト)」となった「闇遊戯」がフィギュア化されています。連載開始20周年を記念して、この2016年春には久しぶりに遊戯が活躍する劇場版も公開されて、当時のファンはまた蒐集欲をかき立てられたのではないでしょうか? そんなタイミングでのフィギュアですので、筆者もまんまと策略にはめられたかのように購入してしまいました。

テレビアニメから飛び出してきたようなエッジの効いたデザインです

テレビアニメから飛び出してきたようなエッジの効いたデザインです

この「闇遊戯」の本体は全高約14.5cmで、特徴的な髪型が見事に再現されています。またアニメでの活躍をイメージしたような、上着の翻り方やズボンの折り目、シワなどが細かく再現されており、非常に格好いいですよ。そしてもちろん「デュエルディスク」をはじめ「千年パズル」やカードなど小物も盛りだくさん。これもていねいにデザインされており再現度が高いです。おもしろいのが、交換用の表情は1個しかついていないものの、目線のパーツが3つ付属しており、表情と目線を変えることで6種類の表情が作れるようになっているところ。

交換用の目線を使って、左、正面、右と目線を変えられるようになっています

交換用の目線を使って、左、正面、右と目線を変えられるようになっています

そしてお待ちかねの「デュエルディスク」です。これは左手の肘から手首までの部分を交換するようになっており、ノーマルの腕と「デュエルディスク」の腕とを選択できるようになっています。劇中同様のカラーリングとデザインがこれまた格好よく、腕の可動にも影響が出ないので、自由な角度でポージングが可能です。そして首から下げる「千年パズル」と、持ち手用のカードが1枚、5枚セットになったカードが1つ付属しており、これを持たせることで「俺のターン! ドロー」が再現できるようになっていますよ。

「睨(にら)み顔」に交換し、カードを持たせてデュエルスタンバイ!

「睨(にら)み顔」に交換し、カードを持たせてデュエルスタンバイ!

目線を変えてポージング

目線を変えてポージング

専用スタンド付属で、上着装着状態でもしっかり自立できるようになっています

専用スタンド付属で、上着装着状態でもしっかり自立できるようになっています

今回記事を書くにあたり「闇遊戯」をいろいろポージングさせていたのですが、「やはり本物のカードも必要なのでは? そうだ、本物の「遊☆戯☆王カード」と比較した写真を載せよう」という使命感を建前に、すごく久しぶりに「遊☆戯☆王カード」を買ってしまいました。しかも今春の映画に合わせて、この遊戯が使うムービーパックなるものが発売されているじゃあありませんか! さらに、すべてオールレアのKCカードとありました。これは買わないと! とりあえず3パックほど購入して、あのドキドキ感を味わいながら開封したところ、キターッ! 欲しかったあのカードが出ちゃったので「闇遊戯」と一緒に撮影です。

「俺はアップル・マジシャン・ガールを召喚してターンエンド!」

「俺はアップル・マジシャン・ガールを召喚してターンエンド!」

「トラップ発動! 方界曼荼羅!」

「トラップ発動! 方界曼荼羅!」

…とまぁ、こんな感じで本物のカードと一緒に飾ると、これまたストーリー性ができて楽しくなりますよ! しかし久しぶりに「遊☆戯☆王カード」を買いましたが、説明文がすんごい多いですねー。老眼には無理です! でもデッキを作るワクワク感とバトルをしている時のドキドキ感を思い出しながら、楽しむことができました。同メーカーからは固定フィギュアですが「ブラック・マジシャン・ガール」も発売されているので、いつか一緒に飾ってみたいです。さて写真のほうも盛り上がっていきましょう!

遊戯ピンチ! …だが最後のドローにかける!「俺のターン! ドロー!!」

遊戯ピンチ! …だが最後のドローにかける!「俺のターン! ドロー!!」

「ブルーアイズ召喚!」一発逆転の超強力カードを最後にドロー!

「ブルーアイズ召喚!」一発逆転の超強力カードを最後にドロー!

1人バトルを楽しみながら飾れるフィギュアなのです

1人バトルを楽しみながら飾れるフィギュアなのです

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る