いいモノ調査隊
初出動成功!本物の戦艦が進んでいるようでカッコいいー! インテリアとしても◎

水上を走る! ラジコン船になった戦艦ビスマルクがカッコいい

私は魚釣りが好きで、四季を通じて楽しんでいます。最近は東京近郊の河川で青イソメを使ったチョイ投げ釣りで、スズキを狙っているのですが…まったく釣れません。でも、小魚が入れ食い状態のような釣りよりも、釣れるかどうかわからない比較的大物狙いの釣りが好きなのと、川辺でボケーッと本を読みながらさお先に付けた鈴が鳴るのを待つような釣りが好きなので、釣れなくても楽しんでいます。

先日、いつものように川で釣りをしていると、親子連れがラジコンボート遊びをしていて、これがすごく楽しそうで私も欲しくなってしまいました。釣りの時間がより楽しくなるんじゃないかと思い、家に帰ってさっそく買っちゃいました。

 BATTLESHIP ビスマルクタイプ戦艦ラジコン船

BATTLESHIP ビスマルクタイプ戦艦ラジコン船

戦艦タイプのこのラジコン船を選んだ理由は、フィーリングとしか言いようがありません。ネットで画像を見てひと目ぼれしてしまいました。値段が予想以上に安かったですし。大きさは1/360スケールで長さが約71cm、幅が10.5cm、高さが20cmです。実物も予想以上にデカくて、かっこよくて大満足です!

インテリアとしても十分過ぎるかっこよさ〜

インテリアとしても十分過ぎるかっこよさ〜

最初からできあがっているので、プラモデルのように組み立てる必要はありません(船の先端、後端、トップの3か所だけは接着剤を付けて差し込む部品があります)。また、4か所の主砲と6か所の副砲は向きを変えることができます。

私は戦艦マニアではなく、先ほど書いたようにフィーリングで買っちゃったのですが、後日調べてみると、歴史的に有名な戦艦だということがわかりました。

このビスマルク戦艦は、第2次世界大戦のときにドイツが作ったドイツ海軍最大で最新鋭の戦艦だったそうです。当時の画像なども調べたりしましたが、このラジコン船はビスマルクをかなり忠実に再現していると思いました。

付属品やラジコン船の性能について

付属品やラジコン船の性能について

画像に写っているものが付属品のすべてです。コントローラー、アンテナ、コントローラー用の9V電池、本体用の充電式電池、充電器、後付けの戦艦部品、ディスプレイ用のスタンドも付属しています。

充電時間は約4時間で動作時間が約20分。電波範囲が約30〜45mで最高速度が6.8kmです。ちなみに、競泳選手の平泳ぎのスピードが約6.5kmらしいですよ。

さっそく、動作確認をしてみます。

充電済みの電池を本体につなげます

充電済みの電池を本体につなげます

本体の電池ボックスは6個のネジで固定されている戦艦飾り部分の下にありました。実際に遊んでいるときに何かしらの理由で戦艦を紛失する恐れもあると考えて、「もし回収したらご連絡ください」のメッセージを書いた名刺を隠し入れました。

スクリューが回れば動作確認OKです

スクリューが回れば動作確認OKです

短い動画をご覧ください。

動作確認の方法は2通りあります。ひとつはお風呂等で実際に動かしてみる。もうひとつが動画のように陸の上で行う方法です。スクリューは安全防止のために水の中でしか動作しない設計になっています。陸の上で動作確認をするときにはセンサーに指を当てながら動作確認をします(ラジコンに電源オン・オフのボタン機能はありません)。

準備ができたので、ビスマルク戦艦、出動〜〜〜

早朝の荒川河口付近にて

早朝の荒川河口付近にて

ちょっと魚釣りの話に戻りますが、子供の頃に大好きだった釣り漫画『釣りキチ三平』の中で、ラジコン船でトローリング釣りをするような話があり、憧れていたので、今回それにも挑戦しちゃいます(まず釣れないと思いますが…)。

一応、今回の主な仕掛けとルアーです。

餌はルアーと呼ばれる疑似餌です

餌はルアーと呼ばれる疑似餌です

今回、なんのルアーを使用しようかと迷いましたが、ラジコン船の動作時間が20分と限られていることもあり、わかりやすさとインパクトを第一に考えてフロートタイプ(沈まないタイプ)の、バルタン星人ルアーを使ってみます。運がよければシーバスが弱った魚と間違えて食らいつくかも?

ルアーは釣り糸でラジコン船につなぎました。スクリューに糸が絡まないよう、ストローに糸を通します。ストローは船側の位置で動かないように固定してあります。固定方法はウキ釣りのときのゴム管をとめる方法と同じで、ストローに短いストローを刺しました。また、万が一を考えてラジコン船本体はリール付きの釣りざおに糸でつなぎ、紛失防止策を講じています。

では初のラジコン船に挑戦します!

初出動成功しました〜

初出動成功しました〜

この日は若干引き潮で水面が遠かったのでラジコン船を落とすように入れたのですが、ひとまず無事に浮いてくれたので、ほっとしました。

予想以上のスピード感です

予想以上のスピード感です

ラジコン船の操縦は人生初だったのですが、メチャクチャおもしろい〜。見た目も本物の戦艦が進んでいるようでカッコいいです! 広い河川だったのでぶつかることなく、ヘリコプターラジコンのように落ちる心配もないし、ラジコン初心者にもオススメだと思いました。

でも、ちょっとだけコントローラーの操作方法が特殊に感じました。

電源スイッチは本体同様にありません。操作レバーを動かすと電源がオンになります

電源スイッチは本体同様にありません。操作レバーを動かすと電源がオンになります

コントローラーのレバーは左右ともに上下にしか動きません。上下の組み合わせで前進したり後退したり曲がったりします(前進↑↑、後退↓↓、左折↓↑、右折↑↓)。慣れると簡単ですが、普段、カーラジコンなどで遊んでいるかたには違和感があるかもしれません。

ラジコン船の動画をご覧ください

あっという間の楽しい20分間のラジコン船遊びでした〜。魚は予想どおり釣れませんでしたが、今度から毎回挑戦したいと思いました(死ぬまでに1匹これで釣りたい!)。

釣れたらカッコいいのにな〜と思い、電池切れの後も手動ルアー引き釣りを試みましたが、ダメでした

普通の釣りも引き続き続けましたが、この日も坊主〜

普通の釣りも引き続き続けましたが、この日も坊主〜

みなさんも、釣りやレジャーのお供にラジコン船を持って行ってはいかがでしょうか? 楽しさが倍増すると思いますよ。

べっぷおんせん

べっぷおんせん

一人暮らしで妄想に耽る日々が続いてます。趣味は競馬で勝ったお金でアイデアグッズや気になるグッズを買い漁っています。本業は自称ギャンブラー、副業はブログ運営。得意科目は社会と算数です。よろしくお願いします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ラジコン・ロボットのその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る