いいモノ調査隊
子供用のビニールプールが大活躍!

「自宅で交互浴」サウナ好きの夢をかなえる“小さなプール”

サウナと水風呂とを往復する「交互浴」

1年前からサウナにハマっている筆者。サウナにハマるということは「水風呂に開眼する」ことと同義である。僕もそっち側に行く前は、なぜ好き好んで冷たい水につからなければならないのか、まったく意味がわからなかった。

しかし、一度でもサウナと水風呂の往復「交互浴」の気持ちよさを経験すると、その価値観は一変し、水風呂を知らなかったそれまでの人生を悔いるようになる。そして、交互浴がすべての娯楽をぶっちぎって趣味ランキング1位に躍り出るのである。

そしてそのうち、好きがエスカレートしてこんな願望を抱き始める。

「じぶんちで交互浴をやりたい!」

……交互浴、水風呂の心地よさを家でも味わえたらそりゃ最高だろう。
そこで、自宅のバスルームでなんとかやってみることにした。

交互浴とは?

改めて、交互浴とはこういうのである。


まずはサウナでじんわり汗をかく。


しかるのち(汗を流した後に)水風呂へ。冷たいのは最初だけ、最初の十数秒を乗り越えれば後はもうひたすら気持ちいい。なお、このあとの休憩を含め1セットとし、3セットもやれば、もうあなたは交互浴のトリコになってしまうだろう。


ちなみに、写真に写っているのはヨモギー氏。週14でサウナに通うプロサウナ―で、僕に水風呂のよさを教えてくれた師匠である。みなさんにも、交互浴の喜び、すなわち人生の喜びを指南してくれるよきサウナ―との出会いがあることを願う。

子供用プールで水風呂を

さて、自宅で交互浴をやるにあたり、まずはコチラを購入した。


そう、「子供用プール」である。


我が家の浴室の洗い場に、ちょうどすっぽり収まるサイズを購入。こちらに水を張り、水風呂とする。


さすがにサウナは設置できないので(家庭用の簡易サウナでも数十万円かかる)バスタブに42度の湯を張り、やや熱めの温浴とプールに張った冷水で交互浴を試みることにした。

ともあれ、さっそくやってみるとしよう。


……交互浴中。おっさんの入浴シーンは自重します。


……上がった。

結論からいうと、思っていたよりちゃんと交互浴ができた。子供用プールに水風呂が務まるのか、実は疑いの気持ちもあったのだが、普通に気持ちよかった。風呂上りのビールもいつもよりうまい気がする。


ちなみに、水風呂の入浴スタイルはこんな感じ。膝を折りたたみ、身をきゅーっとすくめてタイトなプールに私という名のボディーをねじこむ。

大人の体を収めると水があふれてしまい、半身くらいしかつかることができないのだが、それでも水風呂の清涼感を堪能するには十分だ。

専門家に水風呂のポイントを聞いた

とはいえ、さすがにサウナ施設での交互浴の心地よさには届いていない。
我流のなんちゃって水風呂で、サウナ施設に対抗しようというのがそもそもおこがましいが、もし改良の余地があるなら高みを目指したい。

そこで、専門家にアドバイスを仰ぐことにした。


専門家ことヨモギー氏。そう、先述の師匠だ。
サウナがらみの相談で、こんなに頼りになる人はいない。もちろん水風呂にも精通していて、サウナ施設運営者が参加する本気の講習会にも参加してしまうほどである。


そして、ガチすぎる水風呂講座がはじまった。

水風呂に適した“水質”がある

ヨモギー氏「そもそも、水風呂にとって『いい水質』とはどんなものか? ポイントはいくつかあります。まず『ミネラル』『硬度』『炭酸ガス』『酸素』を適度に含んでいること。次に、適温であること。水は温度によって水質がまったく変わります。それから、遊離残留塩素が少ない、またはないこと。そして、不純物を含んでいないこと。この4つが特に重要ですね」

……少し長くなりそうだ。しかし、学びだらけなのでできれば読んでほしい。

ヨモギー氏「たとえば遊離残留塩素でいうと、水道水なんかは塩素殺菌してあって、下限値を0.1ppm以上と定めています。地域によっても違って、水のアンモニア含有量が高いエリアだと0.5ppmくらい。経験上、0.5ppmを超えると結構塩素のにおいが気になりますね。水の純度という点では数値が低いほうがいいのですが、温浴とか水風呂に関しては殺菌しないとレジオネラの問題が出てきます。そこで、地下水を使う温浴施設などでは塩素以外のレジオネラ対策をしているところもあります。一番メジャーなのは、モノクロラミンっていう薬剤ですね。アンモニアがアメーバーと結びついてレジオネラ菌になるのを防ぎます。塩素臭もなく、非常に効果が高いとされています」

このモノクロラミンは個人でも買えるとのことで、たとえば「Flip-Flap(フリップ・フラップ)」という消毒剤がある。でも、結構高い(1万5000円)ので、残念ながら今回は断念……。
ほかに有用な方法はないだろうか?

ヨモギー氏「家庭の浴室でできそうなことですよね……。お手軽かつ、それなりに効果が見込めるのは『水を動かす』ことでしょうか。僕の考えでは、動いている水、循環している水は不純物が取り除かれますし、酸素も多く含まれます。酸素を含む水はやわらかく、ふわふわしていて肌触りがいいんですよ。だから水道を流しっぱなしにして『かけ流し』状態にするといいかもしれません。それと、竹炭を入れるのも簡単ですね。塩素を吸着して、水がなめらかになります」

それはできそう。ほかには? ほかには?

ヨモギ―氏「あと、水の温度はできるだけ下げたほうがいいと思います。僕は体感的に15度以下が気持ちいい。15度以下だとニオイもあまり感じません。赤ワインやざるそばのつゆは15度以上がベストとされますが、それって15度以下だと香りが感じられなくなってしまうからなんです。まあ、個人で水の温度を下げるのは大変かもしれませんが、手っ取り早いのは氷を入れるとか。氷屋さんで塊の氷を1貫(3.75kg)500〜600円くらいで買えますからね」

なお、温浴にかける時間や水風呂につかる時間、こなすべきセット数に決まりやセオリーなどは特になく、体調に合わせ「自分が気持ちいいと感じる入り方が一番です」(ヨモギー氏)とのこと。こだわりと柔軟さを兼ね備えた、ありがたいアドバイスだ。

やってみよう

というわけで、さっそくヨモギー氏のアドバイスを取り入れてみよう。

竹炭を入れ

竹炭を入れ

水温をできるかぎり下げ

水温をできるかぎり下げ

水道水をかけ流す

水道水をかけ流す


せっかくなので、温浴のほうもサウナ感を出したいということで、バスタブに置いて使える「ぽかぽか 温浴てんと」を買った。なんでも、温度は約10度、湿度は約30%上がり、発汗を促進するそうだ(環境により数値は変化するとのこと)。

竹炭で水がなめらかになったような気が!

やれることはやった。さぁ、効果のほどはどうだろう?


……交互浴中(自重)。


結果はというと、明らかによくなった。専門家の後ろ盾を得たプラシーボ効果もあったかもしれないが、竹炭のおかげで水のあたりがなめらかになった気がするし、かけ流すことによって水温も安定させることができる。水量も確保でき、我流で行ったときよりも深くつかれるのもいい。

自宅で手軽にできる交互浴としては、申し分ないレベルだと思う。もちろんサウナには今後も通い続けるけれども。


後片付けは大変だけど、おすすめです。

榎並紀行

榎並紀行

雑誌やウェブコンテンツを製作する「やじろべえ」という会社で働いています。だいたい19時に帰って22時に寝ます。https://twitter.com/noriyukienami

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る