レビュー
ゼブラの超人気ペン「サラサ」シリーズに新作が登場!

27%濃い“つゆだく”ボールペン「サラサR」! 本当に注目すべき魅力はほかにあった

ゼブラの「サラサクリップ」といえば、文房具にあまり興味のない人でも、確実に名前だけは知っているはずの超人気ボールペンです。

名前どおりのサラサラの書き味や、全57色(2021年5月現在)と超豊富なカラーラインアップ、そして1本110円(税込)の高コスパと、欠点のない優等生っぷり。ここ9年連続でゲルインクペンの売り上げNo.1というのも納得でしょう。

そんな「サラサ」シリーズに新たに加わったのが、2021年3月に発売された「サラサR」です。

製品名の「R」は、「濃い、鮮やか」という英語の「Rich」の頭文字から。同社が「従来比で27%濃いインク」とうたうこの新ボールペン、はたしてその実力はいかほどのものなのでしょうか?

2021年3月発売の新シリーズ「サラサR」は、0.4mmが全14色、0.5mmが黒・赤・青のみというラインアップ

2021年3月発売の新シリーズ「サラサR」は、0.4mmが全14色、0.5mmが黒・赤・青のみというラインアップ

色濃く鮮やか! でも本当に注目すべきは書き味&超速乾だった

まず気になる「従来比27%濃いインク」の部分ですが、書き比べてみると、確かにちょっと濃い印象です。そもそも、従来の「サラサクリップ」が顔料系インクなのに対し、「サラサR」は染料系インク。抜けのよい、くっきり発色という点では、やはり染料系のほうが有利でしょう。

視界に入りやすいのは、やはりくっきりとした「サラサR」で書いたほう

視界に入りやすいのは、やはりくっきりとした「サラサR」で書いたほう

特に、ローンチカラーの14色に含まれる「フレッシュグリーン」や「オレンジ」といった明るめカラーのスキッとした鮮やかさは、目にとても気持ちのよいもの。個人的にも「いい色だなー」と感心しました。

しかし、試し書きをしているうちに気になったのは、そこじゃなくて……。この「サラサR」、実は書き味がめちゃくちゃ気持ちいいんです。

14色を総チェック。明るい色の爽やかさはすばらしいが、半面、カラーブラック系があっさりし過ぎている気も……

14色を総チェック。明るい色の爽やかさはすばらしいが、半面、カラーブラック系があっさりし過ぎている気も……

何せ、とにかくインクフローが強い! ペン先を紙に走らせると、インクがだくだくと紙に染みていくような感触があります。たっぷりのインクで抵抗感なく書ける手応えは、低粘度油性インクの滑るような感じとはまた別物の爽快感と言えるでしょう。実際、ゲルボールペンながら、書き味はつゆだく系の水性ボールペンに近いとすら思えました。

低粘度油性ペンの書き味が「ツルツル滑る」のに対して、つゆだく系ペンは「スーッと軽く進む」感じ。手にムダな力が入らない分、筆記時の疲労も少ない

低粘度油性ペンの書き味が「ツルツル滑る」のに対して、つゆだく系ペンは「スーッと軽く進む」感じ。手にムダな力が入らない分、筆記時の疲労も少ない

インクが紙にたっぷりと染みて線が太る分だけ、よりくっきり濃く見えるというのも、ありそうです。どれだけ染みるかというと、「サラサR」の0.4mm径の線幅と「サラサクリップ」0.5mm径の線幅がほぼ同じになるぐらい。なので、手帳などに細い字をみっちり書き込むという用途には、確実に不向き。どちらかというと、議事録や板書を勢いづけてガーッと書くのに最適なペンって感じです。

勢いづけて書くといえば、もうひとつありがたいのが、インクの速乾性能です。試しにノートに文字を書いて、1秒後に指でこすってみましたが、スレ汚れはゼロ。たっぷり出たはずのインクが、完全に乾いています。この超速乾性はなかなか衝撃的。

ちなみに、サラサシリーズには、同じく速乾をうたった「サラサドライ」がありますが、ゼブラによれば「『ドライ』と『R』は同系統のインク」とのことで、速乾性もしっかりと受け継がれているようでした。

筆記後1秒以内に指でこすって比較。上2つもスレ汚れは少ないほうだけど、それでも「サラサR」は飛び抜けて速乾です!

筆記後1秒以内に指でこすって比較。上2つもスレ汚れは少ないほうだけど、それでも「サラサR」は飛び抜けて速乾です!

従来の「サラサクリップ」のデザインはそのままに白軸化。最近のペンのトレンドに沿ったシンプルさもいい!

従来の「サラサクリップ」のデザインはそのままに白軸化。最近のペンのトレンドに沿ったシンプルさもいい!

ついついメーカーの推す「従来比27%濃いインク」にばかり目が行きがちですが、実は注目すべきは、つゆだくで爽快な書き味と超速乾性能。それでいて、価格は110円というコスパのよさだから、これは買いで間違いないやつ!

書き味のよいボールペンを探しているのであれば、今最もチェックすべき1本だと思います。ハマるとかなり強いペンですよ。

きだてたく

きだてたく

最新機能系から雑貨系おもちゃ文具まで、何でも使い倒してレビューする文房具ライター。現在は大手文房具店の企画広報として企業ノベルティの提案なども行っており、筆箱の中は試作用のカッターやはさみ、テープのりなどでギチギチ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る