レビュー
調理台にそのまま“ちょい置き”可能

先端が“浮く”!? 山崎実業のキッチンツールで料理中のストレスが激減!

調理中のキッチンツール、どこに置く?問題

お玉やフライ返し、菜箸などのキッチンツールは、日々の料理に欠かせない存在。ステイホームで自炊をする機会が増えて、使用頻度も激増しました。すると、今まではそこまで気にならなかったことが気になるようになってきたのです……。

それがこれ!

それがこれ!

調理中に汚れたキッチンツールを置く場所に困るんです!
このためにわざわざ小皿を出して仮置きしているのですが、地味に洗い物が増えるんですよね。そしていい感じに立てかけたつもりでも、結局転がって調理台を汚してしまうこともあるという……。

菜箸だけでなく、あらゆるキッチンツールに共通する悩みです

菜箸だけでなく、あらゆるキッチンツールに共通する悩みです

料理をする方ならきっと共感していただけるはず……!
毎日のことなのでなんとか快適にしたいと思い、キッチンツールを総入れ替えすることにしました。そこで選んだのがこちら!

先端が浮く! 山崎実業の「tower シリコーンキッチンツール」

山崎実業といえば、かゆいところに手が届くちょうどいいインテリア雑貨を手がけているメーカー。生活感のないスッキリしたデザインが好きで、私も家にいくつか導入しています! そんな山崎実業の「tower(タワー)」シリーズから発売されている「シリコーンキッチンツール」を買ってみました。

私が購入したのはブラックですが、ホワイトもあります

私が購入したのはブラックですが、ホワイトもあります

フライ返し、お玉、菜箸トング、スプーントングの4点セット。
熱に強いシリコーン製で、滑りにくく弾力性にすぐれているので、デリケートな素材の鍋などを傷つける心配がありません。すべて一体成型なのでお手入れも簡単(食洗機にも対応しています)。

適度なしなりがあるのが特徴。でもやわらかすぎるわけではありません

適度なしなりがあるのが特徴。でもやわらかすぎるわけではありません

さて、このシリコーンキッチンツールの(私的)1番のポイントは、“先端が浮く”デザインになっていること!

先端が調理台についていないのがわかりますか?

先端が調理台についていないのがわかりますか?

こんな突起が付いているのです

こんな突起が付いているのです

小さなスタンドが付いているおかげで先端が浮くため、調理中に気兼ねなく“ちょい置き”できるんです。ずっとこれを求めていました……!
個人的にはこの機能があるだけで大満足なのですが、キッチンツールとしての使い勝手もそれぞれすごくよかったので、ひとつずつ紹介させてください。

ヘラのようにも使えるお玉

まずお玉なのですが、先端部分がまん丸ではなく、やや四角くなっているのが特徴です。

先端に“辺”がある感じですね

先端に“辺”がある感じですね

使って感じたのですが、具材がすくいやすい! 鍋の角部分にしっかりフィットすることと、適度なしなりがあることで、特に最後のほうに残った具材やソース類が非常にすくいやすいんです。

スープやカレーの最後のほうって、普通のお玉ではうまくすくえないんですよね

スープやカレーの最後のほうって、普通のお玉ではうまくすくえないんですよね

山崎実業のお玉なら、まるでヘラのようにスープや具材を集められます

山崎実業のお玉なら、まるでヘラのようにスープや具材を集められます

また、反対にそそぐのもラクでした! 先端に角があるため、狙ったところにそそぎやすく、飛び散ることもありません。

見た目は地味ですが、使ってみてわかる快適さです

見た目は地味ですが、使ってみてわかる快適さです

そしてもちろん、調理台に直接置けるのがうれしい♪

そしてもちろん、調理台に直接置けるのがうれしい♪

あと、お玉部分に15cc(大さじ1)と30cc(大さじ2)の目盛りがあるため、計量スプーンとして使えるのも便利。小さじの目盛りもあったらもっといいのですが……!

洗い物が減るので助かります

洗い物が減るので助かります

隙間にスッと入り込むフライ返し

次にフライ返しですが、先端の端部分が薄くなっているのが特徴です。

端がぐるっと1周、薄くなっているのがわかるでしょうか

端がぐるっと1周、薄くなっているのがわかるでしょうか

このちょっとした工夫で、食材とフライパンの間にスッと入りやすくなっているんです。

通常のフライ返しだと、なかなか食材の下に入り込まないことがありますよね

通常のフライ返しだと、なかなか食材の下に入り込まないことがありますよね

山崎実業のフライ返しなら、絶妙な角度とサイズ感、そして薄い先端で、食材の下に滑り込んでくれます

山崎実業のフライ返しなら、絶妙な角度とサイズ感、そして薄い先端で、食材の下に滑り込んでくれます

さらに、そのままフライパンの上でカットもできるのがうれしい!

シリコーン製なので、フライパンが傷つかず安心して使えます

シリコーン製なので、フライパンが傷つかず安心して使えます

当然ながら、こちらも先端を浮かせて“ちょい置き”可能

当然ながら、こちらも先端を浮かせて“ちょい置き”可能

水を切れるスプーントング

続いてトングですが、「スプーントング」という名前の通り、スプーンとしての機能も備えているのが特徴。

先端は、片面がスリット入り、もう片面がスリットなしになっています

先端は、片面がスリット入り、もう片面がスリットなしになっています

スリットがない側はスプーンのように使えて、サラダにドレッシングやオリーブオイルをかける際などに便利♪

スリットがない側はスプーンのように使えて、サラダにドレッシングやオリーブオイルをかける際などに便利♪

普通のトングはグリップ部分が広がりやすく、また留め金が下がってくることがあるためちょっと扱いづらいことも

普通のトングはグリップ部分が広がりやすく、また留め金が下がってくることがあるためちょっと扱いづらいことも

山崎実業のトングは軽い握り心地で留め金もないため、取り回しやすいです!

山崎実業のトングは軽い握り心地で留め金もないため、取り回しやすいです!

そして片面にスリットが入っていることで、水切りをしながら盛り付けることができるのもポイント。

サラダはもちろん、お漬物を取り出す際などに、余分な水分を切ってすくえます!

サラダはもちろん、お漬物を取り出す際などに、余分な水分を切ってすくえます!

シリコーン製で熱が手元まで伝わってこないので、野菜をゆでるときなどにも安心して使えます。
先端を閉じておくことができないためやや場所をとってしまいますが、ぶら下げて収納すればあまり気にならないですよ!

菜箸がトング型になるとこんなに便利だとは!

最後は菜箸トング。個人的にはこれが一番感動しました!

菜箸トングという名前の通り、菜箸がつながったようなトング型になっています

菜箸トングという名前の通り、菜箸がつながったようなトング型になっています

一般的な菜箸よりもやや短め

一般的な菜箸よりもやや短め

通常の菜箸は細くて長いため、炒め物に長時間使っていると手が痛くなってきたり、食材をうまくつかめなかったりするんですが、そんなことないでしょうか?

つかんだつもりでも、ポロッと落としてしまうことがあります

つかんだつもりでも、ポロッと落としてしまうことがあります

でも菜箸トングなら、やや短めで太さもあり、トング型なので安定してつかめます!

でも菜箸トングなら、やや短めで太さもあり、トング型なので安定してつかめます!

トング型になっていることで、指ではなく手全体でがしっと持てるため、長時間炒めていても疲れないですし、片手で持ったり置いたりできるのが便利! もちろん先端が浮くようになっているので、調理台に直接置けます。

先端にギザギザの滑り止め加工がされていて細かい作業もしやすいので、お弁当箱に食材を詰めるときなども、わざわざお箸に持ち替える必要がありません

先端にギザギザの滑り止め加工がされていて細かい作業もしやすいので、お弁当箱に食材を詰めるときなども、わざわざお箸に持ち替える必要がありません

菜箸をトング型にしたことでここまで便利になるとは驚き!
こちらもスプーントングと同じく、閉じて収納することはできませんが、そのデメリットを上回る便利さがあると感じています。

料理中のちょっとしたストレスがなくなる!

先端が浮いて調理台に直置きできたり、洗い物が減らせたり、持ちやすかったり……そんな細やかな配慮が感じられる山崎実業のシリコンキッチンツールシリーズ。ひとつひとつは地味な違いに見えますが、使ってみるとそのよさを実感できる優秀なアイテムでした! 毎日使うものなので、いい道具を使ってちょっとしたストレスを解消し、料理の時間を少しでも楽しくしましょう♪

やっぱり、先端が浮くのが個人的に一番うれしいです!

やっぱり、先端が浮くのが個人的に一番うれしいです!

ペパーミント

ペパーミント

都内を中心に活動するミュージシャンです。歌ったり作ったりしています。よろしくお願いいたします! http://www.peppermint-web.net/

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る