いいモノ調査隊

不要なラインもこすれば消える、便利な「蛍光ペン」

以前このコーナーで、パイロットから発売されている「フリクション3」という3色ボールペンをご紹介したことがあります。ボールペンながら、書いた文字をこするだけで簡単に消せるので、筆者も愛用しております。今回ご紹介する「フリクションライト」は、ボールペンではなく蛍光ペン。摩擦熱で文字を消去するフリクションシリーズの商品で、ボディ後部についた専用ラバーでこするとインクの色が無色に変わる便利な商品です。

色は全部で6色。筆者は、ピンク・イエロー・グリーンの3色パックを使っておりますが、他にもオレンジ・ブルー・バイオレットがあります

色は全部で6色。筆者は、ピンク・イエロー・グリーンの3色パックを使っておりますが、他にもオレンジ・ブルー・バイオレットがあります

ペンのボディ後部にある専用のラバーでこすると色が消えます

ペンのボディ後部にある専用のラバーでこすると色が消えます

蛍光ペンを使うときって、本来は覚えておきたい大事な場所にだけマークすればいいのですが、ついつい調子に乗ってマークし過ぎることはありませんか。筆者はそうした傾向が強いようで、あらためて勉強に使っていたテキストを見かえすと、ほとんどの文字が蛍光ペンで塗りつぶされているページもあって、どこが重要だったのかわからないなんてことも・・・。

「フリクションライト」であれば、そんな心配はご無用。簡単に消去ができるので、気軽にマークが可能に。もちろん消しゴムを使うわけではないので、消しカスもでませんし、一度消した箇所でも繰り返しマークすることもできるので、とても重宝しております。

それでは、ここで問題です。うら若き女性が、悪党にホテルに監禁されているようです。一箇所を消去して女性を救出する方法を考えてください。

まずはホテルと書いてみましょう(これはマッチ棒を使った定番パズルの1つでもあります)

まずはホテルと書いてみましょう(これはマッチ棒を使った定番パズルの1つでもあります)

 Hの中にある横棒を消去すると、110番に電話となります。これで無事救出できそうです

Hの中にある横棒を消去すると、110番に電話となります。これで無事救出できそうです

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る