いいモノ調査隊

煤竹(すすたけ)を職人が一本ずつ丁寧に加工した、高級耳かき

みなさんは耳の掃除を行う時に、耳かき、綿棒のどちらをお使いになりますか? 筆者は、耳あかがごそっととれる感じが好きで、耳かきを愛用しております。中でも竹製の耳かきがお気に入りです。今回は、筆者がいつも使っているお気に入りの耳かきをご紹介しましょう。

最高級とありますが、2本セットで価格もお手頃なので気に入っております

最高級とありますが、2本セットで価格もお手頃なので気に入っております

筆者が使っているのは、「匠の技 最高級天然煤竹(すすたけ)耳かき」という商品です。高級な煤竹を一本一本熟練した職人が手作りで仕上げた極細の耳かきです。仕上がりが細いこともあって、独特のしなり感がこの商品の大きなポイントです。耳に直接あたる部分は、やはり少し硬さを感じますが、適度なしなりが耳への当りをを程よく緩和してくれます。

なお、煤竹とは古い民家の屋根や天井からとれる竹のことで、長い年月をかけて囲炉裏(いろり)の煙でいぶされて茶褐色に色が変わっているのが特長です。

煤竹ならではの茶褐色の落ち着いた色合いも筆者のお気に入りです

煤竹ならではの茶褐色の落ち着いた色合いも筆者のお気に入りです

耳あかをとるお皿の部分もかなり小さく仕上がっているので、耳の奥までスムーズに掃除ができます

耳あかをとるお皿の部分もかなり小さく仕上がっているので、耳の奥までスムーズに掃除ができます

耳かきは、素材だけでも金属・竹・プラスチックなど様々ですし、形状も個性的なものが登場しています。みなさんもお気に入りの耳かきを見つけてください。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る