いいモノ調査隊
冷やしておきたいモノをそのまま持ち運べる

保冷剤とバッグが合体した、何かと便利なクーラーバッグ!

節約・健康志向から、お弁当を持参する人も増えた昨今。小学生の子どもを持つ我が家も、学校の給食がお休みの間、お弁当を持たせる機会が増えました。しかし、この高温多湿な気候柄、やはり気になるのが食中毒。お弁当の中身がなるべく傷まないようにするために、夏の間はお弁当に保冷剤を入れたり工夫していたところ、とても便利なグッズを見つけました。

PACKit

サイズは約18センチ×18センチ。マチは9センチ程度

ランチバッグと保冷剤が一体化したクーラーバッグです。パッと見はとてもオシャレなランチバッグなのですが、10時間保冷効果があるジェルが内側にセットされていて、中身全体を冷やすことができるという代物。保冷剤と同様にバッグごと冷凍庫に入れて凍らせて使います。コンパクトに畳むことができるので、冷凍庫の中でも場所を取らず凍らせられる上、使用後もかさ張らずに持ち運ぶことができます。

畳めば3センチほどに薄くなるので、冷凍庫の中でも場所を取りません。約12時間凍らせて、10時間程度の保冷効果があります

畳めば3センチほどに薄くなるので、冷凍庫の中でも場所を取りません。約12時間凍らせて、10時間程度の保冷効果があります

実際に使ってみたところ、本当に便利。ランチバッグの中に別途保冷剤を入れる場合には、それだけバッグの容量も必要。でも、保冷剤を中に入れる必要がないこのバッグなら、その分、中にたっぷり入れることができます。お弁当以外にも、缶やペットボトルの飲み物を冷たいまま持ち運ぶのにもちょうどいいサイズ。フルーツを持ち歩くのにも便利ですし、気温の高い季節にチーズやヨーグルトなど乳製品も安心して持ち運べます。バッグと保冷剤が一体化しているので、結露で表面や中身が濡れたりすることがないのも助かります。夏場に限らず、日常のお買い物などにも年中使えてあると重宝するアイテムです。

中に食品を入れる際はマチを広げて使います。330mlペットボトルが3本入る容量

中に食品を入れる際はマチを広げて使います。330mlペットボトルが3本入る容量

しっかりした持ち手が付いているので、そのまま持ち出せるのも便利。ベルト式になっているので、大きなカバンに取り付けて使うことも可能です

しっかりした持ち手が付いているので、そのまま持ち出せるのも便利。ベルト式になっているので、大きなカバンに取り付けて使うことも可能です

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る