いいモノ調査隊
職人の国ドイツ生まれの、おしゃれで実用的なキッチン用ブラシをご紹介。壁にかけておいたら、外国風のキッチンになりそうですね!

見た目だけでなく実は機能的なドイツのエコな食器洗いブラシ

家事に育児に仕事に忙しいワーキングマザー。彼女たちの三種の神器の1つは食洗機です。筆者も毎日その文明利器に非常に助けられているのですが、材質や大きさの関係でどうしても手洗いするしかない食器や調理器具もあります。その手間を少しでも軽減して家事をスムーズに、かつスタイリッシュさを損なわないキッチンツールをずっと探していました。そんななかでも重宝しているお気に入りの商品をご紹介します。

REDECKER ウォッシングブラシ

木目の仕様がナチュラルでオシャレなデザイン。キッチンにぶら下がっていても、インテリアオブジェとして様になります

ドイツのREDECKER社のウォッシングブラシです。老舗のブラシメーカーで、自然素材を使ったハンドメイドにこだわり、職人の手で1つ1つていねいに作られているとのこと。見た目もとても洗練されていて、キッチンのインテリアアクセントになってくれますが、これが使い勝手も良好。随所にひと工夫があり、機能的なんです。

まずは、持ち手となるハンドル部分。天然の木材を使用したハンドルの微妙な傾斜と形状のおかげでほどよく力が入りやすく、軽く握ってこするだけでさっと汚れが落ちます。また、ブラシ部分は、ハンドルから取り外して使うこともでき、汚れがしつこい時にはタワシのようにゴシゴシ洗うこともできるのです。

ブラシとハンドルの接合部分のアップ。ワイヤーを窪みに引っ掛けて固定されています

ブラシとハンドルの接合部分のアップ。ワイヤーを窪みに引っ掛けて固定されています

ワイヤーをスライドさせれば、ブラシとハンドルが分離。ブラシ単体での使用が可能になります

ワイヤーをスライドさせれば、ブラシとハンドルが分離。ブラシ単体での使用が可能になります

ブラシ毛は2種類。食器用は柔らかい馬毛、鍋・フライパン用には硬いヤシ繊維を使用しており、用途に応じて使い分けが可能です。食器用は食洗機に入れる前の予洗いに最適で、手を汚さずに使えるのが便利です。

毎日の家事をスムーズにアシストしてくれるだけでなく、キッチンをオシャレにしてくれるので、億劫な家事のモチベーションが少しでも上がると思います!

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る