いいモノ調査隊
静電気を防いでくれるグッズって、本当に効果あるの?

いやな静電気から身をまもる、話題の特殊バンドの効果を実験!

空気が乾燥する季節に気になるものといえば、あの“バチッ”の犯人である静電気。筆者は体質的に静電気が起こりやすいのか(そんな体質があるのかどうか定かではありませんが)、金属に触れた瞬間に高い確率で“バチッ”となります。時には、レジでおつりの小銭をもらう時にも…。最近は各社からさまざまな静電気除去グッズが販売されていて、“本当に効果があるんだろうか〜”という思いもあったのですが、ものは試しと1つ購入してみました。静電気に効果ありや否や、今回はその結果をご報告しましょう。

スパークノンXシリコンバンド(Sparknon-X Silicon Band)

パッケージには静電気を放電・緩和と書かれております。効果のほどが楽しみです

筆者が購入したのは、「スパークノンXシリコンバンド」という商品。手にはめているだけで、衣類に溜まった静電気を効率よく空気中に放電し、また外部からの静電気も緩和するとのこと。JISC(日本工業標準調査会)の測定によれば、身体に溜まった静電気が半分以下に減少したそうです(説明書に書かれてました)。

本体はシリコンラバー、印字部分には酸化ミクロンチタンが配合されています。本当にこれで静電気が放電されるのか?

本体はシリコンラバー、印字部分には酸化ミクロンチタンが配合されています。本当にこれで静電気が放電されるのか?

静電気が起こりやすい素材の組み合わせ表が印刷されてました。左右に離れているほど静電気がよく発生するそうです

静電気が起こりやすい素材の組み合わせ表が印刷されてました。左右に離れているほど静電気がよく発生するそうです

ウールのセーターにポリエステル製の上着。毎回かなり強烈な静電気を発生する組み合わせです

ウールのセーターにポリエステル製の上着。毎回かなり強烈な静電気を発生する組み合わせです

自宅に測定器がある訳ではないので、静電気がよく発生する服装でいつもの状況と比較してみました。上着を脱ぐ際にバチバチと音がする、筆者的には最強の組み合わせで、金属に触れると必ず“バチッ”となりますが、「スパークノンXシリコンバンド」を装着していると、いつもより痛みが軽減された印象があります。感覚的にはいつもの3分の1くらいでしょうか。さすがに、静電気が完全になくなるという訳ではありませんでしたが、あきらかに弱くなっているのはわかります。筆者としては、効果ありと認定いたします。

なお、カラーリングは白、黒、青、赤、紫の5色で、大きさは、Mサイズ(内周サイズ16.3cm)とLサイズ(内周サイズ18.5cm)の2種類。それぞれに、ベルトの幅が12mmのものと8mmのものがあります(写真は8mmのもの)。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る