いいモノ調査隊
幻の石でできたビアカップ!気になった方はこちら。

超貴重。幻の「しゃくだに石」を使用した美麗ビアカップ

先日、「ふくいブルー」と名付けられた商品を見てきました。水に濡らすと深い青色に変化することから“青石”や“越前青石”と言われる笏谷石(しゃくだにいし)で作られた器やグラスで、そのやさしい手触りや、さまざまな小石が交ざり合った心が落ち着く色合いに、すっかりと魅了されてしまいました。

ふくいブルー

ということで、非常に高価でしたが購入してしまいました

笏谷石は、1500年という非常に古い採掘の歴史を持っているとされており、かつては石仏や石塔、城の土台や石垣などに使われていました。残念ながら今では採掘されていません。そんな失われつつある福井の石文化を後世に伝えようと、県内の古民家で眠っていた笏谷石を収集し、新たな息吹を吹き込み、器として蘇ったのが「ふくいブルー」と名付けられた手作りの逸品です。

ビールが大好きな筆者はビアカップを購入いたしました。手に持つと、石とは思えないほど軽く感じます

ビールが大好きな筆者はビアカップを購入いたしました。手に持つと、石とは思えないほど軽く感じます

水に濡れる前は、淡い感じのブルーですが…

水に濡れる前は、淡い感じのブルーですが…

水に濡れると深い青色に変わります。ただし、乾くのも早いので、濡らしただけではすぐに元の色に戻ってしまいました

水に濡れると深い青色に変わります。ただし、乾くのも早いので、濡らしただけではすぐに元の色に戻ってしまいました

1つとして同じものはありません。自然石ならではの優雅な風合いが楽しめます

1つとして同じものはありません。自然石ならではの優雅な風合いが楽しめます

「ふくいブルー」ブランドでは、ビアグラス以外にも湯飲みや茶器、そばちょこやそば皿、花瓶や水盤などさまざまな商品があります。現在も将来も採掘されることのない笏谷石から生まれる「ふくいブルー」。ビールとともに、長い歴史に裏打ちされた伝統と風雅も味わえた筆者でした。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る