いいモノ調査隊
トートやボックスにもなるシート!その名も「折り紙レジャーシート」がすっごい便利!

これは便利!トートバッグがレジャーシートに早変わり!!

バーベキューやキャンプ、ピクニックと屋外でのアクティビティに欠かせないのがレジャーシートと荷物運搬用のバッグ。でも、こうしたイベントではあれやこれやと荷物が多くなりがちなので、少しでも持ち物を減らしておきたいところです。そんな時に大活躍するのが、今回ご紹介する「折り紙レジャーシート」。

折りたたまれた状態ではこんな感じ。大きさは実測で60cm×23cmほど

折りたたまれた状態ではこんな感じ。大きさは実測で60cm×23cmほど

「折り紙レジャーシート」を手がけるのは、「ドッペルギャンガーアウトドア(DOPPELGANGER OUTDOOR )」というブランドで数々のアウトドア製品を販売しているビーズ株式会社。この「折り紙レジャーシート」の特長は、文字どおりレジャーシートながら、折り紙のように折り進めていくとトートバッグや整理箱などに変身すること!

レジャーシートのサイズは140cm×180cm。水に強いポリエチレン素材です

レジャーシートのサイズは140cm×180cm。水に強いポリエチレン素材です

トートバッグに折りたたむ時は同じ色のボタンを留めていきます

トートバッグに折りたたむ時は同じ色のボタンを留めていきます

トートバッグに変身!

トートバッグに変身!

バッグの底と側面になる部分には綿製の板が入っており、重さは15kgまで大丈夫。サイズはおおよそ60cm×60cm×20cmで、72Lの大容量です。

そして地味に魅力なのが、広げたり折りたたんだりする時に荷物を出し降ろししなくていいこと! トートバッグに荷物を入れて持ち運んだ後は、そのままボタンを外していくだけでレジャーシートに早変わりするので、とても助かります。レジャーシートからバッグにする時も、真ん中に荷物を集めておけばそのまま変形可能。

レジャーグッズなどの荷物の整理や保管、ゴミ袋をかぶせてゴミ箱としても使える便利箱にしてみました

レジャーグッズなどの荷物の整理や保管、ゴミ袋をかぶせてゴミ箱としても使える便利箱にしてみました

ほかにも、車のトランクに置けるトランクトレイになったり、持ち運び用に小さく折りたためたりと変幻自在!

実際に使ってみましたが、これはかなり便利。この夏のキャンプやフェスのお供にお1ついかがですか?

◆こちらの記事もおすすめ
⇒ BBQをもっと楽しく快適に! 持っていきたい便利グッズ29(ニク)選

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る