いいモノ調査隊
何この形!? 軽いのに片手で簡単にカットできるテープカッターが、目からウロコ。

テープカッターが進化! 「下に引いて切る」ってどういうこと?

セロハンテープを使うのにどうしても必要になるのがテープカッター。最近は軽い力でテープがカットできたり、カットした面がギザギザにならないタイプのものがあったりと、機能面で特長のあるテープカッターも登場しています。でも、形やデザインは似たりよったりのものが多く、基本的に大きくて重たいものしかないと思っておりました。知りませんでしたよ、こんな変わったデザインのテープカッターがあるなんて!!

こちらがパッケージ。みなさんがご存じのテープカッターと明らかに形が違いますよね

こちらがパッケージ。みなさんがご存じのテープカッターと明らかに形が違いますよね

今回ご紹介するのは、ナカバヤシの「TATETA (タテタ)」。「TATETA」の特長は2つあり、1つ目が本体の軽さです。通常のテープカッターは、テープをカットする時に動かないよう、本体重量を重くする傾向にあります。そんなずっしり重いタイプのテープカッターと違って、「TATETA」の本体重量は約210gと従来品平均の約5分の1。さらにもう1つの特長は、テープを設置するリールを上部に配置した独特のデザイン。「斜め下にテープを引き、奥にひねりながら切る」ことで、本体が動くことなく片手で簡単にテープをカットできます。

中に入っているのは本体とリールの2つだけ

中に入っているのは本体とリールの2つだけ

こちらが土台部分です。長い2本の足でしっかりふんばります

こちらが土台部分です。長い2本の足でしっかりふんばります

土台の裏面には滑り止めがあります

土台の裏面には滑り止めがあります

リール部分は、通常のテープカッターと変わりません

リール部分は、通常のテープカッターと変わりません

テープを装着してリールをセットしてみました。もっと幅広や長いテープでもまだまだ大丈夫そう

テープを装着してリールをセットしてみました。もっと幅広や長いテープでもまだまだ大丈夫そう

こちらは、真横からのショット

こちらは、真横からのショット

正面からも撮影してみました

正面からも撮影してみました

「斜め下にテープを引き、奥にひねりながら切る」といいましたが、そんなことを意識する間もなく自然にカットできました。しかもほぼ力を入れることなく軽〜く

「斜め下にテープを引き、奥にひねりながら切る」といいましたが、そんなことを意識する間もなく自然にカットできました。しかもほぼ力を入れることなく軽〜く

刃の部分も新開発。切り口がまっすぐにカットされます

刃の部分も新開発。切り口がまっすぐにカットされます

本体サイズは、縦193mm (リール含む)×横155.5mm×幅66mm。カラーリングは筆者が購入したブルーのほかに、ピンクとホワイトがあります。一見するときゃしゃな感じに見えるため、安定した状態で、しかも片手でちゃんとテープがカットできるのか不安でしたが、実際に使ってみると何の問題もありませんでした。オフィス内での持ち運びも楽ちんだし、これは新たなテープカッターのスタンダードになるかも♪

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る