いいモノ調査隊
宙に浮いてるみたい! マークした箇所を探さなくても目に飛び込んでくるふせんは地図との相性も◎!

マークが浮き上がる!? ページを開くと“飛び出す”ふせん

本やノートに書かれている重要事項やチェックしたいトコロなどは、とりあえず付箋を貼ってわかるようにしておきます。最近は凝ったきれいなデザインのものから、思わずクスっと笑ってしまいそうなユニークなものまで、さまざまな付箋が登場していますね。筆者もいくつかご紹介してきましたが、今回のものは従来の付箋とはちょっと違うコンセプトです。

とりあえず4種類を購入してみました

とりあえず4種類を購入してみました

今回ご紹介するのは、kamiterior (カミテリア)の「POPit (ポピット)」というもの。特徴は、透明シールに印刷されたマークが折り目にそって立ち上がり、マークが宙に浮いているように見えること。そのため、貼った場所がすぐに目に入ってきます。なお、デザインは全部で8種類。今回は、ピン、ヤジルシ、ハテナ、バンザイを購入しましたが、ほかには、ガイド、エンピツ、ユビサシ、ケッテイがあります。

1セット10枚入り。2種類のデザインで色の違うものが各5枚ずつ入っています

1セット10枚入り。2種類のデザインで色の違うものが各5枚ずつ入っています

持ち運びに便利なように、透明で丈夫なケースに入っています

持ち運びに便利なように、透明で丈夫なケースに入っています

ケースから剥がして…

ケースから剥がして…

貼るだけです

貼るだけです

剥がして…

剥がして…

ほかのところに貼ることもできます

ほかのところに貼ることもできます

ページを開くとこのようにマークが立ち上がるので、とても見やすいですね

ページを開くとこのようにマークが立ち上がるので、とても見やすいですね

ページを開くたびにポピットが立ち上がり、さらにマークの影で宙に浮いているように見えて、貼ったところが目に飛び込んできます。シールが透明なので、貼った周囲が隠れてしまわないのも便利です。

透明なので、こんなふうに地図上に貼っておくのもいいかも♪

透明なので、こんなふうに地図上に貼っておくのもいいかも♪

実際に使ってみると、確かに貼ったトコロにすぐに目がいきます。これなら、事前にチェックしておいた重要な場所や、相手に注目してほしいところがひと目でわかりますね。仕事や勉強で使うのはもちろんですが、地図との相性もよさそう。筆者は次回の旅行で、行きたいレストランやチェックした施設などに「POPit (ポピット)」を貼ったガイドブックを持参することにいたしました。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る