いいモノ調査隊
キムチ臭も完全シャットアウト!

「生ゴミが臭わない袋」は本当に臭わないのか実験してみた!

この時期はまだいいかもしれませんが、生ゴミって少しほうっておくとニオイが強くなり、嫌ですよね。そんなニオイをなんとかできるという特殊なビニール袋を発見したので、その実力を検証してみました。防臭素材「BOS」を使った「生ゴミが臭わない袋」です。

医療向け開発から生まれた防臭力!

医療向け開発から生まれた防臭力!

BOSとは、「驚異的な防臭力を有する高機能素材」とのこと

BOSとは、「驚異的な防臭力を有する高機能素材」とのこと

1袋出してみました。形状はいたって普通のビニール袋。二重構造になっているわけでもなく、厚さは0.020oとのこと。ぱっと見は普通のビニールなので、これで本当にニオイがなくなるのか…とこの時点では半信半疑。

普通のビニール袋と同じ感じ

普通のビニール袋と同じ感じ

防臭力はどのくらい? キムチを使って実験してみます!

今回はニオイの強い食材として、キムチを使って実験してみましょう。

ふむふむ。安定のキムチの香り

ふむふむ。安定のキムチの香り

キムチを入れて、蓋つきのバケツにひと晩入れてみました。もう一方のバケツには、普通のビニール袋にキムチを入れて比較します

ひと晩おいて、バケツの中のニオイがどうなったかチェック!

普通ならバケツの中がキムチ臭で充満するはずですよね。ひと晩たって、ニオイを嗅いでみました。まずは普通のビニール袋から…うん、臭い。袋に入っているはずなのに、すごいキムチ臭です…。

一方「生ゴミが臭わない袋」に入れたほうは…あら不思議。筆者も筆者の奥さんも驚くほど、ニオイが漏れていない!!
数値的なエビデンスもあったほうがいいのでは、と口臭チェックをするグッズを入手。
ニオイの不快指数を測ってみました。0 〜 5 レベルの6段階で臭さを測ってくれます。

まず、キムチを袋に入れずに放置した場合は「4」でした。

では、普通のビニール袋に入れたものを測ってみましょう。

ニオイ指数「3」。何にも入れずに放置した時よりはマシというレベルでしょうか

ニオイ指数「3」。何にも入れずに放置したときよりはマシというレベルでしょうか

さぁ、「生ゴミが臭わない袋」はどうか?!

さぁ、「生ゴミが臭わない袋」はどうか?!

なんということでしょう。
ニオイ指数「1」!!

6段階中2つ目。ニオイは気にならないレベルということですね

6段階中2つ目。ニオイは気にならないレベルということですね

ニオイチェッカーでも証明されたその実力は本物!

袋を鼻に近づけてもほとんど臭うことがありませんでした。なんと菌も通さない素材なんだそう。特殊な素材ながら、燃やしても有害物質が出ることはありません。生ゴミだけでなく、オムツなどの処分にもぴったりですね。

生ゴミ用のほかに、ペットのウンチ用もラインアップがあります。

ペット用の袋もあります

ペット用の袋もあります

この袋の機能にも驚きですが、なんとなく測った筆者の口臭がキムチと同じく「3」だったことも輪をかけて驚きでした…。

口が臭わない袋もぜひ発売してほしいです

口が臭わない袋もぜひ発売してほしいです

◆こちらの記事もおすすめ
⇒ BBQをもっと楽しく快適に! 持っていきたい便利グッズ29(ニク)選

びーいーぴー

びーいーぴー

おいしい食べ物、楽しく食事ができそうなものに興味あり。気になったら、値段や大きさ、ニオイは二の次。とりあえず調査。ときには体を張ったレポートも厭わない、アラフォー2児の父。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る