特別企画
料金、オプション、端末などなど気になることチェック

いよいよ始まる「ahamo」「povo」「LINEMO」の“違い”をおさらいしよう

2020年12月にNTTドコモが「ahamo」を発表して以来、大手キャリアの新料金ブランドが注目されています。2021年3月17日には先陣を切ってソフトバンクの「LINEMO」がスタートしました。他社もKDDIの「povo」は3月23日、「ahamo」は3月26日にサービス開始が迫っています。

新料金ブランドは大手キャリアの従来の料金プランと比べて割安なのが特徴です。いずれも毎月20GBのデータ利用量で月額料金が税別3,000円を切りますが、細かなサービス内容には違いもあります。そこで今回は「ahamo」「povo」「LINEMO」の主なサービス内容を改めてチェックしたいと思います。

※本記事の内容は2021年3月19日時点での情報をもとにしています。また、記事中の価格は特に表記がない限り税込です。

「ahamo」は5分間定額込み、「povo」はデータ通信の24時間使い放題オプションもあり

まずはデータ通信や音声通話といった通信サービスとしての基本的なサービス内容をチェックしてみましょう。「ahamo」「povo」「LINEMO」のサービス内容を以下にまとめました。なお、特定の条件を満たすことで得られる特典やキャンペーンなどは考慮していません。

「ahamo」「povo」「LINEMO」のデータ通信や音声通話のサービス内容

「ahamo」「povo」「LINEMO」のデータ通信や音声通話のサービス内容

前述のように、データ利用量は「ahamo」「povo」「LINEMO」のいずれも毎月20GBまでですが、月額料金は「ahamo」が2,970円、「povo」と「LINEMO」は2,728円です。「ahamo」のみ割高ですが、その代わりに国内電話宛の各通話最初の5分間が無料になる通話料割引が「ahamo」にはあらかじめ組み込まれています。同様の通話料割引は「povo」と「LINEMO」では月額550円のオプションとして提供されていて、追加した場合の月額料金は3,278円となります。

5分間の通話料割引オプションが必要であれば「ahamo」のほうがお得ですし、反対に音声通話を重視しないのであれば「povo」や「LINEMO」を選ぶことでコストを節約できます。通話料は3社とも30秒あたり22円で、国内電話宛の通話がかけ放題になるオプションも「ahamo」は月額1,100円、「povo」「LINEMO」は1,650円で用意されています。

データ利用量を使い切った後の制限時の速度は3社いずれも上り・下りともに最大1Mbpsで、1GBあたり550円でデータ利用量を追加できます。これに加えて「povo」では1回220円でデータ通信が24時間使い放題になるトッピング(オプション)も用意されており、一時的に使い放題を利用することも可能となっているのが特徴です。

なお、LINEMOでは「LINEギガフリー」として、LINE利用時の通信がデータ利用量を消費しないゼロレーティング機能が標準で提供されます。対象はトークの利用、音声通話・ビデオ通話、タイムラインの利用などとなっています(Liveの利用やニュース記事の詳細閲覧など、LINEギガフリーの対象外となる通信もあります)。

3社の特徴をまとめると、「ahamo」は5分間の通話定額オプション込み、「povo」は220円で24時間データ通信使い放題のトッピングを提供、「LINEMO」はLINEギガフリー(LINEの一部通信が対象のゼロレーティング機能)を標準で提供、となります。

細かなサービス内容にはどのような違いがある?

続いてオプションなどの違いをチェックしてみましょう。以下の表に「ahamo」「povo」「LINEMO」の主なオプション対応状況や契約者の年齢制限などの情報をまとめました。

「ahamo」「povo」「LINEMO」のオプションや契約できる年齢などの比較

「ahamo」「povo」「LINEMO」のオプションや契約できる年齢などの比較

KDDIやソフトバンクのサブブランドとして展開されている「povo」や「LINEMO」はもちろん、ドコモの料金プランのひとつという位置付けの「ahamo」であっても、メインブランドとは対応するサービスやオプションに少なからず違いがあります。

代表例はキャリアメールです。大手キャリアのメインブランドではキャリアメールが提供されていますが、「ahamo」「povo」「LINEMO」はいずれもキャリアメールに対応しておらず、メールアドレスはユーザーが別途用意しなければなりません。オンラインショップやファンクラブなどでキャリアメールを利用しているような場合、乗り換え前に登録しているメールアドレスを変更する必要があります。

キャリアメールが使えなくなることはMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMへ乗り換える際のデメリットのひとつとして以前から挙げられていますが、今後は大手キャリアが提供するブランド間(ahamoのように同一ブランドで提供されるものも含めて)の移行時にも意識する必要がありそうです。なお、キャリアメールとは別に提供されている「+(プラス)メッセージ」については「ahamo」と「povo」は対応し、「LINEMO」は非対応とされています。

音声通話の基本的なオプションだった留守番電話サービスも「ahamo」「povo」「LINEMO」では利用できません。そのため、不在着信時にメッセージを残してもらうためにはスマートフォンの伝言メモ(留守録)機能を利用することになりますが、スマートフォンが圏外だったり電源を切っていたりした際はメッセージを残してもらうことができませんし、アップルの「iPhone」シリーズのように端末上に伝言を残してもらう機能を備えていない機種もあります。

代替手段として別の電話番号や外部の留守番電話サービスに着信を転送する方法も考えられますが、「ahamo」と「LINEMO」は着信転送サービスにも対応しないため、この方法も利用できません。仕事などで留守番電話が必要だという人が「ahamo」「povo」「LINEMO」に乗り換える場合、伝言メモ機能を備えたスマートフォンを用意するか、着信転送サービスが利用できる「povo」を選ぶのがいいかもしれません。

コストの観点からは家族割引の有無も重要なポイントです。「ahamo」「povo」「LINEMO」では月額料金や通話料がお得になるような家族割引は提供されませんが、「ahamo」は家族が契約しているドコモの回線として「ファミリー割引」における人数のカウント対象になります。

たとえば3人家族のうち2人がドコモの「ギガホ プレミア」を契約し、1人が「ahamo」を契約していた場合、ドコモの契約数は3回線としてカウントされるので、「ギガホ プレミア」の2回線は「みんなドコモ割」の毎月1,100円の割引をそれぞれ受けられます。「ギガホ プレミア」を契約する家族から「ahamo」を契約する家族への通話料も無料です。

なお、KDDIの「povo」は「家族割プラス」の対象外ですが、2021年夏までに契約すると早期申込特典として人数のみカウント対象になるとされています。

「ahamo」はスマートフォン3機種を販売、「povo」「LINEMO」は別途準備が必要

最後にスマートフォンなど端末の取り扱いについてもチェックしてみましょう。3月19日時点では「ahamo」「povo」「LINEMO」いずれもiPhoneやAndroidの対応機種を発表しており、たとえばiPhoneでは2015年に登場した「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」以降が利用可能とされています。

なお、ドコモの「ahamo」は2014年登場の「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」にも対応しますが、発信者番号通知などのネットワークサービスに関する設定ができないと案内されています。「LINEMO」ではソフトバンクやワイモバイルから端末を持ち越す場合でも契約前にSIMロックの解除が必要としています。

また、「povo」と「LINEMO」では端末を販売せずユーザーに別途準備するよう案内していますが、「ahamo」は対応機種のうち「iPhone 11」「Xperia 1 II SO-51A」「Galaxy S20 5G SC-51A」の3機種に限りオンラインで販売することを発表しています。

一括払いの価格は「iPhone 11」が49,390円〜(64GBモデル)/54,890円〜(128GBモデル)/66,990円〜(256GBモデル)、「Xperia 1 II SO-51A」が71,500円〜、「Galaxy S20 5G SC-51A」62,700円〜となります。これら3機種にはドコモのケータイ補償サービスも月額825円で提供されます。

格安SIMでは回線契約と端末を別々に用意することもめずらしくありませんが、これまで大手キャリアのメインブランドを利用し続けてきた人がオンライン専用の「ahamo」「povo」「LINEMO」に乗り換えようとする場合、端末の入手がひとつのハードルになることも考えられます。対応機種の選定や購入に不安がある人は「ahamo」の契約を検討してみてはいかがでしょうか。

松村武宏

松村武宏

信州佐久からモバイル情報を発信するフリーライターであり2児の父。気になった格安SIMは自分で契約せずにはいられません。上京した日のお昼ごはんは8割くらいカレーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る