レビュー

見違えるほど進歩したカメラとなめらかな動画再生「AQUOS sense7 plus」レビュー

ソフトバンク専売品として、2022年10月7日に発売されたミドルレンジスマートフォン「AQUOS sense7 plus」。「AQUOS sense」シリーズとしては2年ぶりの大画面モデルで、動画視聴に適した性能を備えている。また、大型のイメージセンサーを搭載するカメラも従来のミドルレンジクラスでは見られないものだ。その魅力をレビューしよう。

人気のミドルレンジスマホに属する「AQUOS sense7 plus」。直販価格は69,840円(税込)で、コストを極力抑えつつも、より高い機能を搭載したモデルだ

人気のミドルレンジスマホに属する「AQUOS sense7 plus」。直販価格は69,840円(税込)で、コストを極力抑えつつも、より高い機能を搭載したモデルだ

動画視聴に注力した大画面モデル

シャープのスタンダードスマートフォン「AQUOS sense」シリーズは、FeliCaや防水・防塵、タフネスといった、日本市場で重視される機能を押さえつつ、スタンダードな基本性能を備えた製品として人気が高い。

その2022年型の最新モデルである「AQUOS sense7」シリーズは、約6.1インチディスプレイを備える「AQUOS sense7」(NTTドコモ、au)と、約6.4インチの大型ディスプレイを備えるソフトバンク専売「AQUOS sense7 plus」の2モデルで構成される。

両機は、採用されるSoC「Snapdragon 695 5G」や自社製「IGZO OLED」ディスプレイ、1/1.55インチという大型イメージセンサーを採用するメインカメラ、良好な電池持ちといった共通の特徴を備えている。「AQUOS sense7 plus」は、これに加えて、ステレオスピーカー、動画再生時のフレーム補間機能など、大画面を生かした動画の視聴をより重視した製品だ。

「AQUOS sense7 plus」のボディは、サイズが約76(幅)×160(高さ)×8.2(厚さ)mmで、重量は約172g。大型ディスプレイを採用しているとはいうものの、実は昨今の製品としてはごく普通のサイズで、重量については200g前後の製品が珍しくない競合機種と比べると軽い部類だ。

なお、ロック解除と同時に電子決済アプリなどを起動できる「Payトリガー」の操作方法は、従来と同じく指紋認証センサーの長押しだが、指紋センサーの位置がsense6は画面内、sense7は側面と変更されている。

機能面では、FeliCa・NFCの両方に対応。防水性能は浴室でも利用できるIPX5/8等級、防塵仕様はIP6X等級、米国国防総省の調達基準MIL規格は、耐衝撃(落下) では「MIL-STD-810G」、それ以外の15項目は「MIL-STD-810H」をそれぞれクリアしている。また、顔認証はマスクをした状態でもロックを解除できるようになった。

アルミ製の背面は側面と一体で、継ぎ目がなく剛性感も高い

アルミ製の背面は側面と一体で、継ぎ目がなく剛性感も高い

ボディ下面には、写真の左からスピーカー、USB Type-Cポート、ヘッドホン端子が配置される

ボディ下面には、写真の左からスピーカー、USB Type-Cポート、ヘッドホン端子が配置される

ボディ右側面。ボリュームと電源の各ボタンと、指紋認証センサーを配置。Googleアシスタントボタンが廃止され、電源ボタンの長押しで代用する。また、電子決済アプリなどの機能を行う「Payトリガー」は指紋認証センサーの長押しで行う

ボディ右側面。ボリュームと電源の各ボタンと、指紋認証センサーを配置。Googleアシスタントボタンが廃止され、電源ボタンの長押しで代用する。また、電子決済アプリなどの機能を行う「Payトリガー」は指紋認証センサーの長押しで行う

nanoSIMのほかeSIMにも対応している

nanoSIMのほかeSIMにも対応している

有機ELディスプレイ「IGZO OLED」は、2340×1080のフルHD+表示で、「AQUOS R7」などの上位モデルと同じ残像低減機能付きの120Hz駆動に対応している。また、最大5倍のフレーム補間機能も搭載されており、24fpsの映画を120fpsにアップコンバート可能だ。約10億色の色表現にも対応している。

フレーム補間機能は、「YouTube」や「Netflix」などの、ストリーミングサービスやDRMのかかった有料の動画配信サービスにも適応される。その効果は強力で、24fpsの映画やアニメーションのスクロールなどではカクカクした動きが目に見えて減少する。動画を視聴する機会が多いなら、この機能は相当魅力的だろう。なお、1300nitという高い最大輝度に対応しているので明るい場所での視認性も良好だ、逆に、輝度が低い場合、色かぶりや黒つぶれが目立つことがあった。

ディスプレイは最大輝度1300nit、約10億色の色表示、残像低減機能付き120Hz駆動に対応する高機能なものだ

ディスプレイは最大輝度1300nit、約10億色の色表示、残像低減機能付き120Hz駆動に対応する高機能なものだ

ステレオスピーカーは、本体ボディとは独立したボックス構造となっており、「AQUOS sense6」と比較して低音域の音圧が2倍、再生可能な音域の幅が1.4倍に増えている。実際の音質は確かになかなか迫力がある。ただ、本機のボリューム調整は16段階なので、細かな音量調整があまり得意ではない。また、ボリュームを下げるとホワイトノイズが気にかかる。

搭載されるSoCはミドルレンジ向け「Snapdragon 695 5G」で、6GBのメモリーと128GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。プリインストールされるOSはAndroid 12だが、AQUOSシリーズのポリシーに従い発売後2回のOSバージョンアップと、3年のセキュリティアップデートが配布される予定だ。

定番のベンチマークアプリ「AnTuTuベンチマーク(バージョン9.X)」の計測結果は、396885(内訳、CPU:121626、GPU:99433、MEM:65356、UX:110470)となった。本機と基本スペックが類似するオッポ「OPPO Reno7 A」は382147(内訳、CPU:118672、GPU:98534、MEM:60562、UX:104379)で、いずれもわずかだが本機のほうが数値がよい。

AnTuTuベンチマークの結果。左が本機。右がスペックの類似するオッポ「OPPO Reno7 A」のもの。総合スコアとサブスコアのいずれも本機のほうがわずかだが高い

AnTuTuベンチマークの結果。左が本機。右がスペックの類似するオッポ「OPPO Reno7 A」のもの。総合スコアとサブスコアのいずれも本機のほうがわずかだが高い

搭載されるSoCに対して6GBという十分なメモリー容量が確保されているで、体感速度も概してスムーズ。ストレージ容量も128GBなので、大容量化が進む近ごろのアプリを数本インストールしても余裕はまだあるだろう。

ディスプレイの120Hz駆動はとてもなめらかで心地よいが、ハイエンド機では見られない瞬間的な引っ掛かりは見られる。また、ボディの発熱はあまり感じない。熱を感じるのは3Dを駆使したゲームを長時間行った時くらいだ。体感速度を見ると「AQUOS sense」シリーズのコンセプトである“ちょうどよい性能”は継承されている。

大型イメージセンサーを採用し、高感度撮影機能とAFを強化

本機の注目ポイントであるメインカメラに迫ろう。本機のカメラは、1インチのセンサーを搭載する「AQUOS R7」のコンセプトを、ミドルレンジ機に合わせて手直ししたもの。メインカメラは、有効画素数約5030万画素の標準カメラ(35mm換算の焦点距離は23mm)と、約800万画素の広角カメラ(同15mm)のデュアルカメラとなる。

標準カメラは、1/1.55インチというかなりの大型で、「AQUOS sense6」の1/2.8インチと比較すると66パーセント大型化しており、光学的な優位性を確保している。また、ネックとなっていたオートフォーカスもセンサー全面のPDAF(位相差オートフォーカス)に強化されている。

画像処理エンジンは「AQUOS R7」で培った技術を応用した「ProPix4」が使われる。

メインカメラは、標準カメラと広角カメラのデュアルカメラ。望遠カメラは廃止され、標準カメラのデジタルズームで対応する

メインカメラは、標準カメラと広角カメラのデュアルカメラ。望遠カメラは廃止され、標準カメラのデジタルズームで対応する

以下に、本機のメインカメラを使って撮影した静止画の作例を掲載する。いずれも初期設定のまま、AIオートを使い、シャッターを押すだけのカメラ任せで撮影を行っている

標準カメラで撮影

窓から景色を望む明暗差のある構図を撮影。暗部のディテールを残しつつ、遠景の階調も保たれ、暗部のノイズも少ない。従来の「AQUOS sense」シリーズと比べると明確な画質向上が見られる。同価格帯のライバルと比較しても良好な部類だろう撮影写真(4096×3072。2.5MB)

窓から景色を望む明暗差のある構図を撮影。暗部のディテールを残しつつ、遠景の階調も保たれ、暗部のノイズも少ない。従来の「AQUOS sense」シリーズと比べると明確な画質向上が見られる。同価格帯のライバルと比較しても良好な部類だろう
撮影写真(4096×3072、2.5MB)

広角カメラで撮影

上と同じ構図を広角カメラに切り替えて撮影。15mmという焦点距離はスマホのカメラとしても相当の超広角で、かなり広い範囲が構図に収まる撮影写真(4096×3072、2.5MB)

上と同じ構図を広角カメラに切り替えて撮影。15mmという焦点距離はスマホのカメラとしても相当の超広角で、かなり広い範囲が構図に収まる
撮影写真(4096×3072、2.5MB)

標準カメラで撮影

明るめの夜景を撮影。夜空の暗さとライトアップされているハイライトまで飽和が見られず、樹木や雨上がりの路面のディテールがつぶれていない。ホワイトバランスも安定している。夜景でも「AQUOS sense6」とはレベルの違う仕上がりだ

明るめの夜景を撮影。夜空の暗さとライトアップされているハイライトまで飽和が見られず、樹木や雨上がりの路面のディテールがつぶれていない。ホワイトバランスも安定している。夜景でも「AQUOS sense6」とはレベルの違う仕上がりだ
撮影写真(4096×3072、2.5MB)

広角カメラで撮影

上と同じ構図を広角カメラで撮影。階調はかなり健闘している。ただ、ノイズの除去でディテールもつぶれてしまったようで、周辺部分はのっぺりとしている。また、ホワイトバランスがアンバーに寄っているが、概してあまり安定していない

上と同じ構図を広角カメラで撮影。階調はかなり健闘している。ただ、ノイズの除去でディテールもつぶれてしまったようで、周辺部分はのっぺりとしている。また、ホワイトバランスがアンバーに寄っているが、概してあまり安定していない
撮影写真(4096×3072、1.9MB)

標準カメラで撮影

日中だが暗めの店内で撮影。オートフォーカスの迷いもなく、しっかり撮影できている

日中だが暗めの店内で撮影。オートフォーカスの迷いもなく、しっかり撮影できている
撮影写真(4096×3072、3.88MB)

広角カメラで撮影

上と同じ構図を広角カメラに切り替えて撮影した。超広角のためゆがみが大きいのは仕方ないところ。ホワイトバランスが安定せず、スープが見た目よりもかなり赤い色になった

上と同じ構図を広角カメラに切り替えて撮影した。超広角のためゆがみが大きいのは仕方ないところ。ホワイトバランスが安定せず、スープが見た目よりもかなり赤い色になった
撮影写真(4096×3072、2.15MB)

標準カメラで撮影(3倍のデジタルズーム)

上と同じ構図を3倍のデジタルズームで撮影した。この程度のデジタルズームなら画質の劣化は気にならない。手ブレもなく明るさも十分だ

上と同じ構図を3倍のデジタルズームで撮影した。この程度のデジタルズームなら画質の劣化は気にならない。手ブレもなく明るさも十分だ
撮影画像(4096×3072、3.88MB)

本機の標準カメラは、大型のイメージセンサーを備えており、光学的な余裕を感じる。明暗差の大きな夜景では、ハイライトから暗部までクリアだ。また、全面PDAFになったオートフォーカスは「AQUOS sense6」よりもずっと高速かつ正確だ。ただし、カメラ任せだと構図の中心にピントを合わせがちになるため、ピントを合わせたい場所を指定したほうが失敗しにくい。

いっぽう、広角カメラは、標準カメラと比べると画質の差が大きい。明るい構図ならよいが、薄暗くなると扱いがシビアになる。また、標準カメラと広角カメラの切り替えに、時間がかかる場合があることも気になった。総じてスムーズな動作のカメラだけにこの点は惜しい。

待受け主体なら1週間の電池持ちは、本機でも維持

「AQUOS sense」シリーズの魅力は圧倒的なバッテリー持ちだ。本機のバッテリーは容量5050mAhで、「AQUOS R7」よりも50mAhだけだが大きい。連続通話時間は約3540分、連続待受時間は、約740時間(5G)/約880時間(FDD-LTE)/約870時間(AXGP)だ。ソフトバンクでも取り扱われるソニー「Xperia 10 IV」は、本機と同じSoCと、ほぼ同じ容量となる5000mAhのバッテリーを備えるが、連続通話時間約2400分、連続待受時間約855時間(5G)/約1020時間(FDD-LTE)/約1050時間(AXGP)で、比較すると本機の連続通話時間の長さが際立つ。この違いは、消費電力の少ない「IGZO OLED」の影響と思われる。検証期間中のバッテリー消費ペースだが、1日に2時間程度、断続的に使うのであれば、4日以上の電池持ちが可能だ。待ち受けが主体なら1週間程度の電池持ちも狙える。

なお、充電機能は、USB PDに対応しており155分でフル充電が行える。近ごろは中国メーカーを中心に、強力な独自規格の急速充電を備えるものが多い。それらと比べると本機の充電性能はほどほどだが、一般的な充電器で性能的には十分な点がポイントだろう。

カメラと動画とバッテリーに狙いを定めたミドルレンジ機

本機のSoCは、上述のとおり「Snapdragon 695 5G」だ。このSoCを搭載するモデルはとても多い。本機と同じソフトバンクの取り扱いモデルには「Xperia 10 IV」があり、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルにはオッポ「OPPO Reno7 A」とシャープ「AQUOS wish2」が、オープンマーケット向けまで対象を広げるとモトローラ「motorola moto g52j」、シャオミ「Redmi Note 11 Pro 5G」、HTC「HTC Desire 22 pro」、そして兄弟機の「AQUOS sense7」も存在する。ここでは割愛するが、他社キャリアでも独自モデルが投入されている。しかも、いずれもFeliCa搭載かつ防水・防塵対応なので、基本性能も大筋で共通している。

関連記事
ライバルを圧倒する電池持ちの小型スマホ「Xperia 10 IV」
洗練された薄型ボディと性能劣化防止機能が魅力! オッポ「OPPO Reno7 A」発売前レビュー
税込22,000円のシンプル志向なスマホ、シャープ「AQUOS wish2」を試した
3万円台の「moto g52j 5G」レビュー。良バランスのミドルクラス機
120Hz有機ELとFeliCa付きで4万円台。シャオミ「Redmi Note 11 Pro 5G」レビュー

これらのライバルと比較した本機の優位点は主に3つ。まずは、標準カメラだ。従来はライバルと比べて見劣りが否めなかった、画質では総じて優位に立ったと言える。2点目はフレーム補間や残像低減機能付きの120Hz駆動ディスプレイといった動画視聴に適していることだ。特にフレーム補間はDRMのかかっているコンテンツに対応できるので独自性があり実用性も高い。そして、こうした機能強化にもかかわらず、シリーズの特徴であるバッテリー持ちが犠牲になっていないのは3点目の魅力と言えるだろう。

そのいっぽうで、スピーカーのホワイトノイズや、低照度時のディスプレイの色かぶりなど粗さを感じられる部分もある。スキがないわけではないが、ほかにはない独自の魅力があるのは確か。なかなかの野心作であり、今後の「AQUOS」シリーズにも影響を与えそうな1台だ。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る