いいモノ調査隊
もう自撮り棒はいらない!? スマホカメラのシャッターが遠隔操作で押せるように!

自撮りやブツ撮りに!スマホのシャッターを遠隔操作できるボタン

スマホのカメラって、最近は本当に性能がよくって…! 解像度がそれなりに高いので、イベントの取材などへ行ったときにも「スマホでいっか」と思ってパシャパシャ撮影しております。もちろん一眼レフのカメラもあって、こっちじゃないといけない重要な取材などもあるんですけど、スマホの持ち運びやすさ、機動力の高さはものすごく魅力です。

特に、この「いいモノ調査隊」でご紹介するグッズの写真を撮るような、いわゆる「ブツ撮り」も、たまにスマホでやっています。そこでたまに困るのが「手ブレ」です。小さなグッズの撮影では、かなり近づくことになります。すると、シャッターを押すときのスマホの揺れが「手ブレ」になって、画像がボケたりするんです。三脚で固定しても、です。そんな悩みを解消できるのがコレ。

「カメラシャッターリモコン」。iPhoneとAndroidに対応していて、使用するボタンもわかれています

「カメラシャッターリモコン」。iPhoneとAndroidに対応していて、使用するボタンもわかれています

iPhoneとの接続はBluetoothです。iPhone側の「設定>Bluetooth」を開いてBluetoothをオンに。シャッターリモコンのほうの電源も入れて、あとは認証を待つだけです。うちのiPhone6 Plusでは特に不具合もなく、すんなり設定完了しました。

“AB Shutter 3”という名前でiPhoneのほうに表示されました。キーボードとして認識されているようです

“AB Shutter 3”という名前でiPhoneのほうに表示されました。キーボードとして認識されているようです

撮影にはiPhoneにデフォルトで入っているカメラアプリを使います。カメラを起動していれば、いつでもカメラシャッターリモコンのボタンで撮影が可能になります。…ただし、ピント合わせや各種モードの設定はiPhone側でしかできないですけど。

小さなフィギュアの撮影とかに重宝しそう。これは撮影用にiPhoneとシャッターリモコンを近づけてますが、実際はもっと離れていても反応してくれます

小さなフィギュアの撮影とかに重宝しそう。これは撮影用にiPhoneとシャッターリモコンを近づけてますが、実際はもっと離れていても反応してくれます

ブツ撮りではスマホから手を離して、フィギュアなどを微調整しながら撮影するのにすごく便利です。それに、手を伸ばして自分を撮影する「自分撮り」でも重宝します。本体のシャッターを押すのに、伸ばした手がぷるぷるしたことありませんか? かといって自撮り棒はちょっとはばかられるし…。でもこのカメラシャッターリモコンがあれば、自然な持ち方でスマホを持ちつつ撮影することができますし、よさそうな場所にスマホを置いてちょっと離れれば、景色と一緒に写ることもできます。

ちなみにこのシャッターリモコン、カメラを起動していないiPhoneの通常画面で押すと、音量の設定がアップしていきます。なるほど、音量上げボタンはカメラアプリではシャッターになりますから、この信号を送っているんですね。

カメラシャッターリモコンの電源はボタン電池です(CR2032)。電池ブタは手で簡単に開きますので、交換も楽だと思いますよ。

シャッターリモコン本体のカラーも6色ありますので、ご自分のスマホと合わせたカラーで選ぶといいかもしれません。シルバーウィークに旅行を計画している方は、いい写真を撮るために検討してみてはいかが?

かややん

かややん

1972年、神奈川県横須賀市生まれ。任天堂ハード系専門誌「NintendoDREAM」でいろいろやってます。好きな物は任天堂と1980〜90年代のパソコン、パソコンゲーム、アーケードゲーム。Mac大好き。あとプログレッシヴロックと少女まんが。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る