いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ

iPhoneがない! そんなときは「iPhoneを探す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ」は、パソコンやスマートフォンに関する基本ワザや知っておくと便利な機能をていねいに紹介する連載です。“超”が付くほど簡単な使い方や、中上級者でも知っておくと役に立つ情報をお届けしていきます。第28回は、「iPhone」をなくした際に役立つアプリケーション「iPhoneを探す」の使い方を紹介します。

事前の設定を忘れずに!

iPhoneは毎日に持ち歩くものだけに、どうしても置き忘れや紛失する可能性がある。iPhoneには、紛失した場合にiPhoneがどこにあるのかを探せる「iPhoneを探す」という機能があるので、万が一に備えて使い方を覚えておこう。

「iPhoneを探す」とは、iCloudとApple IDを使ったセキュリティ機能のひとつ。iPhoneがある場所を地図上で確認できるだけでなく、遠隔操作で音を鳴らしたり、ロックしたり、さらにデータを消去したりできる。心強い機能だが、事前に設定しておかなければ使えないので、必ず設定しておこう。なお、「Apple Pay」が利用できる「iPhone 7」の場合、悪用される危険性もあるので、「iPhoneを探す」を必ずオンにしておきたい。

「設定」→「iCloud」を選ぶ。サインイン画面が表示されたらApple IDとパスワードを入力する

「設定」→「iCloud」を選ぶ。サインイン画面が表示されたらApple IDとパスワードを入力する

下のほうにある「iPhoneを探す」をタップする

下のほうにある「iPhoneを探す」をタップする

「iPhoneを探す」をオン(有効)にして設定は完了。下の「最後の位置情報を送信」は、バッテリー残量が少ないときに、位置情報をアップルに送信する機能。少しでも見つかる可能性を高めるために、一緒にオンにしておくといいだろう

iCloud.comにアクセスしてiPhoneを捜索

続いて、紛失した場合の探し方を見ていきたい。必要なのはインターネットに接続されたパソコンやタブレットだ。別の iPhoneや「iPad」がある場合は、「iPhone を探す」アプリを使用してもよい。まずWebブラウザーを立ち上げて、iCloud.com(https://www.icloud.com/)にアクセスする。Apple IDとパスワードを入力する画面が表示されるので、iPhoneに入力したものと同じものを入力する。「メール」「連絡先」「カレンダー」「写真」などが表示されるので、この中から「iPhoneを探す」をクリックまたはタッチする。

iCloud.com(https://www.icloud.com/)にアクセスする。友達や家族のパソコンを借りてもOK

iCloud.com(https://www.icloud.com/)にアクセスする。友達や家族のパソコンを借りてもOK

iCloud.comのページには、iPhoneと同じようなアイコンが並んでいる。ここで「iPhoneを探す」を選ぶ

iCloud.comのページには、iPhoneと同じようなアイコンが並んでいる。ここで「iPhoneを探す」を選ぶ

「iPhoneを探す」を選ぶと、地図上にiPhoneがある場所が表示されるので、どこにあるのかがわかる。さらに、「サウンド再生」「紛失モード」「iPhoneの消去」という3つの機能を利用できる。「サウンド再生」は、iPhoneでアラートを鳴らせる機能で、近くにあるのになかなか見つからないときにも使える。「紛失モード」は、パスコードでロックをかけられる機能。ロック画面にメッセージ(連絡先など)を表示し、拾得者に連絡先を知らせることもできる。「Apple Pay」にクレジットカードを追加している場合、同モードを実行すれば支払いができなくなる。「iPhoneの消去」は、iPhone内のデータを消去する最終手段。どうしても見つからない場合や重要なデータが入っている場合に利用するといいだろう。

「iPhoneを探す」は基本的にiPhoneがLTEやWi-Fiなどネットワークに接続されたオンラインの状態でないと使えないが、オフライン時でも「紛失モード」などを実行できる。これはiPhoneがオンラインになったときに実行するというものだ。

地図上でiPhoneの位置情報を確認できる。画面の右上で「サウンド再生」「紛失モード」「iPhoneの消去」を実行できる

「紛失モード」を実行すると、iPhoneのロック画面にメッセージが表示される。拾得者に連絡先などを教えられる

iPhoneがオフラインの場合は上記の画面が表示される。「検出したら通知」をオンにしておけば、iPhoneがオンラインになったときにメールで通知を受け取れる。「サウンド再生」などを実行すれば、iPhoneがオンラインになった場合に実行される仕組みだ

湯浅英夫

湯浅英夫

音楽、プラモ、鉄道、アニメ、腰痛など趣味の多い元ジャズミュージシャンライター。日経BP社、マイナビなど各社でIT・ネット関連を中心に執筆中。愛用の2in1ノートの画面にヒビが入ってタッチパネルが使えなくなってしまったのが最近の出来事。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.8.23 更新
ページトップへ戻る