レビュー
煙を約70%、油ハネを約85%減らしてくれる!?

煙と油ハネが激減! 最強のホットプレート「XGRILL」で焼肉がはかどる

煙や油ハネが気になるおうち焼肉

家庭で焼肉をするときの定番、ホットプレート

家庭で焼肉をするときの定番、ホットプレート

火を使わず手軽なのはいいんですが、煙や油ハネ、ニオイが気になりますよね。焼肉をした日から数日たっても、部屋中においしそうなニオイが漂っているなんてことも……。

どのくらい油ハネしているのか調べるため、周りに半紙を敷いてみたところ……

どのくらい油ハネしているのか調べるため、周りに半紙を敷いてみたところ……

まあまあ飛んでますね

まあまあ飛んでますね

そりゃあテーブルや床もヌルヌルになるし、ニオイも残るわけです。

ところが、そんな気になる調理中の油ハネを約85%、煙も約70%減らしてくれるというホットプレートがありました!

油ハネと煙が激減するという「XGRILL」

山善の「減煙焼き肉グリル XGRILL」です

山善の「減煙焼き肉グリル XGRILL」です

焼肉屋でよく見かけるガスロースターっぽい見た目ですが、電熱式のホットプレートです

焼肉屋でよく見かけるガスロースターっぽい見た目ですが、電熱式のホットプレートです

おそらくここがヒーターなんだと思いますけど……これだけで網全体を熱くできるんですかね?

おそらくここがヒーターなんだと思いますけど……これだけで網全体を熱くできるんですかね?

網の裏がこのようにピラミッド型の“X字”状に加工されているため、余分な脂が滴となって落ちやすくなり、煙やニオイを防いでくれる仕組みのようです

網の裏がこのようにピラミッド型の“X字”状に加工されているため、余分な脂が滴となって落ちやすくなり、煙やニオイを防いでくれる仕組みのようです

普通のホットプレートと比較すると……明らかに違う!

それでは実際に使ってみましょう。

落ちた脂を受けるトレイに水を入れておいて

落ちた脂を受けるトレイに水を入れておいて

あとは電源を入れるだけ!

肉を乗せてみると……

肉を乗せてみると……

あれ、結構煙が出る!?

普通のホットプレートより抑えめではありますが、そこそこ煙が出てますよ!? これじゃあ、安心して焼肉ができない!

しかし……

ヒーターの上ではなく、網の穴部分の上に肉を置いたら、かなり煙が少なくなりました!

ヒーターの上ではなく、網の穴部分の上に肉を置いたら、かなり煙が少なくなりました!

「XGRILL」は、特殊な網の形で肉の脂を下のトレイに落とし、煙や油ハネを防ぐ仕組みなので、脂が落ちやすい場所に肉を置いたほうが減煙効果が高そうです。

おかげで、窓を開けて換気扇を回せば、ほぼ気にならない程度に煙が減りました!

普通のホットプレートと比較してみると……

普通のホットプレートと比較してみると……

「XGRILL」のほうが明らかに煙が少ない! 普通のホットプレートだと脂の逃げ場がないので、ちょっと心配になるくらい煙が出ています。

油ハネはどうかな?

油ハネはどうかな?

うーん、まあ、多少はハネてますが……

うーん、まあ、多少はハネてますが……

油ハネも比較

油ハネも比較

こちらも「XGRILL」のほうが少なめです。

自宅で煙や油ハネを気にせずに焼肉を楽しむなら、「XGRILL」がよさそうです。

ただ、こうやって野菜も一緒にガーッと焼いたり、締めに焼きそばを作ったり……という使い方は、普通のホットプレートじゃないと難しそうですね

ただ、こうやって野菜も一緒にガーッと焼いたり、締めに焼きそばを作ったり……という使い方は、普通のホットプレートじゃないと難しそうですね

「XGRILL」でも野菜は焼けますが、ある程度の大きさのものじゃないと網の下に落ちちゃいます

「XGRILL」でも野菜は焼けますが、ある程度の大きさのものじゃないと網の下に落ちちゃいます

ボーッとしていると肉も落ちちゃって、悲しい気持ちに……

ボーッとしていると肉も落ちちゃって、悲しい気持ちに……

ただ実は、ボクが持っているのは一番小さいサイズ。ワイドサイズで、野菜などが焼きやすいスペース付きの「XGRILL +PLUS」もあるようです。ちなみに、さらに大きいサイズで、なんと“吸煙ファン”が付いた「XGRILL PREMIUM」も最近発売されたそう。そちらはお値段もプレミアムですが……。

水洗いできるからお手入れもラク!

さて、自宅焼肉において大事なのは、焼いている最中だけではありません。焼き終わったあとのお手入れの手軽さも重要!

筆者の持っている普通のホットプレートは丸洗い不可なので、ぬらした布巾やキッチンペーパーで拭き取る必要があります

筆者の持っている普通のホットプレートは丸洗い不可なので、ぬらした布巾やキッチンペーパーで拭き取る必要があります

まあ、プレート部分はフッ素加工で汚れがこびりつきにくくなっているため、そこまで面倒ではありませんが。

いっぽう「XGRILL」は、電源端子部分がぬれないようにすれば水洗いオッケー!

いっぽう「XGRILL」は、電源端子部分がぬれないようにすれば水洗いオッケー!

脂が落ちてギットギトに汚れるトレイ部分も

脂が落ちてギットギトに汚れるトレイ部分も

丸洗いできるので安心!

丸洗いできるので安心!

パーツが分かれているため面倒くさそうに見えますが、水洗い&丸洗いできる部分が多いため、お手入れもしやすいです。

「XGRILL」を使ってみると、確かに油ハネも煙も少なかったです! ただ万能ではないので、焼肉など脂多めの食材を焼くなら「XGRILL」、野菜や麺類など細かい食材を焼くなら普通のホットプレートと、用途に応じて使い分けるのがいいでしょう!

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る