レビュー
耳までぐるりとプレスして焼き上げるから、片手でも食べやすい! ドライブにピッタリ!

食べやすくてかわいくて!「プレスサンドメーカー キルト」で作る女子力高めなホットサンド

シンプルだから、アイデア次第でいろいろ楽しめる!

厚めの食パン2枚のカロリーの高さにおびえ、小さめや8枚切りの食パンを使用してみたが、いずれも問題なく美味しいホットサンドに仕上がった。とはいえ、実は付属のレシピブックには、“2種類のホットサンドが同時に焼ける”というアイデアメニューも紹介されている。なるほど、折り畳んで2枚を同時に焼けば袋状になったホットサンドが2つできると言うわけだ。

それぞれ、違う具材を食パンの角のほうに置く。ちょっと多い? ちなみに、今回は8枚切りの食パンを使用してみた

プレートのコーナーに食パンの角を合わせて折り畳む。もう1つも反対側のコーナーで同じように折り畳んでセットし、はみ出さないように工夫しながらフタを閉めて焼く

2種の味を同時に焼き上げる「ツインズサンド」の完成! ちなみに、四角に折って長方形にしてもOK

2種の味を同時に焼き上げる「ツインズサンド」の完成! ちなみに、四角に折って長方形にしてもOK

作ったホットサンドを並べてみたが、これだけでも見た目がかわいい!

作ったホットサンドを並べてみたが、これだけでも見た目がかわいい!

付属のレシピブックにはホットサンドメニューのほかにも、ソーセージや野菜をそのままプレスしたり、フレンチトーストなどのスイーツメニューなど、全33種類のアイデアレシピが掲載されている

あまりにも簡単なので、家にあるものをいろいろ挟んで新たなメニューを創作してみることに。ここでは、成功例だけをオマケとして紹介してこう。

板チョコを挟んでみた。カロリー的には恐ろしいが(笑)、ものすごく美味しい! しかも耳がプレスされてるから、トロトロチョコがこぼれ落ちず食べやすい

耳までプレス……といえば「ランチパック」。ただ思いつきでキルトに挟んでみたところ、温かい分甘みが増してかなりヘビーな感じに(甘いものが好きな方なら美味しいはず!)

大福を挟んでみたところ、つきたてお餅のような食感に。これ、想定外にイケる!

大福を挟んでみたところ、つきたてお餅のような食感に。これ、想定外にイケる!

手入れも手間いらず! 収納時もかわいい!

調理も簡単なら、お手入れも簡単で好感度大。これなら長く、そしてひんぱんに使うことができそうだ。しいて言えば、やっぱりプレートは外して洗えたほうがよかった。レシピにもなく失敗したので紹介しなかったが、糖度の高い芋(石焼芋)を挟んだところ、芋が崩れ水分と糖分でプレートがベトベトしてしまった。外して洗えたら……と思ってしまった(とはいえ、こういった使い方がそもそも微妙か)。

プレートは固定式で水洗い不可だが、汚れがこびりつきにくいノンスティック加工が施してあるので、軽めの汚れなら乾いた布でサッと拭き取れる

コードは、脚に巻き付けてすっきりと収納できるようになっている。また、本体が縦置きできるのも◎

コードは、脚に巻き付けてすっきりと収納できるようになっている。また、本体が縦置きできるのも◎

カラーは、レッドとベージュの全2色。ちょっとレトロな感じがいい

カラーは、レッドとベージュの全2色。ちょっとレトロな感じがいい

まとめ「アイデア勝ち! 食べやすくてオシャレなホットサンドで、女子力高め!」

ホットサンドメーカー自体新しいものでもないのに、どうして今プレスサンドメーカー キルトが注目されているのか、使ってわかった。作るのに手間がかからないのに、おしゃれで美味しいメニューが3分でできてしまう。そして、何より、耳までまるごとプレスして焼き上げると言うアイデア! これにより、食べにくい、持ち歩きにくいという従来のサンドイッチとは違うメニューになっているのだ。袋状になっているから、お弁当にしても崩れないし、ギュッとプレスしてあるから、口をガバッと空けなくても美味しくいただけるというわけだ。

小さな子どもでも食べやすく散らからないから、ママ会ランチやピクニックでも喜ばれそう。そしてドライブデートのとき、運転してくれる彼にこんな食べやすくて美味しいホットサンドを作っていけば、もう、「気が利いてるね」なんて。女子力高すぎ!

高橋美幸(編集部)

高橋美幸(編集部)

家電製品アドバイザー。家電製品を中心にレポート・レビュー記事を担当。趣味は、バイクとカメラと作業中の家電の働き具合を監視すること。特に洗濯機。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る